専用パーツは要注目!新型セレナ ニスモのインパネを実車画像で徹底チェック

日産の人気ミニバン”セレナ(SERENA)”をベースに専用のチューニングを施したカスタムモデル新型セレナ ニスモ(NISMO)が、2017年11月にデビューをしました。

専用のエアロパーツを装備するなど、スタイリッシュなデザインに生まれ変わった新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)ですが、内装・インテリアにも様々な専用デザインの用意。レッドをあしらった内装は、ニスモ(NISMO)らしいスポーティーな雰囲気になっていました。

>>> 新型セレナ ニスモの内装を実車画像でチェック【ノーマル車との違いを比較】

このようにスタイリッシュなデザインになっている新型モデルの内装・インテリアで、特に印象的だったのが、インパネです。

この新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)のインパネでは、専用デザインのハンドルやシフトレバー、NISMOのエンブレムが施されており、ノーマルモデルとは全く異なる雰囲気のインパネになっていました。

今回新発売された新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)のインパネは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、どのような専用デザインの装備が用意されていたのでしょうか?

専用デザインになっているこの新型モデルのインパネの様子を、どこよりも詳しく紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型セレナ ニスモのインパネは、どんなデザイン?

2017年11月にデビューをした日産の新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)のインパネ・内装は、このようなデザインになっています。

■新型セレナ ニスモのインパネ

この新型モデルのインパネでは、ニスモ(NISMO)のイメージカラーでもあるレッドのアクセントカラーが施されており、ノーマルモデルよりもスポーティーなデザインに…。

また、インパネやメーターフードには、スエード調パッドが採用されており、ノーマルモデルと全く異なるイメージの内装・インテリアになっているように感じました。

>>> 新型セレナの内装【ニスモとノーマルモデルの違いを確認したい方は、コチラから】

このようにレッドのアクセントカラーが印象的な新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)のインパネですが、ハンドルやシフトレバー、エンジンスターターなども専用デザインになっています。

そんな新型ニスモの各パーツ・装備を詳しく紹介したいと思います。

その1:ハンドル・ステアリングホイール

今回新発売された日産の新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)のハンドル・ステアリングホイールは、このようなデザインになっています。

■新型セレナ ニスモのハンドル・ステアリングホイール

今回新発売された新型モデルは、インパネにマッチしたレッドのステッチが施された本革&アルカンターラ巻きのハンドル・ステアリングホイールを標準装備。

このニスモ(NISMO)のハンドルのサイド(手が握る部分)は、アルカンターラ素材になっていたため、ノーマルモデルよりもしっとりと手に馴染むように感じました。

■ニスモのハンドルに採用されているアルカンターラ素材

また、このニスモ(NISMO)のハンドル・ステアリングホイールの12時の部分には、レッドセンターマークが備わるなどスポーツモデルらしいデザインになっているのも好印象でした。

その2:シフトレバー

今回新発売された日産の新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)のシフトレバーは、このようなデザインになっています。

■新型セレナ ニスモのシフトレバー

この新型ニスものシフトレバーは、赤いステッチが入った本革巻きを採用。
また、シフトレバーのスイッチ部分も重厚感のあるダーククロムメッキになっているのも好印象でした。

その3:エンジンスタータースイッチ

また、日産の新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)のシフトレバーの右上にあるエンジンのスタータースイッチのデザインも専用デザインになっています。

ノーマルモデルは、シルバーで縁取られていたいのに対し、今回新発売されたニスモ(NISMO)では、レッドカラーに…。

■ノーマルモデルのエンジンスタータースイッチ

■ニスモのエンジンスタータースイッチ

見た目の印象が全く異なりますよね。

今回新発売された新型ニスモ(NISMO)のエンジンスタータースイッチの方が、よりインパクトのあるデザインになっているように感じました。

その4:センタークラスター

シフトレバーやエンジンスタータースイッチがあるセンタークラスターも注目ポイントの一つです。

ノーマルモデルは、センタークラスターの縁の部分をシルバーで加飾をしていたのですが、今回新発売された日産の新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)では、ダーククロムメッキに変更。

■ノーマルモデルのセンタークラスター

■ニスモのセンタークラスター

黒光りをするダーククロムメッキ調を採用したニスモ(NISMO)のセンタークラスターは、明るいシルバーカラーを採用しているノーマルモデルよりも引き締まったデザインになっているように感じました。

また、ニスモ(NISMO)のセンタークラスターには、専用エンブレムが刻印されているのも、好印象でした。

ちなみに、センタークラスーターの下の部分には、シートヒーターのスイッチが装備されています。

■新型セレナ ニスモのシートヒータースイッチ

ただ、このシートヒーターは標準装備ではなく、メーカーオプションなので、注意をしてくださいね。

その5:空調パネル

今回新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)に標準装備されている空調パネルは、このようなデザインになっています。

■新型セレナ ニスモの空調パネル

今回新発売された新型ニスモ(NISMO)のエアコン/ヒーターは、残念ながら、運転席と助手席で独立をして温度や風量を調節する機能は、備わっていません。

ただ、温度や風量調節はダイヤル式になっており、運転中の操作がしやすいデザインになっているのは、好印象でした。

その6:カーナビ

日産の新型セレナ(SERENA)では、メーカーオプションのナビは用意しておらず、ディーラーオプションのナビのみとなっているのですが、今回私が見たモデルでは、最上位のプレミアムモデルのナビ(MM517D-L)が標準装備されていました。

■新型セレナ ニスモに搭載されていたナビ(MM517D-L)

この新型モデルのナビは、インパネに埋め込むのではなく、後付けしたように見えるフローティングデザインを採用。

このクルマ専用のデザインになっているため、インパネとの相性もとても良いように感じました。

また、今回私が見たナビ(MM517D-L)は画面サイズが9インチと大きいので、地図を表示した時の視認性に優れているのも好印象でした。

その6:送風口

今回新発売された日産の新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)の注目の装備の一つが、インパネの左右に装備されている送風口(エアコンの吹き出し口)のデザインです。

■新型セレナ ニスモの送風口

この新型モデルの送風口は、ニスモのイメージカラーでもある赤で縁取られたデザインに…。ノーマルモデルよりも見た目のインパクトがあり、とても良いと思いました。

2017年11月にデビューをした日産の新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)のインパネ・内装は、このようなデザインになっていました。

この新型モデルのインパネには、シフトレバーやハンドルなど様々な専用デザインのパーツが用意されており、ニスモらしいスポーティーなデザインに…。また、ノーマルモデルよりもワンランク上の質感になっているように感じました。

ノーマルモデルよりもワンランク上の質感のクルマに乗りたいと思っている方には、今回新しく発売されたニスモ(NISMO)は、ピッタリなのかなと思いました。

ちなみに、インパネだけではなく、メーターも新型セレナ ニスモ(SERENA NISMO)の専用デザインになっています。

ノーマルモデルよりもスタイリッシュになったこの専用デザインのメーターも、注目ポイントの一つかもしれませんね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする