【先代との違いはあった?】新型レヴォーグD型の収納スペースを確認してみた

2017年8月、スバルの人気スポーツツアラーの新型レヴォーグ/レボーグ(LEVORG)がビッグマイナーチェンジを行い、D型に進化を行いましたね。

今回のビッグマイナーチェンジでスバルの安全装備”アイサイト(Eye Sight)”が進化をしただけなく、外装・内装も新しいデザインに…。先代モデルよりも高級感・上質感が漂うデザインになっていました。

>>> 新型レヴォーグD型の内装レビュー【先代より進化したポイントとは!?】

このように大画面のマルチファンクションディスプレイを搭載した新型レヴォーグ/レボーグ(LEVORG)のD型の内装・インテリアですが、欠点・デメリットと言われている収納スペースに違いは、あったのでしょうか?

先日、このD型を試乗した際に収納スペースや小物入れの数や配置、使い勝手などを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型レヴォーグD型の収納スペース画像インプレ:運転席周り編

2017年8月にビッグマイナーチェンジをして新発売された新型レヴォーグ/レボーグ(LEVORG)のD型の内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

■新型レヴォーグD型のインパネ

ドア内側パネルやセンターコンソールのカラーがシルバーからブラック基調に変更され、先代モデルよりもスタイリッシュ&高級感を感じるデザインに…。

ただ残念ながら、新しく発売されたD型でも収納スペースの数や配置、使い勝手に変更はありませんでした。

今回はビッグマイナーチェンジと言う事をディーラーさんから事前に聞いていたので、収納スペースの数や使い勝手も良くなっている事を多少期待していたのですが…。

D型に移行をした新型レヴォーグ/レボーグ(LEVORG)も、相変わらず必要最低限の収納スペース・小物入れを用意していると言った感じでした。

そんなD型の運転席周りの収納スペース・小物入れは何があるのか確認してきたので、紹介したいと思います。

収納スペース1:コインポケット

スバルの新型レヴォーグ/レボーグ(LEVORG)のハンドル・ステアリングホイールの右側、エンジンスタータースイッチなどの下部に設置されている収納スペースが、コインポケットです。

運転席から近く手が届きやすいため、ガムやミントタブレットなどを置いておくのには、とても良い収納スペースなのかなと思いました。

また、この小物入れは蓋がついており、また、死角になりやすい位置なので、カードや電子マネーなどを置いておくのにも最適なのかなと、思いました。

収納スペース2:センタートレイ

新型レヴォーグ/レボーグ(LEVORG)のセンターコンソールの前方に位置している収納スペースが、センタートレイです。

センタートレイの上部には、USB端子が2個、そして、DC12ボルトの電源ソケットを搭載しています。また、このセンタートレイには、滑り止め&傷防止のマットが敷かれているのも、嬉しいポイントです。

このようにサイズもピッタリなので、スマホやiPhoneの置き場所として、重宝するのかなと思いました。

収納スペース3:センターコンソールサイドポケット

新型レヴォーグ/レボーグ(LEVORG)のドリンクホルダーの横のスペースには、細長い収納スペース”センターコンソールサイドポケット”が用意されています。

横幅が狭いため収納できるアイテムは限られそうですが、ガムなどの小物を置いておくのには、とても良いスペースなのかなと思いました。

また、このサイドポケットは長さがあるため、このようにスマホ・iPhoneの置き場所として使っても良いのかなと思いました。

収納スペース4:コンソールボックス

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売されたスバルの新型レヴォーグ/レボーグ(LEVORG)の中で、グローブボックスと並んで大きな収納スペースの一つが、コンソールボックスです。

アームレストになっている蓋を持ち上げると、このようなります。

深さは約170mmあり、このように500mlサイズのペットボトルもスッポリと収納する事ができちゃいます。

また、このコンソールボックスの中には、DC12ボルトの電源やペンホルダーなども装備され、使い勝手をしっかりと考慮したデザインになっているように感じました。

このクルマは収納スペースが少ないので、収納力があるこのセンターコンソールボックスが活躍をする機会は多いのかなと思いました。

収納スペース5:ドリンクホルダー

新型レヴォーグ/レボーグ(LEVORG)のセンターコンソールの中央にあるスライドカバーを開けると、運転席用のドリンクホルダーが2個登場します。

またこのカップホルダーの中央のストッパーを取り外すと、このように小物入れとしても使う事ができます。

ディーラーさんの話によると、ダッシュボードに市販のドリンクホルダーを取り付けて、このスペースを小物入れとして利用しているお客さんも、たくさんいるようですよ。

収納スペース6:グローブボックス

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売されたスバルの新型レヴォーグ/レボーグ(LEVORG)のグローブボックスは、このようなデザインになっています。

ディーラーさんは、「CDなら16枚ほど収納する事ができる。」と仰っていましたが、車検証を入れるとイッパイになってしまいそうな感じ。また、手前側よりも奥の方が狭くなっているのも気になりました。

ダンパー付きでゆっくりと開くのはとても良いのですが、新型レヴォーグ/レボーグ(LEVORG)は収納スペース・小物入れが少ないので、個人的にはもう少し大きいサイズにして貰いたかったです。

収納スペース7:ドア内側パネル(フロント用)

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売されたスバルの新型レヴォーグ/レボーグ(LEVORG)のD型のドア内側パネルは、このようなデザインになっています。

下部には、このようにドリンクホルダーとしても使えるドアポケットを用意。

実際にドリンクホルダーにペットボトルを置いてみると、このような感じになります。

ドリンクを置いても、まだサイズに余裕があるのは嬉しいですよね。
また、個人的には、ドリンクをまっすぐに収納できるのも好印象でした^^

雑誌や地図だけでなく、タブレット端末などを置いておくのに、とても良いスペースなのかなと思いました。

新型レヴォーグD型の収納スペース画像インプレ:後部座席周り編

運転席周りにはこのような収納スペース・小物入れを用意していたスバルの新型レヴォーグ/レボーグ(LEVORG)ですが、後部座席の収納スペースは、どうだったのでしょうか?

後部座席周りの収納スペース・小物入れを確認していく事にしましょう。

収納スペース1:シートバックポケット

この新型レヴォーグ/レボーグ(LEVORG)では、運転席・助手席側ともにシートバックポケットを用意しています。

同じスバルから発売されているインプレッサ(IMPREZA)など助手席側にしかシートバックポケットが無いクルマがある中、運転席側にもポケットが用意されているのは、嬉しいですよね。

A4サイズなど雑誌や地図も収納できましすし、使い勝手も良さそうだなと思いまいた。

収納スペース2:ドリンクホルダー付きセンターアームレスト

新型レヴォーグ/レボーグ(LEVORG)の後部座席の中央には、2つ置くことができるドリンクホルダー付きのセンターアームレストが用意されています。

ストッパーは取り外しする事ができないのですが、このように2個つながったデザインになっているので、スマホやiPhoneなどの置き場所として使っても良いのかなと思いました。

収納スペース3:ドア内側パネル(リヤ用)

新型レヴォーグ/レボーグ(LEVORG)の後部座席のドア内側パネル下部にも、ドリンクホルダーも兼ね備えているドアポケットがポケットが用意されています。

後部座席のドア内側パネルのポケットにドリンクを置いてみると、このようになります。

フロントシートのドア内側パネルと同様に、後部座席のドリンクホルダーも置いたドリンクが斜めになりません。ただ、このようにドリンクを置いた状態で小物入れとして使うには、ちょっと狭い感じがします。

このクルマは、後部座席にもドリンクホルダー付きのセンターアームレストが装備されています。ドリンクはアームレスト部分に置いて、この収納スペースは、小物入れとして活用した方が利便性は高いのかなと思いました。

2017年8月にビッグマイナーチェンジをして新発売された新型レヴォーグ/レボーグ(LEVORG)のD型ですが、残念ながら、収納スペース・小物入れに違いはありませんでした。

また、収納スペースの数が少なく、サイズも小さいため、使い勝手もそれ程よくありません。ボックスティッシュなど大きいアイテムを置いておくスペースがこのクルマには用意されていないため、購入後に悩むかもしれません。

もしこのスバルの新型レヴォーグ/レボーグ(LEVORG)をファミリーカーとして使用するのなら、市販の収納グッズを購入して、収納スペースを増やした方が良いかもしれないなと、思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする