運転はラクになった?新型リーフのe-PEDALを試乗で使った感想

2017年6月、日産の電気自動車新型リーフ(LEAF)の2台目モデルが、遂にデビューをしました。

今回フルモデルチェンジをして新発売された2台目モデルは、先代モデルよりもあらゆる面で進化をしましたが、その中でも注目を集めているのが、日産のノートe-POWERの機能をさらに強化をしたe-PEDAL(eペダル)です。

先日、この新型モデルを試乗した際に、新型リーフ(LEAF)に新機能であるe-PEDAL(eペダル)の使い勝手や操作性、運転のしやすさなどを確かめさせて貰ったのですが、思ったよりも使い勝手が良い印象が…。

ただ、その一方でアクセルとブレーキを使うノーマルモードでの運転との違いに戸惑う場面もあったのですが…。

今回フルモデルチェンジをして新発売されたこの2台目モデルの”e-PEDAL(eペダル)”の使い勝手や操作性はどうだったのでしょうか?また、アクセルとブレーキを使う一般的な運転とどのような違いがあったのでしょうか?

新型リーフ(LEAF)の注目の機能の一つである”e-PEDAL(eペダル)”を実際に使った感想、メリットやデメリットを包み隠さず紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型リーフのe-PEDALの試乗レビュー:実際に使用をした感想は?

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型リーフ(LEAF)に搭載されている新機能”e-PEDAL(eペダル)”とは、発進&加速から減速、停止まですべての運転操作をアクセルペダル一つで運転する事ができる機能の事です。

アクセルを踏み込めば、加速をしていくのは、一般的な運転(ノーマルモード)と全く同じですが、アクセルペダルの踏み込みを緩めると、それに呼応して減速をしていきます。

そして、アクセルペダルから足を離すと完全に停止し、ブレーキを踏まなくても、その停止状態を維持してくれます。

なので、上手に運転をすれば、一切ブレーキペダルを踏む事はなく、アクセルペダルのみで運転が完了していまう”ワンペダルドライビング”もする事ができちゃいます。

e-PEDAL(eペダル)の切り替えもとってもラク

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型リーフ(LEAF)は、アクセルとブレーキペダルを使用して運転をする一般的な方法から、”e-PEDAL(eペダル)”を使用したワンペダル ドライビングに切り替えるのもとっても簡単です。

センターコンソールの前方中央にブルーのe-PEDALスイッチが用意されておりますが、このスイッチを手前にカチっと押すだけです。

■新型リーフのe-PEDALスイッチ

このe-PEDAL(eペダル)のスイッチを押すと、メーターの左側に用意されている7インチサイズのアドバンスドドライブアシストディスプレイの隅に表示されている”e-PEDAL OFF”が、ブルーの”e-PEDAL”に変わり、ワンペダル ドライビングが開始されます。

■新型リーフのメーター

e-PEDALスイッチの位置も運転席から届きやすい場所に設置されており、気軽にスイッチを切り替える事ができるのも好印象でした。

e-PEDALをONにすると、全く異なるドライビングフィールに…

このように簡単に”ワンペダル ドライビング”に切り替える事ができる新型リーフ(LEAF)ですが、このワンペダル ドライビングにすると、操舵感・運転感覚が全く異なります。

特に違いを感じたのは、アクセルペダルの踏み込みを緩めた時や離した時の感覚です。

一般的なクルマの運転では、走行中にアクセルペダルからパッと足を離しても、ブレーキペダルを踏むまで、惰性でクルマは進み続けますよね。

しかし、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型リーフ(LEAF)の”ワンペダル ドライビング”では、アクセルペダルの踏み込みを緩めると、グググ~~と、ブレーキがかかり減速をし、やがて停車をします。

また、アクセルペダルからパッと足を離すと、急ブレーキをかけたような強いブレーキが働きます。

しかも、このアクセルペダルの踏み込み量に対する反応がとても繊細です。
ちょっとアクセルペダルを緩めただけでも、体感でわかるくらいしっかりと減速をしていきます。

この新型リーフ(LEAF)に初搭載された”e-PEDAL(eペダル)”は、アクセルの踏み込み量に対する加速や減速の反応がとても素直なので、上手に使いこなせば、同乗者にも優しいスムーズで快適な運転ができるのかなと思いました。

また、このワンペダル ドライビングは、運転中にアクセルとブレーキを踏み変える回数が減るので、足の疲労感が少ないのも好印象でした。

ただ、このワンペダル ドライビングで自分が思っている位置に停車するのは、慣れないとちょっと難しいです。

私がこのクルマを試乗した時は、前に停まっているクルマとの距離が広すぎて、再度アクセルペダルを踏み直して、前車との距離を調整すると言う事が何度かありました。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型リーフ(LEAF)の注目の機能”ワンペダル ドライビング”を思い通りに使いこなすには、少し時間が必要なのかなと思いました。

アクセル フィーリングにも違いが…

“e-PEDAL(eペダル)”を使用した新型リーフ(LEAF)のワンペダル ドライビングと、アクセルとブレーキを使用するノーマルモードでは、アクセルペダルを踏み込んだ時のタッチやフィーリングにも違いがあります。

ノーマルモードの時は、とても軽いアクセル フィーリングになっています。
なので、アクセルペダルを踏みこむ時にイヤな反動や重さがなく、スムーズにス~~っと入っていきます。

一方、”e-PEDAL(eペダル)”をONにすると、アクセルペダルが重たくなり、ややジットリとした踏み心地に…。

また、踏み込みに対するアクセルの開度もノーマルモードとワンペダルドライビングの”e-PEDAL(eペダル)”では、若干異なります。

ノーマルモードと比較して、ワンペダルの”e-PEDAL(eペダル)”は、アクセルの開度が小さくなります。

なので、走行中に”e-PEDAL(eペダル)”に切り替えると、エンジンブレーキをかけたようにガクッとスピードが落ちます。この衝撃は意外と大きく、体が前に軽くつんのめるような感じが…。

このノーマルモードからe-PEDAL(eペダル)に切り替えた時の衝撃や減速は意外と大きいので、走行中に切り替える時は、後ろのクルマとの車間距離などに注意が必要なのかなと思いました。

また、停車中にノーマルモードからe-PEDAL(eペダル)のワンペダル走行に切り替えた方が良いのかなと思いました。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型リーフ(LEAF)の注目の機能”e-PEDAL(eペダル)”を試乗した際に確かめさせてもらったのですが、このような乗り心地・使い勝手になっていました。

このe-PEDAL(eペダル)によるワンペダル走行は、停車位置やカーブを曲がる時の操舵性など慣れが必要だなと思います。ただ、アクセルとブレーキの踏み変えのストレスや疲労も減るので、慣れればとても良い機能なのかなと思いました。

また、このクルマと同様にワンペダルで操作がノートe-POWERのSモードと異なり、今回新発売された新型リーフ(LEAF)のe-PEDAL(eペダル)では、自動ブレーキ保持(オートブレーキホールド)まで行ってくれるのも好印象でした。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする