新型フィット ネスの外装【ライムグリーンを使った専用デザインを徹底解剖】

ホンダの新型フィット ネス(FIT NESS)は、ライムグリーンをアクセントカラーとして外装や内装に用いた専用モデルです。

そのため、ネス(NESS)は、プラチナメッキ調のガーニッシュを用いて上品さと気高さを演出した”リュクス(LUXE)”とは全く異なり、ポップで遊び心があるデザインに…。

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット ネス(FIT NESS)の外装・エクステリアには、どのような特徴があったのでしょうか?また、外装・エクステリアの各パーツは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?

実車画像を使って、”ネス(NESS)”の外装・エクステリアの特徴や魅力を徹底解剖したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型フィット ネスのフロントマスクを徹底解剖【外装の実車画像インプレ1】

2020年2月にフルモデルチェンジをしてデビューを果たした新型フィット ネス(FIT NESS)のフロントマスクは、このようなデザインになっています。

■ネスのフロントマスク

このネス(NESS)では、フロントガラス横のAピラーがライムグリーンカラーに塗装されておりおかげで、ポップな印象のフロントマスクになっていました。

LEDヘッドライトを標準装備

そんな新型フィット ネス(FIT NESS)では、ハイブリッド車/ガソリン車とわずLEDヘッドライトを標準装備。

■ネスのLEDヘッドライト

このLEDヘッドライトを点灯してみると、このような感じに…。

■ヘッドライトを点灯時の様子

この太いラインが印象的なクリアランスランプ(ポジションランプ)とライムグリーンを配したネス(NESS)の相性がとても良く、スタイリッシュなフロントマスクを演出していました。

ネスではLEDフォグランプを標準装備

中間モデルに位置をする”ホーム(HOME)”では、フロントフォグランプの用意がありませんでしたが、このネス(NESS)では、LEDフロントフォグランプを標準装備。

■LEDフォグランプ

フロントフォグランプが用意されていると、見た目の上質感がグッと増しますね。

このように機能や装備が充実しているのも、”ネス(NESS)”の魅力の一つなのかなと思いました。

シンプルなブラック塗装のフロントグリルを採用

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット/フィット4の最上位モデルに位置をする”リュクス(LUXE)”では光沢感のあるピアノブラック調のフロントグリルを採用していましたが、このネス(NESS)では、シンプルなブラック塗装に…。

ただ、ライムグリーンのアクセントカラーのおかげでもあり、安っぽさやシンプルさを感じることはありませんでした。

新型フィット ネスのサイドスタイルを徹底解剖【外装の実車画像インプレ2】

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット ネス(FIT NESS)のサイドスタイルは、このようなデザインになっています。

■ネスのサイドスタイル

ライムグリーンが際立つネスのサイドスタイル

ルーフからサイドミラー、サイドシルガーニッシュまでライムグリーンが採用されていることもあり、このネス(NESS)をサイドスタイルは、大胆なデザインに…。

■ネスのルーフ

■ネスのサイドミラー

■ネスのサイドシルガーニッシュ

プラチナメッキをボディにあしらった、ラグジュアリー使用の”リュクス(LUXE)”とは全く違うクルマに仕上がっています。

■リュクスの外装・エクステリア

ただ、実際に見てみると、オシャレなランニングウェアのような感じで、思ったよりも違和感がありません。

私も妻も最初このモデルを見た時は、最初は、「ちょっと派手かも!?」と思っていました。

ただ、見慣れてくると、「ライムグリーンをアクセントカラーに使用した”ネス(NESS)”も悪く無いな…。」と思ってしまう不思議なデザインです。むしろ、オーソドックスなデザインをしているホーム(HOME)やベーシック(BASIC)では、物足りなさを感じてきます。

この”ネス(NESS)”という名前は、運動の意味を表す”フィットネス(FITNESS)”から来ているそうですが、ビビットなライムグリーンが気分を高めてくれるオシャレなモデルになっていました。

タイヤ&ホイールも専用装備

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット ネス(FIT NESS)では、タイヤ&ホイールも専用装備となっています。

■ネスのタイヤ&ホイール

タイヤ&ホイールのサイズは15インチとなっており、クロスター(CROSSTAR)やリュクス(LUXE)よりも一回り小さいサイズになっています。ただ、切削加工&ブラック塗装をほどこした専用デザインのタイヤ&ホイールの迫力は十分。

風車の羽のようなデザインをしたホイールとライムグリーンのアクセントカラーの相性も良く、センスの良いアクティブなサイドスタイルを演出していました。

新型フィット ネスの後ろ姿を徹底解剖【外装の実車画像インプレ3】

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット ネス(FIT NESS)の後ろ姿は、このようになっていました。

■ネスの後ろ姿

ネスのリヤには専用の加飾やガーニッシュはない

この”ネス(NESS)”でちょっと残念だったのは、リヤのデザインです。

この新型モデルの最上位モデルに位置をする”リュクス(LUXE)”ではメッキ加飾のガーニッシュを、また、クロスオーバーSUV仕様の”クロスター(CROSSTAR)”では、専用のリヤバンパーを装着をしていました。

■リュクスの後ろ姿

■クロスターの後ろ姿

ただ、このネス(NESS)には、専用デザインのガーニッシュやリヤバンパーなどの専用装備&アイテムの用意はなし。

なので、真後ろからみると、オーソドックスなベーシック(BASIC)やホーム(HOME)の後ろ姿と大差ありません。斜め後ろから見ると、ライムグリーンが良いアクセントになっていて、他のモデルとは異なる特別感がありますが…。

■ネスを斜め後方からみた時の様子

個人的には、このネス(NESS)のリヤにも、ライムグリーンを用いた専用装備&アイテムを用意しても良かったのかなと思いました。

まとめ:新型フィット ネスの外装は遊び心のあるデザインに…

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット ネス(FIT NESS)の外装・エクステリアは、このようなデザインになっていました。

このネスの外装・エクステリアは、ビビットなライムグリーンをアクセントカラーに用いた遊び心と特別感のあるデザインに…。

ちなみに、このネス(NESS)では、モノトーンやブラックルーフを用いたオーソドックスな2トーンカラーも用意しています。ただ、個人的には、せっかくこのグレードを購入するのなら、ライムグリーンを用いたネス専用ボディーカラーを選びたいなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする