広さは上々!?新型クロスビーの荷室サイズを確認してみた

ハスラーの兄貴分的存在の小型クロスオーバー車新型クロスビー(XBEE)が、2017年12月にデビューをしました。

周りの人の目を引くポップでキュートなデザインなど、様々な注目ポイントがあるこの新型モデルですが、荷室・ラゲッジスペースの使い勝手の良さも魅力の一つです。

広い床下収納や防汚素材を採用した荷室フロアなど、競合車には用意されていない機能・装備を用意しており、新型クロスビー(XBEE)の荷室・ラゲッジスペースは、コンパクトカーの中でトップクラスの使い勝手の良さだと感じました。

>>> スズキ新型クロスビーの荷室アレンジ【使い勝手&広さを徹底チェック】

そんな新型クロスビー(XBEE)ですが、実際に荷室・ラゲッジスペースのサイズは、どのくらいなのでしょか?

先日、この新型モデルを試乗した際に、荷室・ラゲッジスペースのサイズを確認してきたので、詳しく紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

後部座席を使用時の新型クロスビーの荷室サイズ

2017年12月にデビューをしたスズキの新型クロスビー(XBEE)の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

荷室・ラゲッジスペースのフロアは、このように汚れに強いプラスチック素材に…。

また、FF車(2WD)では、このように広くて、使い勝手の良い床下収納(サブトランク)を搭載しています。

■新型クロスビーの床下収納(サブトランク)

プラスチック素材でできているこの床下収納(サブトランク)は取り外しできるようになっており、荷室フロアと同様に手軽に掃除ができるようになっているのが好印象でした。

このようなデザインになっている新型クロスビー(XBEE)の荷室・ラゲッジスペースですが、後部座席が前後にスライドできるようになっているため、荷物の量や大きさ、乗車人数などによって、荷室の広さを調整する事ができるようになっています。

■後部座席を一番後ろにスライドした時の様子

 

■後部座席を一番前にスライドした時の様子

後部座席を一番後ろにスライドした時と一番前にスライドした時では、荷室・ラゲッジスペースの奥行き(荷室長)が全く異なりますよね。

そんな後部座席を展開した状態での新型クロスビー(XBEE)の荷室の寸法を確認してみたところ、このようになっていました。

■新型クロスビーの荷室サイズ
荷室長:約 360mm ~ 520mm
荷室幅:約1,305mm
荷室高:約 800mm

スズキの新型クロスビー(XBEE)の後部座席を一番後ろに設定した時の荷室・ラゲッジスペースの奥行きはそれ程広くありませんが、一番目に設置すると荷室の奥行きは、約520mmと十分な広さに…。

ちなみに、人気コンパクトカーのホンダのフィット3(FIT3)の荷室の奥行きは約620mm、トヨタのアクア(AQUA)の荷室の奥行きは約700mmとなっており、新型クロスビー(XBEE)の荷室サイズは、競合車よりも若干狭くなっています。

■ホンダ 新型フィット3の荷室・ラゲッジスペース

ただ、個人的には、スズキの新型クロスビー(XBEE)の後部座席を一番前にスライドした時の荷室・ラゲッジスペースは、十分な広さを確保しているように感じました。

後部座席を収納した時の新型クロスビーの荷室サイズ

また、今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型クロスビー(XBEE)は、後部座席を収納して、広い荷室・ラゲッジスペースを作り出す事が可能です。

実際にこの新型モデルの後部座席を収納してみた時の荷室・ラゲッジルームは、このような感じ…。

■後部座席を収納した時の荷室・ラゲッジスペース

後部座席を収納すると、荷室・ラゲッジスペースは、かなり広くなりますよね。

また、後部座席を収納した時に背もたれを荷室の境目のところで大きな段差ができないような仕組みになっているのも、新型クロスビー(XBEE)の荷室・ラゲッジスペースの良いところだと思いました。

そんな新型モデルの後部座席を収納した時の荷室の寸法を確認したところ、このような広さになっていました。

■新型クロスビーの荷室サイズ
荷室長:約1,490mm
荷室幅:約1,305mm
荷室高:約 800mm

この状態で車中泊をするのは難しいですが、キャンプやアウトドアグッズ、大きな家電などを積みこむには、十分なサイズに…。

後部座席を収納した時の荷室・ラゲッジスペースのサイズも、コンパクトカーの中では比較的小さめですが、個人的には、これだけ広ければ十分なサイズなのかなと思いました。

助手席を収納すると、広々とした荷室が…

このように他のコンパクトカーと比較すると、新型クロスビー(XBEE)の荷室・ラゲッジルームのサイズは小さめですが、助手席の背もたれを前方に収納すると、このように広々とした荷室・ラゲッジスペースが登場します。

■助手席を収納した時の荷室・ラゲッジルームの広さ

スキー板など長尺物を積み込むのにとても便利なこの荷室アレンジですが、なんとこの時の荷室・ラゲッジスペースの奥行きは、2メートル強。

このような荷室アレンジは、他のコンパクトカーには用意されていないので、新型クロスビー(XBEE)の魅力&強みの一つなのかなと思いました。

2017年12月にデビューをしたスズキの新型クロスビー(XBEE)の荷室・ラゲッジスペースのサイズを確認してみたところ、このようになっていました。

正直にって、この新型モデルは、他のコンパクトカーと比較して、ボディサイズが小さいため、荷室・ラゲッジスペースのサイズも小さめです。

ただ、この新型クロスビー(XBEE)は、助手席間で収納して、荷室の奥行きを最大限にするアレンジなども用意しており、津使い勝手の悪さは感じませんでした。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする