新型フィット4の自動ブレーキは歩行者や自転車も検知できる!?信頼度を徹底解剖

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をしたホンダの新型フィット4(Fit4)は、自動ブレーキを全グレードに標準装備しています。

しかも、この新型モデルの自動ブレーキは、検知システムを一新したことにより、先代モデルよりも格段に性能が高くなったようです。

そんな新型モデルに用意されている自動ブレーキ(衝突軽減ブレーキ/CMBS)の信頼度は、どうなのでしょか?また、この新型モデルの自動ブレーキは、歩行者や自転車も検知でるのでしょうか?

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)に用意されている自動ブレーキ(衝突軽減ブレーキ/CMBS)は、十分に信頼できるシステムになっているかどうか確認をしてきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型フィット4の自動ブレーキって、どうやって周囲を検知するの?【性能をチェック】

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売をしたホンダの人気コンパクトカー”新型フィット4(Fit4)”では、”広角単眼カメラ”と”ソナーセンサー(超音波センサー)”を使用して、クルマの前後左右の状況を常に検知。

■新型フィット4の広角単眼カメラ

■新型フィット4のソナーセンサー

そして、衝突すると判断した場合、クルマ側で自動的にブレーキを作動して、衝突の回避&被害の軽減を図ります。

先代モデルよりも検知範囲を拡大

そんな新型フィット4(Fit4)の自動ブレーキ(衝突軽減ブレーキ/CMBS)の注目ポイントの一つは、検知できる範囲の広さです。

シンプルな”単眼カメラ”を採用していた先代モデルでは、カメラの画角が約50度だったため、隣の車線や対向車線まで検知をすることはできませんでした。

■先代モデルで使用していた単眼カメラ

しかし、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)は、広い範囲をカバーすることができる”広角単眼カメラ”に変更。

■新型フィット4の広角単眼カメラ

これにより、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)では、自車が対向車線にはみ出した場合や、対向車がはみ出してきた場合にも自動ブレーキ(衝突軽減ブレーキ/CMBS)が検知できるようになりました。

右折する時の衝突も回避可能

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)の自動ブレーキ(衝突軽減ブレーキ/CMBS)では、広角単眼カメラを採用したことにより、交差点を右折する時の衝突事故の回避&軽減もできるようになりました。

この新型モデルでは、時速約5km/h~30km/hで右折をしている最中、対向車と交差する危険があると判断した場合、警告音とマルチインフォメーションディスプレイの画面で注意を喚起。

それでも、ドライバーが回避行動を行わない場合は、自動ブレーキを作動させて衝突の回避&軽減をサポートします。

実はこのように”右折時の衝突事故を回避してくれる機能”が備わったのは、ホンダ車の中で新型フィット4(Fit4)が初なんですよね。

このように自動ブレーキ(衝突軽減ブレーキ/CMBS)がカバーできる範囲&シチュエーションが増えたのは、今回フルモデルチェンジをして新発売をしたこの新型モデルの魅力の一つなのかなと思いました。

自動ブレーキが作動できる制限速度もアップ

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)は、自動ブレーキ(衝突軽減ブレーキ/CMBS)が対応する速度も拡大しました。

■新型フィット4の自動ブレーキの作動速度

・自車の速度が約5km/h以上&先行車との速度差が約5km/以上

自車の速度が約5km以上、そして、先行車との速度差が約5km/h以上ある場合に作動すると言う作動条件は、先代モデルと変わりありません。

しかし、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型モデルでは、対向車に対する自動ブレーキ(衝突軽減ブレーキ/CMBS)の作動速度が約100km/hまで拡大。(先代モデルでは約80km/hまででした。)

時々、テレビや新聞で高速道路を逆走してきたクルマとの衝突事故のニュースを見かけますが、今回フルモデルチェンジをして新発売をしたこの新型モデルでは、このようなケースにも対応できるようになっていたのは、とても良いと思いました。

新型フィット4の自動ブレーキは歩行者や自転車も検知できる?【信頼度を確認】

先代モデルと比較して性能がアップした新型フィット4(Fit4)の自動ブレーキ(衝突軽減ブレーキ/CMBS)ですが、自動車以外にも歩行者や自転車も検知することができるのでしょうか?

先日、いつもお世話になっているディーラーさんに、この新型モデルの自動ブレーキ(衝突軽減ブレーキ/CMBS)は、歩行者や自転車も検知&対応することができるのか確認してみたところ…

何とこの新型モデルは、歩行者や自転車も検知をして、イザという時には自動ブレーキを作動してくれるとのことでした。

ちなみに、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)に搭載されている自動ブレーキ(衝突軽減ブレーキ/CMBS)が歩行者と自転車を検知することができるのは、自車の速度が約100km/h以下の時までです。

これだけ対応範囲が広いと心強いですよね。

ただ、ディーラーさん曰く、自転車が急に飛び出してきた場合は、カメラやソナーが検知をすることができない場合もあるそうです。

やはり自動ブレーキなどの機械に頼りすぎずに最新の注意を持って運転をすることが、一番大事なのかもしれませんね。

新型フィット4の自動ブレーキの残念なところ…

202年2月にデビューを果たした新型フィット4(Fit4)の自動ブレーキ(衝突軽減ブレーキ/CMBS)ですが、ちょっと残念なところもありました。

それは、夜間の歩行者や自転車を検知することができないことです。

ディーラーさんは、「夜間ドライブでも、フロントガラスの上部に設置されているカメラが歩行者や自転車を検知することができれば、自動ブレーキが作動する可能性はありますが…」と、仰っていました。

しかし、夜間の場合は、カメラの検知性能が落ちるため、歩行者や自転車を検知できない可能性もあるようです。

ちょっとコレは残念ですよね。

目視は確認しにくい歩行者や自転車を、本来ならフロントガラスに搭載されたカメラやソナーでカバーして貰いたかったのですが…。

ちなみに、競合車・ライバル車の一つでもあるトヨタのコンパクトカー”ヤリス(YARIS)”に備わっている自動ブレーキは、夜間の歩行者も検知できるようになっています。

■ヤリスの安全装備

夜間の検知能力、安全性に関しては、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型フィット4(Fit4)よりも競合車・ライバル車の一つでもあるトヨタの”ヤリス(YARIS)”の方が一枚上手かもしれませんね。

まとめ:新型フィット4の自動ブレーキはイザという時に頼りになる存在

2020年2月にフルモデルチェンジをして新発売を果たした新型フィット4(Fit4)の自動ブレーキ(衝突軽減ブレーキ/CMBS)の性能を確認してみたところ、このようになっていました。

この新型モデルでは、カメラの性能が良くなったこともあり、自動ブレーキ(衝突軽減ブレーキ/CMBS)の精度が格段にアップ。

夜間の歩行者や自転車を検知することができないのは少々残念なところですが、十分に信頼できる機能&装備になっているように感じました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする