小物入れは豊富!?新型クロスビーの収納スペースの配置&使い勝手をチェック

街中でもアウトドアでも使える使い勝手の良さが魅力のスズキの小型クロスオーバー車新型クロスビー(XBEE)が、2017年12月にデビューをしました。

アイボリーカラーのインパネが印象的なこの新型モデルの内装・インテリアですが、収納スペース・小物入れの多さも魅力の一つです。

>>> 新型クロスビーの内装の実車画像インプレ【ハスラーとの違いは意外と大きい!?】

この新型モデルの収納スペースで特に良いと思ったのは、後部座席周りです。

この新型クロスビー(XBEE)では、折り畳みテーブルなどを備えており、他のコンパクトカーよりも後部座席周りの収納スペースは、充実しているように感じました。

そんな新型モデルは、どのような収納スペース・小物入れを用意しているのでしょうか?また、それぞれの収納スペースの使い勝手は、どうだったのでしょうか?

207年12月にデビューをした新型クロスビー(XBEE)の収納スペース・小物入れの配置や使い勝手を運転席周り/後部座席周りに分けて、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型クロスビーの運転席周りの収納スペースをチェック

スズキからデビューをした新型クロスビー(XBEE)の内装・インパネは、このようなデザインになっています。

■新型クロスビーのインパネ

助手席側にはオープントレーが搭載されるなど、このインパネの画像を見るだけでも運転席周りには、様々な場所に収納スペース・小物入れが用意されているのが、わかりますよね。

そんな新型クロスビー(XBEE)の運転席周りの収納スペースを確認したいと思います。

収納スペース1:運転席アンダートレー

運転席アンダートレーは、新型クロスビー(XBEE)のハンドル・ステアリングホイールの下の部分に用意されている収納スペースです。

■運転席アンダートレー

高さはあまりなく、横に長い収納スペースなので、折り畳み傘など細長い物を収納するのに適しているのかなと思いました。また、外から見えにくい部分にあるので、お財布などを収納するのも良いのかなと思いました。

収納スペース2:助手側インパネトレー

助手席側インパネトレーは、グローブボックス上段に設置されている収納スペースです。

■助手席インパネトレー

このインパネトレーは、高さはそれ程ありませんが、薄型のボックスティッシュが置けるようなサイズは確保しているようです。

また、この助手席インパネトレーは奥が下がっているデザインになっているため、走行中に置いたアイテムが落ちにくい設計になっているのも好印象でした。

ただ、この床面はプラスチック素材になっているので、スマホやiPhoneを置きたい時は、市販のマットなどを敷いた方が良いのかなと思いました。

収納スペース3:インパネセンタートレー

新型クロスビー(XBEE)のナビの下に設置されている収納スペース”インパネセンタートレー”は、このようなデザインになっています。

■インパネセンタートレー

高さはありませんが、奥行きは思ったよりも広くなっています。
なので、このようにiPhoneもこのようにラクラク収納する事ができちゃいます。

オプション設定になっているUSBを注文すると、この横のスペースに装着されるので、スマホやiPhoneを収納するスペースに最適なのかなと思いました。

収納スペース4:インパネセンターポケット

新型クロスビー(XBEE)のシフトレバーの隣にある正方形の形をした収納スペースが、”インパネセンターポケット”です。

■インパネセンターポケット

このインパネセンターポケットは、サイズもそれ程大きく無いので、収納できるアイテムは限られてしまいます。

しかし、このように500mlのペットボトルを収納できるサイズになっているので、予備のペットボトルを収納するのには、良いスペースなのかなと思いました。

収納スペース5:センターロアポケット

センターコンソールを備えていない新型クロスビー(XBEE)の運転席周りで、比較的大きな収納スペースに分類されるのがインパネ中央下に備わっているセンターロアポケットです。

■センターロアポケット

雑誌やペットボトルなどを収納する事ができますが、ゴミ箱代わりに使っても良いのかなと思いました。

収納スペース6:グローブボックス

今回新発売された新型クロスビー(XBEE)のグローブボックスは、このようなデザインになっています。

■グローブボックス

かなり大きいですよね。
実際に車検証を入れてみると、このような感じ。

車検証を入れても、まだ収納スペースに余裕が…。
車検証+αの収納力を備えているので、使い勝手はとても良いように感じました。

収納スペース7:助手席シートアンダーボックス

最近のスズキのクルマのお馴染みになっていますが、新型クロスビー(XBEE)の助手席の座面を持ち上げると、このようなデザインの収納ボックスが登場します。

■助手席シートアンダーボックス

深さも約120mmあるため、収納力もかなりあります。

この助手席シートアンダーボックスは、取り外しが可能となっており、簡単に水洗いや水拭きをする事ができるので、洗車道具や運転用の靴などを収納しておくのに良いのかなと思いました。

収納スペース8:ドア内側パネル

今回新発売された新型クロスビー(XBEE)のドア内側パネルには、ドリンクホルダー付きのポケットが用意されています。

■フロントドア内側ポケット

このドリンクホルダーとポケット部分はつながっており、ドリンクを収納しなければ、A4サイズの雑誌や地図も収納できるようですよ。

また、新型クロスビー(XBEE)の取っ手部分も収納スペースとして使用する事ができます。

サイズはそれ程大きく無いのですが、クルマのスマートキーなどを収納しておくのに、ピッタリなのかなと思いました。

新型クロスビーの後部座席の収納スペースを徹底チェック

冒頭でも紹介いたしましたが、今回新発売された新型クロスビー(XBEE)の魅力の一つは、後部座席の収納スペースの充実です。

そんな新型モデルの後部座席周りには、どのような収納スペース・小物入れが用意されているか紹介したいと思います。

収納スペース1:折り畳みテーブル

新型クロスビー(XBEE)の上位モデル”ハイブリッドMZ”グレードのみになってしまうのですが、運転席と助手席の裏側にシートバックテーブルが標準装備されています。

■折り畳みテーブル

背の高い軽自動車などには折り畳みテーブルが付いていますが、新型クロスビー(XBEE)のようなコンパクトカーサイズで折り畳みテーブルが装着されているのは、珍しいですよね。

ちょっとしたスナックや軽食を食べる時だけではなく、スマホやiPhone、お財布などを置いておくのにも重宝するのかなと思いました。

収納スペース2:シートバックポケット

また、新型クロスビー(XBEE)の上位モデル”ハイブリッドMZ”では、助手席側のシートの裏側にシートバックポケットを標準装備しています。

■シートバックポケット

大きめの雑誌や地図などを収納しておくのには、とても良いスペースなのかなと思いました。

ただ、このクルマは折り畳みテーブルが備わっているため、他の車種のシートバックポケットよりも出し入れがしにくく、使い勝手は多少劣るのかなと感じました。

また、下位モデル”ハイブリッドMX”では、シートバックポケットが備わっていないのも残念でした。

シートバックテーブルは仕方ないにしても、シートバックポケットは、全グレード標準装備にしても良かったのかなと思いました。

収納スペース2:ドア内側パネル

また、新型クロスビー(XBEE)の後部座席のドア内側パネルの収納スペースも注目ポイントの一つです。

今回新発売されたこの新型モデルのドア内側パネルには、網目状のデザインになっている収納スペースを標準装備。

■ドア内側パネルポケット

このドア内側パネルのポケットは、コンパクトカーにしては広めで、500mlのペットボトルを2個収納できるサイズに…。また、スマホやiPhone、小物などを収納しておくのにもとても良いのかなと思いました。

2017年12月にデビューをした新型クロスビー(XBEE)の収納スペース・小物入れを確認したところ、このようになっていました。

このクルマには、大きい収納スペースが用意されていないのは少々気になるところではありますが、収納スペースの数自体が多いのは、良いと思いました。

そして、この新型モデルを実際に確認をしてみて特に良いと思ったのは、後部座席周りの収納スペースです。

折り畳みテーブルなどが用意されており、新型クロスビー(XBEE)の後部座席周りの収納スペースは、コンパクトカーの中でも特に良いのかなと思いました。

また、この新型モデルは、後部座席周りの頭上空間(ヘッドクリアランス)も広く、居住性に優れているのも好印象でした。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする