新型セレナのデュアルバックドアは便利!?【競合車には無いメリットとは?】

同一車線自動運転技術のプロパイロット機能など、ユーザーフレンドリーな機能を多数備えている日産の人気ミニバンの新型セレナ(SERENA)。

先日、電気自動車のような走りを楽しむ事ができるe-POWERが注目を集めていますが、ミニバンとしての実力もかなりハイレベル。この新型モデルには、競合車・ライバル車には、備わっていない装備や機能が充実しているのが、好印象でした。

そして、競合車・ライバル車には用意されていない新型セレナ(SERENA)の注目の装備の一つが、デュアルバックドアです。

先日、テールゲートの上部分だけを開閉する事ができるデュアルバックドアを使ってみたのですが、思った以上に使い勝手が良い感じしました。

今回新発売された日産の新型セレナ(SERENA)に搭載されているデュアルバックドアの使い勝手は、どうだったのでしょうか?また、実際にこのデュアルバックドアを使用してみて、何が良かったのでしょうか?

先日、この新型モデルのデュアルバックドアの使い勝手や実際に使って分かった魅力や良さを包み隠さず紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型セレナのデュアルバックドアの使い勝手レビュー

先ほども申し上げましたが、今回新発売された日産の新型セレナ(SERENA)の荷室・ラゲッジスペースは、テールゲート全体だけではなく、上半分だけを開ける”デュアルバックドア”を採用しています。

実際にこの新型モデルのテールゲート全体を開けた時と上半分のみを開けてみると、このような感じになります。

■新型セレナのテールゲート全体を開けた時の様子

■新型セレナのテールゲートの上半分を開けた時の様子

このように2つの開閉方法が用意されていると、荷物の量や駐車場の広さなどによって、開閉方法を使い分ける事ができるので、本当に便利だと思いました。

そんな新型セレナ(SERENA)のデュアルバックドアを実際に使ってみて感じたメリット&魅力を紹介したいと思います。

魅力1:後方が狭い駐車場でも使用する事が可能

今回新発売された新日産の型セレナ(SERENA)に採用されているデュアルバックドアの一番の特徴&メリットは、後方のスペースが狭い駐車場でも、荷室・ラゲッジスペースが使用できると言う事です。

このクルマに限らず、ミニバンの大きな欠点・デメリットの一つは、テールゲートを開けた時の後ろへの大きな張り出しです。

例えば、新型セレナ(SERENA)では、テールゲート全体を持ち上げた時の後方の張り出しは、約1,000mmとなっており、開ける際は後方に十分なスペースが必要となります。

■新型セレナのテールゲートを全体を開けた時の後ろの張り出し

また、この新型モデルの競合車・ライバル車の一つでもあるホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)のテールゲートを開けた時の後ろとの張り出し量は、このクルマよりも大きく
約1,200mmとなっています。

■新型ステップワゴンのテールゲートを開けた時の後ろの張り出し

なので、スーパーマーケットやショッピングモールなど、後方のスペースが狭い駐車場では、クルマを一度前に移動しないと、テールゲートを開ける事ができません。

しかし、テールゲートの上半分を開けた時の張り出し量は約500mmとなっており、テールゲート全体を開けた時と比べると、約半分くらいの大きさに…。

■新型セレナの上半分のみを開けた時の張り出し量

なので、後方のスペースにゆとりがない駐車場でも、後方を気にする事無くテールゲートを開ける事が可能です。

近所のスーパーやショッピングモールの駐車場で、クルマを少し前に動かしてから荷室・ラゲッジスペースを開けるクルマを時々見かけます。

しかし、このような手間・面倒から解放されるのは、テールゲートの上半分のみを開ける事ができるデュアルバックドアを備えている日産の新型セレナ(SERENA)の魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

ちなみに、ディーラーさんの話によると、上半分を開けた時のテールゲートの張り出し量は、後方が狭い駐車場でも開け閉めができるように設定されているようです。

なので、この新型モデルは、ほとんどの駐車場で、テールゲートが開閉できるようになっているようですよ。

メリット2:テールゲートの開け閉めがラク

また、テールゲートの開け閉めがしやすいのも新型セレナ(SERENA)のデュアルバックドアの魅力&メリットの一つです。

大きくて重たいテールゲートを備えているミニバンの欠点・デメリットの一つは、テールゲートの開け閉めのしにくさです。ご年配の方や小さなお子さんだと、重いドアを閉めるのにかなりの力を使うことも…。

成人男性の私でも、クルマによっては、テールゲートを閉める際に重たいなと、感じます。

また、新型ヴェルファイア/アルファードなどの高級ミニバンでは、スイッチ一つで自動的に開閉をしてくれるパワーバックドアが装備されていますが、新型セレナ(SERENA)のようなミドルクラスのミニバンでは、このような便利な機能も用意されていません。

なので、ミドルクラスのミニバンでは、自分の手で重たいテールゲートの開け閉めをしないといけません。

しかし、今回新発売された日産の新型セレナ(SERENA)の上半分のみを開けた時のテールゲートはとっても軽く、開け閉めがとってもラクです。

私の肌感覚では、テールゲート全体を開けた時の半分以下の重さくらいの感じが…。
なので、腕にチカラを入れる事無く、ラクに開け閉めをする事ができます。

また、一緒に試乗に同行をした私の妻にも、デュアルバックドアの開け閉めをして貰ったのですが、「軽自動車のテールゲートを開け閉めをしているみたいで、チカラがいらないから、とってもラク。」と、言っていました。

このようにテールゲートの重さを感じる事無く老若男女誰でもラクに開け閉めできるのも、デュアルバックドアを備えている新型セレナ(SERENA)の荷室・ラゲッジスペースの魅力の一つなのかなと思いました。

日産の人気ミニバン新型セレナ(SERENA)の荷室・ラゲッジスペースに備わっているデュアルバックドアには、このようなメリット&魅力がありました。

私が実際に使用してみて良いと感じたのは、やはり後方の張り出し量の小ささです。

また、小さい荷物を積みこみたい場合は、このテールゲート部分の上半分のみを開けて、ポンポンと荷物をラゲッジスペースに放り込んで置ける手軽さも好印象でした。

テールゲートの窓枠部分のみを開閉できるデュアルバックドアにも、欠点・デメリットもあります。

ただ、テールゲートの上半分のみを開閉する事ができるデュアルバックドアを備えているのと備えていないのでは、荷室・ラゲッジスペースの使い勝手に大きな違いがあるように感じました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする