新型ヴェルファイアのエグゼクティブ ラウンジシート【進化したポイントとは?】

2017年12月、”大空間高級サルーン”をコンセプトに開発された新型ヴェルファイア(Vellfire)が、ビッグマイナーチェンジを行いました。

先日、この新型モデルの上位車種”エグゼクティブラウンジ(Executive Lounge)”を見る事ができたのですが、内装・インテリアが専用のデザインに…。他のグレードよりもスタイリッシュな内装・インテリアになっているように感じました。

そんな新型ヴェルファイア(Vellfire)の最上位モデルの”エグゼクティブラウンジ(Executive Lounge)”の特徴の一つが、2列目シートに用意されている”エグゼクティブ ラウンジシート”です。

今回新発売された”エグゼクティブラウンジ(Executive Lounge)”のシートの基本的な機能や装備は、先代モデルと大きく変わっていません。ただ、今回の新型モデルのシートは、改良が行われ、さらに使い勝手が良い工夫が施されておりました。

今回新発売された新型ヴェルファイア(Vellfire)の最上位モデル”エグゼクティブラウンジ(Executive Lounge)”に標準装備されている”エグゼクティブ ラウンジシート”は、どのようなデザインになっているのでしょか?

また、今回新発売された新型モデルのシートと先代モデルとの違いは、何でしょうか?

ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型ヴェルファイア(Vellfire)の”エグゼクティブ ラウンジシート”を徹底的にレビューをしたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ヴェルファイアのエグゼクティブ ラウンジシート画像レビュー

2017年12月にビッグマイナーチェンジをして新発売された新型ヴェルファイア(Vellfire)の最上位モデル”エグゼクティブラウンジ(Executive Lounge)”に標準装備されている2列目シートは、このようなデザインをしています。

■新型ヴェルファイアのエグゼクティブラウンジシート

今回私が見たモデルは、外装・エクステリアにエアロパーツを装着した”エグゼクティブラウンジシートZ”と言う事もあり、シートカラーは、このモデルの専用色のホワイトでした。

この”エグゼクティブラウンジシートZ”専用のカラーになっているホワイトカラーのシートは、スタイリッシュでとても良いと思いましたが、やはりシートの汚れ・黒ずみは、かなり目立つ感じが…。

実際に私が見た感じでは、もうすでにこのようにシートに汚れが…。

このようなシートの汚れが気になる方は、ブラックの内装色・シートカラーの方が良いのかなと思いました。

機能面や装備面で先代モデルと変わったところとは?

このようなシートのデザインになっている新型ヴェルファイア(Vellfire)の最上位モデル”エグゼクティブラウンジ(Executive Lounge)”ですが、先ほども申し上げた通り、基本的な機能&装備は同じになっています。

例えば、大きなアームレストの左側には、このように引き出して使える小さいテーブルが標準装備されています。

■エグゼクティブラウンジシートの小型テーブル

また、このエグゼクティブラウンジシートのアームレスト部分には、専用のドリンクホルダーやスマホやiPhoneを収納できる収納ポケットを用意。

■エグゼクティブラウンジシートに備わっているドリンクホルダー

■エグゼクティブラウンジシートのスマホ入れ

また、スマホ入れの近くには、USBソケットも用意されており、このスペースにスマホを置いたまま充電をできるようになっていたのも好印象でした。

エグゼクティブラウンジシートは、機能も充実

また、新型ヴェルファイア(Vellfire)の最上位モデル”エグゼクティブラウンジ(Executive Lounge)”は、アームレストの左側にスイッチが用意されており、シートのスライド位置や背もたれのリクライニング、オットマンの出し入れを行う事が可能です。

■エグゼクティブ ラウンドシートの操作パネル

例えば、シートのスライドもこの手元のスイッチ一つで行う事が可能です。

■エグゼクティブラウンジシートのシートをスライドした時の様子

また、このように背もたれをリクライニングしたり、オットマンを持ち上げるのも手元のスイッチで行う事が可能できるので、操作がとてもラクなのも特徴の一つです。

実際にこの新型ヴェルファイア(Vellfire)のエグゼクティブラウンジシートのオットマンを使用し、背もたれを一番後ろまでリクライニングすると、このような感じ。

残念ながら、このエグゼクティブラウンジシートでは、フルフラットにする事はできませんでした。ただ、ちょっと横になりたい時や仮眠をとりたい時には、十分な広さ・座り心地を確保しているように感じました。

そして、それ以外にも、新型ヴェルファイア(Vellfire)のエグゼクティブラウンジシートには、快適に過ごせる読書灯、冬に座面を温めてくれるシートヒーター&夏に風を通して蒸れを抑制してくれるベンチレーション機能も標準装備されています。

最上位モデルの”エグゼクティブラウンジ(Executive Lounge)”のシートはいたれりつくせりで、まさに飛行機のビジネスクラスやファーストクラスに乗っているような感じ。

VIP感を味わえるこのエグゼクティブ ラウンジシートの機能&座り心地は、競合車・ライバル車の日産のエルグランドやホンダのオデッセイでは体験できない、この新型ヴェルファイア(Vellfire)の魅力の一つなのかなと思いました。

先代モデルよりも進化した点も…

このように座り心地・機能性に優れている新型ヴェルファイア(Vellfire)のエグゼクティブ ラウンジシートですが、先代モデルよりも進化した点もありました。

それは、右側(運転席側)に”マニュアルウォークイン機能”が追加された事です。

マイナーチェンジ前のモデルでは、電動式になっているエグゼクティブ ラウンジシートを前方スライドし、背もたれを前方に倒すのに時間がかかるため、3列目シートにアクセスしにくいのが欠点・デメリットでした。

しかし、今回新発売された新型ヴェルファイア(Vellfire)では、ワンアクションでシートを前方にスライドし、そして、背もたれを前方に倒す事ができる”マニュアルウォークイン機能”を搭載。

■エグゼクティブ ラウンジシートの新機能マニュアルウォークイン

実際にこのマニュアルウォークインのレバーを引いてみると、シートが前方にスーとスライドし、自動的にバタンと背もたれが倒れます。なので、3列目シートへのアクセスが格段に早くなりました。

このようにエグゼクティブ ラウンジシートの使い勝手が良くなった事は、このグレードの大きなトピックの一つなのかなと思いました。

ちなみに、マニュアルウォークイン機能が搭載されたモデルが生産&納車されるのは、2018年4月以降になるようです。なので、”エグゼクティブ ラウンジ(Executive Lounge)”の購入を検討している方は、納車時期が遅れる可能性があるので、注意をしてくださいね。

2017年8月にビッグマイナーチェンジをして新発売された新型ヴェルファイア(Vellfire)の最上位モデル”エグゼクティブ ラウンジ”に標準装備されている2列目シートは、このようなデザインになっていました。

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された後期モデルのエグゼクティブラウンジシートは、旧型と変わらず座り心地も良く、まさにVIPのためのシートと言った作りになっていました。

また、今回新発売された新型モデルは、3列目へのアクセスがしやすくなるなど、使い勝手がさらに良くなったのも好印象でした。

もし新型ヴェルファイア(Vellfire)の最上位モデル”エグゼクティブ ラウンジ(Executive Lounge)”を試乗する機会がありましたが、特等席でもある2列目シートの座り心地や快適性をしっかりと確認をしてみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする