新型N-BOXカスタム ターボとノンターボの内装の違いを実車画像で比較

車内の広さが魅力のホンダのスーパーハイト系ワゴンの新型N-BOX(Nボックス)が、2017年7月にフルモデルチェンジをして、2代目がデビューをしましたね。

シーケンシャルターンランプ(流れるウィンカー)など注目の装備を備えているカスタムですが、ターボ車とノンターボ車で外装や内装の機能や装備、デザインに違いがあります。

>>> 新型N-BOXカスタムのターボとノンターボ【外装の違いが違いは、コチラから】

そんな新型N-BOXカスタム(N-BOX Custom)ですが、内装・インテリアでは、どのような違いがあるのでしょうか?また、ノンターボ車とターボ車は、どちらの方がおススメでしょうか?

先日、このカスタムのターボ車とノンターボ車の内装・インテリアを見比べてきたので、この2台のモデルの違いを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型N-BOXのカスタムのターボとノンターボ:内装比較

今回フルモデルチェンジをして新発売されたホンダの新型N-BOXカスタム(N-BOX Custom)のノンターボ車/ノンターボ車のそれぞれの内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

■ノンターボ車の内装・インテリア

■ターボ車の内装・インテリア

どちらのモデルもブラックが基調にしたシックなデザインの内装・インテリアになっています。

ただ、このカスタムの内装・インテリアを見て、少し気になったのは圧迫感。

このカスタムの車内も十分に広いのですが、ブラックは縮小色と言う事もあり、また、このカスタムはルーフまでブラックになっている事もあり、ノーマルモデルよりも車内が一回り小さく感じました。

>>> 新型N-BOXのノーマルモデルの内装・インテリアを確認してみる

このように車内の圧迫感が少し気になった新型N-BOXカスタム(N-BOX Custom)の内装・インテリアですが、ターボ車とノンターボ車でこのような違いがありました。

違い1:ハンドル・ステアリングホイール

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型N-BOX(Nボックス)のカスタムのターボ車とノンターボ車の違いの一つが、ハンドル・ステアリングホイールに採用されている素材です。

ノーマルモデルと同様のノンターボ車では、このようにウレタン素材のハンドル・ステアリングホイールを採用。

■ノンターボ車のハンドル・ステアリングホイール

カスタムの内装・インテリアはスタイリッシュなデザインになっているので、このウレタン製のハンドル・ステアリングホイールは、若干浮いている感じが…。実際に見ると、ちょっともったいないなと、感じました。

一方、カスタムのターボ車では、本革巻きのハンドル・ステアリングホイールを採用。

■ターボ車のハンドル・ステアリングホイール

ブラックの本革とホワイトのステッチのコントラストが良いですよね。

ウレタン製を採用しているカスタムのノンターボ車よりも高級感・上質感のあるハンドル・ステアリングホイールに…。普通乗用車と比較しても遜色ないデザインになっているように感じました。

また、新型N-BOXカスタム(N-BOX Custom)のターボ車のハンドル・ステアリングホイールには、ノーマルモデルと同様にパドルシフトが標準装備されていました。

パドルシフトの有無もターボ車とノンターボ車の大きな違いの一つなのかなと、思いました。

ターボとノンターボの違い2:シートのデザイン

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型N-BOXカスタム(N-BOX Custom)は、どちらもブラックを基調にしたシートを採用しているのですが、シートに使用されている素材が異なります。

こちらは、ノンターボ車のシート。

■新型N-BOX カスタムのノンターボ車のシート

このカスタムのノンターボ車では、シート全体にスエード調のトリコットを採用。

トリコット素材なので見た目の高級感は、ターボ車に劣ります。

ただ、このカスタムのシートに採用されているスエード調のトリコットは、きめ細やかな起毛を採用しているので、サラサラ&しっとり滑らかな肌触りになっているのが、好印象でした。

また、光沢感があり、艶やかなデザインになっているのもオシャレで良いと思いました。

一方、こちらはカスタムのターボ車のシート。

■新型N-BOX カスタムのターボ車のシート

新型N-BOXカスタム(N-BOX Custom)のノンターボ車が全面トリコット素材のシートを採用していたのに対し、上位モデルに位置をするターボ車では、合成皮革(プライムスムース)とスエード調のトリコットのコンビシートを採用。

シートのサイドには、ホワイトのステッチを採用しており、ノンターボ車のシートよりも高級感&スタイリッシュさがアップ。シートのデザインは、コンパクトカーと比較しても遜色ない仕上がりになっているように感じました。

また、このターボ車では、運転席と助手席の間にある大きなアームレストも合成皮革(プライムスムース)になっていました。

■ターボ車のアームレスト

ただ、このアームレストは、汗をかいている状態で腕を置くと、ちょっとベトベトするのが気になりました。

ターボとノンターボの違い3:後部座席

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型N-BOXカスタム(N-BOX Custom)のターボ車とノンターボ車では、後部座席の機能・装備も異なります。

■カスタムのノンターボ車の後部座席

■カスタムのターボ車の後部座席

ターボ車とノンターボ車では、フロントシートと同様に後部座席のシート素材も異なるのですが、ターボ車では、後部座席の中央にプライムスムースのセンターアームレストを標準装備をしています。

■新型N-BOXの後部座席のセンターアームレスト

なので、ノンターボ車よりもターボ車の方が後部座席に座った時の居心地が良くなっています。

この後部座席の使い勝手・快適性も新型N-BOXカスタム(N-BOX Custom)のターボ車の魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型N-BOXカスタム(N-BOX Custom)のターボ車とノンターボ車の内装・インテリアの違いを比較してみたところ、このような違いがありました。

ノンターボ車でも十分に満足できるデザインになっていると思いましたが、本革巻きのハンドルや合成レザーとトリコットのコンビシートを採用しているターボ車の方が、上質感や高級感はワンランク上になっている感じが…。

ターボ車の方が加速力やパワーに余裕がありますし、街乗りだけでなく、高速道路や山道を運転する機会が多い人は、安心感のあるターボ車をメインに考えてみても良いかもしれないなと、思いました。

ちなみに、私はターボ車/ノンターボ車の両方を試乗させて貰ったのですが、ターボ車の方が走りだしの加速に余裕があり、好みでした。

>>> 新型N-BOXの記事一覧に戻る <<<

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする