専用装備は何がある?新型フリード モデューロXのエクステリア・外装

専用装備を備えたカスタマイズモデル新型フリード モデューロX(Freed ModuloX)が、2017年12月に、ホンダからデビューをしました。

先日、新登場をしたモデューロX(ModuloX)を試乗する事ができたのですが、かなり凛々しいデザインに…。また、デザインだけではなく、乗り心地・走破性などすべての面において、ベースとなっているノーマルモデルよりもワンランク上になっているように感じました。

>>> 新型フリード モデューロXの外装【実車画像でノーマル車との違いを比較】

このようなノーマルモデルと全く異なる存在感、佇まいになっている新型フリード モデューロX(Freed ModuloX)ですが、外装・エクステリアに様々な専用デザインのパーツ・装備を採用しています。

今回新発売されたこの新型モデルに装備された専用デザインのパーツは、何があるのでしょうか?

2017年12月にデビューをしたホンダの新型フリード モデューロX(Freed ModuloX)の外装・エクステリアに用意されている専用装備を紹介したいと、思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

フリード モデューロXの外装:専用装備は何がある?

2017年12年にデビューをした新型フリード モデューロX(Freed ModuloX)の外装・エクステリアは、このようなデザインになっています。

■新型フリード モデューロXの外装・エクステリア

今回新発売された新型モデルは、専用デザインのフロントグリルやバンパーを採用しているため、ノーマルモデルよりもシャープな顔つきになった感じが…。

また、光沢感のあるブラック塗装がとてもキレイで、スポーティーさと上質さを兼ね備えたとても良いデザインのクルマになっているように感じました。

このようなデザインになっている新型フリード モデューロX(Freed ModuloX)ですが、外装・エクステリアには、次のような専用装備が備わっていました。

その1:フロントグリル&エアロバンパー

今回新発売されたホンダの新型フリード モデューロX(Freed ModuloX)のエクステリア・外装の特徴的なパーツ・装備の一つが、専用デザインとなっているフロントグリルとエアロバンパーです。

ロー&ワイド感のあるフロントバンパーのおかげで、ドッシリとした安定感のある印象に…。フロントマスクの押し出し感も強く、ノーマルモデルよりも存在感がましたように感じました。

デザイン性だけではなく、乗り心地の良さ&走行性能の向上にも貢献

また、ホンダの新型フリード モデューロX(Freed ModuloX)のエアロバンパーは、見た目のデザイン性だけではなく、空気の流れや抵抗もしっかりと考慮して設計されています。

例えば、このモデューロX(ModuloX)では、エアロバンパーの下に、ボディ下面の空気の流れを制御する”エアロガイドフィン”を採用しています。

そのおかげもあり、ノーマルモデルよりも直進の安定性が良くなった感じが…。
また、ハンドル・ステアリングの操舵に対して、クルマがとても素直に動く感じが…。

このように乗り心地や走破性が良くなったのも、新型フリード モデューロX(Freed ModuloX)の魅力の一つなのかなと、思いました。

その2:フロントビームライト&フォグランプ

今回新発売されたホンダの新型フリード モデューロX(Freed ModuloX)のフロントマスクで目を引く装備・パーツの一つが、ライン状に点灯するフロントビームライトとLEDのフロントフォグランプです。

■新型フリード モデューロXのフロントビームライト&フォグランプ

このフロントビームライトのおかげで、モデューロXの特徴でもあるロー&ワイド感が、より強調された感じが…。

また、ブルーのレンズを採用しているLEDのフォグランプも精悍さを強調していて、とても良いデザインだと思いました。

その3:ドアミラー

また、ドアミラー(サイドミラー)も新型フリード モデューロX(Freed ModuloX)の専用デザインとなっています。

今回新発売されたホンダのモデューロX(ModuloX)は、次の3つのカラーバリエーションをラインナップしています。

■新型フリード モデューロXのカラーバリエーション
・ホワイトオーキッド・パール
・プレミアムスパークルブラック・パール
・コバルトブルー・パール

ただ、モデューロX(ModuloX)では、どのボディカラーを選択しても、フロントマスクとマッチしたプレミアムスパークルブラック・パール塗装されたサイドミラーとなります。

■ブラック・パール塗装をしたモデューロXのサイドミラー

このプレミアムスパークルブラック・パール塗装されたサイドミラーもワンポイントアクセントになっていて、また、スポーツモデルらしさがあって、好印象でした。

その4:タイヤ&アルミホイール

様々な専用装備を備えている新型フリード モデューロX(Freed ModuloX)の外装・エクステリアの中で、注目のパーツの一つが、専用のデザインになっているタイヤ&ホイールです。

■新型フリード モデューロXのタイヤ&ホイール

このモデューロX(ModuloX)に採用されているタイヤサイズは15インチとなっており、ノーマルモデルと同じだったのですが、専用デザインのホイールを標準装備。

細めのスポークがアグレッシブさを演出していて、良いですよね。

また、ホイールの中央にあるセンターキャップに”モデューロ”のロゴが刻印されているのも印象的でした。

その5:サイドロアスカート

2017年12月にデビューをしたホンダの新型フリード モデューロX(Freed ModuloX)では、サイドボディ下部に専用デザインのサイドロアスカートを標準装備しています。

■新型フリード モデューロXのサイドロアスカート

このサイドロアスカートのおかげで、下半身のボリュームが増し、どっしりと低重心になった感じが…。また、ノーマルモデルよりも引き締まって見えます。

■新型フリード モデューロXのサイドからのデザイン

■新型フリード ノーマルモデルのサイドからのデザイン

ただ、モデューロX(ModuloX)のサイドロアスカートは、思ったよりも大人しめ…。
個人的には、もう少しシャープさを強調したデザインでも良かったのかなと、思いました。

その6:リアエンブレム

今回新発売された新型フリード モデューロX(Freed ModuloX)では、リアの右側に下半身のモデューロX(ModuloX)専用デザインのエンブレムを標準装備しています。

■新型フリード モデューロXの専用エンブレム

やはりカッコいいですよね。

また、このエンブレムを見るだけで、ワクワク感がアップします。

この専用デザインのリアエンブレムも、ドライバーさんの所有満足度を高めてくれる重要なアイテムだと、改めて思いました。

その7:テールゲートスポイラー

今回新発売された新型フリード モデューロX(Freed ModuloX)では、専用デザインの大型テールゲートスポイラーを標準装備しています。

テールゲートスポイラーのおかげで、このモデューロX(ModuloX)は、シャープな印象の後ろ姿になっているように感じました。

その8:リアロアスカート

ホンダの新型フリード モデューロX(Freed ModuloX)では、ブラック塗装されたリアロアスカートが標準装備されています。

■新型フリード モデューロXのリアロアスカート

ブラックのリアロアスカートがワンポイントアクセントになっていて、良いですよね。

大きなテールゲートスポイラーやこのリアロアスカートのおかげで、スポーツモデルらしいシャープな後ろ姿を演出しているように感じました。

また、モデューロX(ModuloX)に標準装備されているリアロアスカートも、フロントバンパーやテールゲートスポイラーと同様に、見た目のデザインだけではなく、空気整流や抵抗などを考えて設計&デザインをしているそうです。

このクルマを試乗した時に直進安定性の良さを感じたのですが、これは、空気の流れを整えてくれるモデューロX(ModuloX)のリアロアスカートのおかげかもしれませんね。

2017年12月にデビューをしたホンダの新型フリード モデューロX(Freed ModuloX)の外装・エクステリアは、このようなデザインになっていました。

また、このモデューロX(ModuloX)の外装・エクステリアには、このように様々な専用デザインのパーツや装備が備わっていました。

このおかげもあり、モデューロX(ModuloX)は、ノーマルモデルよりも引き締まったデザインに…。また、ノーマルモデルとは全く異なる存在感がありました。

使い勝手の良さが魅力の新型フリード(Freed)ですが、ワンランク上の上質感・高級感や走りの良さが欲しいと思っている人には、このモデューロX(ModuloX)は、ピッタリのモデルなのかなと、思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする