新型レヴォーグSITのD型とノーマル車の外装比較【5つの違いを実車画像で徹底解剖】

日本の道路事情にジャストフィットの人気ステーションワゴン新型レヴォーグ/レボーグ(LEVORG)が、2017年7月にビッグマイナーチェンジをして新発売されましたね。

先日、ノーマルモデルと異なる専用デザインを施したSTIスポーツ(STI SPORT)のD型を見る事ができたのですが、先代モデルよりもスタイリッシュなデザインに…。

>>> 新型レヴォーグSTIスポーツの外装を確認【先代モデルとの違いをわかりやすく紹介】

また、今回私はSTIスポーツ(STI SPORT)とノーマルモデルを見比べる事ができたのですが、専用デザインのバンパーやホイールなど、ノーマルモデルよりもワンランク上の高級感とスポーティーさを感じるデザインになっているように感じました。

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型レヴォーグ STIスポーツ(LEVORG STI SPORT)とノーマルモデルの外装・エクステリアは、何が異なるのでしょうか?

実車画像を使って、この2台のモデルの見た目の違いを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型レヴォーグSTIスポーツのD型の外装:ノーマルモデルとの違いを解説

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売されたスバルの新型レヴォーグ STIスポーツ(LEVORG STI SPORT)の外装・エクステリアは、このようなデザインになっています。

■新型レヴォーグSTIスポーツのD型の外装画像

フロントグリルにあしらわれている専用のエンブレムなど、一目見て、STIスポーツ(STI SPORT)と分かるデザインになっています。

一方、ノーマルモデルの外装・エクステリアは、このようなデザインになっています。

■新型レヴォーグD型 ノーマルモデルの外装画像

このノーマルモデルも、十分に迫力のあるデザインになっていると思います。

ただ、スカート部分に専用のメッキ調の加飾を施したSTIスポーツ(STI SPORT)と比較すると、若干高級感・上質感に劣るように感じました。

このようにパッと見ただけでも違いが分かるスバルの新型レヴォーグ STIスポーツ(LEVORG STI SPORT)とノーマルモデルの外装・エクステリアですが、具体的には何が異なるのか、詳しく見ていきましょう。

違い1:フロントグリル

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型レヴォーグ STIスポーツ(LEVORG STI SPORT)のD型とノーマルモデルの違いの一つが、フロントグリルのデザインです。

専用のエンブレムが印象的なSTIスポーツ(STI SPORT)のフロントグリルですが、実はサイズやデザインにも違いがあります。

■STIスポーツのフロントグリル

■ノーマルモデルのフロントグリル

この2台のモデルのフロントグリルで注目してもらいたいのは、フロントグリルの枠のデザインです。

このように斜め上から見ると分りますが、ベースとなっているノーマルモデルのフロントフリルは枠に厚みがあり、しっかりとしたデザインになっています。

■ノーマルモデルのフロントグリル

一方、STIスポーツ(STI SPORT)は、ノーマルモデルよりも枠が細いデザインを採用していました。

■STI スポーツの細いフロントグリル

このように見比べると、フロントグリルの枠のデザインの違いがハッキリと分かりますね。

ノーマルモデルはガッシリとしたチカラ強さを感じるデザインになっていたのに対し、STIスポーツ(STI SPORT)は、スポーティーさだけではなく、繊細さを感じるデザインになっているように感じました。

違い2:フロントバンパー

また、スバルの新型レヴォーグ STIスポーツ(LEVORG STI SPORT)のD型のノーマルモデルでは、フロントバンパーのデザインも異なります。

■STIスポーツのフロントバンパー

■ノーマルモデルのフロントバンパー

今回新発売されたSTIスポーツ(STI SPORT)に採用されている専用のデザインのフロントバンパーは、台形のような形になっており、開口部が広いデザインを採用。

ノーマルモデルよりもワイド&ローが強調されたデザインになっており、よりドッシリとした見た目になっているように感じました。

また、バンパーの下部には、メッキ調のアクセントをあしらっており、ノーマルモデルよりも高級感・上質感を感じるデザインになっているのも好印象でした。

違い3:フォグランプカバー

また、フロントバンパーに繋がるようなデザインになっているフォグランプのデザインも、スバルの新型レヴォーグ STIスポーツ(LEVORG STI SPORT)とノーマルモデルでは異なります。

■STIスポーツのフォグランプカバー

■ノーマルモデルのカバー

ノーマルモデルのフォグランプカバーは、光沢感のあるピアノブラック調のパネルを採用しているのですが、このSTIスポーツ(STI SPORT)は、光沢感が無いマットな感じのフォグランプカバーを採用。

ノーマルモデルの高級感のあるフォグランプカバーも良いと思いましたが、フロントバンパーのメッキ調の加飾の良さを引き立てるには、マット感のあるフォグランプカバーの方が良いのかもしれませんね。

違い4:タイヤ&ホイールのデザイン

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型レヴォーグ STIスポーツ(LEVORG STI SPORT)のD型のノーマルモデルの外装・エクステリアの大きな違いの一つが、タイヤ&ホイールのデザインです。

■STIスポーツ(STI SPORT)のタイヤ&ホイール

■ノーマルモデルのタイヤ&ホイール

STIスポーツ(STI SPORT)のホイールは、多本数のスポークを用いたダークグレーカラーのホイールを採用。STIスポーツらしいスポーティーさを感じるデザインになっていました。

また、このSTIスポーツ(STI SPORT)に採用されているタイヤ&ホイールは、ノーマルモデルと上位モデルと同じ18インチサイズだったのですが、ノーマルモデルよりもホイールが大きく、スポーティーに見えるのも好印象でした。

ちなみに、スバルの新型レヴォーグ/レボーグ(LEVORG)は全グレード、タイヤ&ホイールのデザインが異なります。

もし、この新型モデルのタイヤ&ホイールのデザイン、タイヤメーカーなどを確認したかったら、コチラの記事を参考にしてみてくださいね。

>>> 新型レヴォーグD型のタイヤ全5種類を実車画像で一挙公開!

専用チューニングのビルシュタイン製のダンパーを採用

ノーマルモデルのGT-S系グレードでもビルシュタイン製のダンパーが標準装備されていますが、新型レヴォーグ STIスポーツ(LEVORG STI SPORT)では、専用チューニングを施したものを採用しています。

ちょっとだけ試乗をさせて貰ったのですが、専用のチューニングを施したSTIスポーツ(STI SPORT)のビルシュタイン製のダンパーは、思ったよりも良い感じです。

ノーマルモデルよりも全体的に若干乗り心地は硬めになっているのですが、思ったよりもしなやかな乗り心地に…。

路面の荒れたアスファルト道路を運転した時も下からの突き上げがなく、しっかりと衝撃を吸収しているフラットな乗り心地になっているのは、とても好印象でした。

違い4:マフラーカッター

新型レヴォーグ STIスポーツ(LEVORG STI SPORT)のD型とノーマルモデルの後ろ姿は大きく変わらないのですが、マフラーカッターのデザインに若干の違いがあります。

■STIスポーツのマフラーカッター

■ノーマルモデルのマフラーカッター

今回新発売された新型レヴォーグ STIスポーツ(LEVORG STI SPORT)は、ノーマルモデルと異なる直径100mmのマフラーカッターを標準装備。このマフラーカッターには、STIスポーツのエンブレムも刻印されているのも、見逃せないポイントの一つなのかなと思いました。

ちなみに、ディーラーさんに教えて貰ったのですが、STIスポーツ(STI SPORT)に採用されている真円タイプのマフラーカッターは、ハンドメイドで仕上げているそうですよ。

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型レヴォーグ STIスポーツ(LEVORG STI SPORT)のD型とノーマルモデルの外装・エクステリアは、このような違いがありました。

かなり違いが多いですよね。

私は2台のモデルを乗り比べさせて貰ったのですが、見た目のデザイン性だけではなく、乗りご持ちも含めてSTIスポーツ(STI SPORT)の方が好みでした。

また、ラグジュアリー感&大人っぽさが漂うSTIスポーツ(STI SPORT)の内装・インテリアも私好みで良かったです。

>> 新型レヴォーグSTIのD型とノーマル車の内装比較【4つの違いを実車画像で比較】

ぜひともSTIスポーツ専用デザインの内装・インテリアも確認をしてみてくださいね。

>>> 新型レヴォーグD型の最新の記事一覧に戻る <<<

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする