新型セレナe-POWERの3列目のスライド幅はどのくらい【足元空間は結構変わる?】

電気自動車のような走りが楽しめる”e-POWER”の第二弾新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)が、 2018年3月にデビューをしました。

ホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)やトヨタの新型ヴォクシー(VOXY)などと熾烈なライバル争いをしているこの新型e-POWER(eパワー)。

ただ、3列目シートの座り心地や装備に関しては、USBポートや折り畳みテーブルを備えている新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の方が一歩抜きに出ているのかなと思いました。

>>> 競合車よりも良い!?新型セレナe-POWERの3列目の装備の充実度を徹底チェック

また、今回新発売された日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の3列目シートの注目ポイントの一つが、ミドルクラスのミニバンの中で唯一前後にシートを移動できるスライド機能を備えている事です。

なので、快適性・使い勝手も競合車・ライバル車よりも優れています。

そんな新型e-POWERの3列目シートのスライド幅は、どれくらいだったのか?また、3列目シートを前後にスライドした時の足元空間(ニークリアランス)の広さは、どうだったのか?

今回新発売された新型e-POWER(eパワー)の3列目シートのスライド幅、前後にスライドした時の足元空間(ニークリアランス)を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型セレナe-POWERの3列目シートのスライド幅を徹底チェック

2018年3月にデビューをした日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の3列目シートは、このようなデザインになっています。

■新型セレナe-POWERの3列目シート

今回新発売された新型モデルの3列目シートは3人掛けになっていますが、シートのサイズや中央分割方式になっているデザインを考えると、2人掛けとして考えた方が良いのかなと思いました。

このようなデザインになっている日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の3列目シートですが、このように前後にスライドできるようになっていました。

■新型セレナe-POWERの3列目をスライドした時の様子

このように見ると、3列目シートのスライド幅は意外と大きいですよね。

ディーラーさんに確認して貰ったところ、この新型e-POWER(eパワー)の3列目シートのスライド幅は、このようになっていました。

新型セレナe-POWERの3列目シートのスライド幅…約120mm

このように新型セレナe-POWERの3列目シートは、前後に大きくスライドできる機能が備わっているので、荷物の大きさや量、3列目シートの使用目的などによって、荷室・ラゲッジスペースの奥行きと3列目シートの足元空間の広さを調整でする事が可能です。

>>> 【荷室の広さを確認】新型セレナe-POWERの荷室アレンジ画像インプレ

トヨタの新型ヴォクシー/ノア/エスクァイア、ホンダの新型ステップワゴンなど、3列目シートのスライド機能が備わっていない競合車よりも、この新型e-POWER(eパワー)の3列目シート方が使い勝手は良いように感じました。

新型セレナe-POWERの3列目シートの足元空間の広さはどのくらい変わる?

このように前後に大きくスライドできる日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の3列目シートですが、2列目シートの位置や3列目シートの位置によって足元空間(ニークリアランス)の広さや居住性は、大きく異なります。

例えば、この新型モデルの2列目シートを中間位置くらいに設定すると、3列目シートの足元空間(ニークリアランス)は、このくらい確保でき、何とか座る事ができます。

■2列目シートを中間位置にした時の足元空間の広さ

ただ、2列目シートを一番後ろまでスライドすると、3列目シートの足元空間(ニークリアランス)は、このようにほとんどなくなってしまい座る事ができません。

ちなみに、こちらは、3列目シートを一番後ろにスライドした状態です。
なので、2列目シートを前方にスライドする事はできません。

また、このような状態では、足元空間(ニークリアランス)が狭いため、2列目シートの背もたれに備わっているシートバックテーブルを使う際も窮屈に感じます。

今回私がこの新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の3列目シートに実際に座った感じでは、3列目シートを一番後ろにスライドした状態では、2列目シートを真ん中くらいに設定すると、十分に満足できる足元空間(ニークリアランス)を確保できるのかなと思いました。

また、3列目シートを前方にスライドした状態では、2列目シートの位置を真ん中よりもやや前方に設定すると、2列目シート/3列目シートのどちらに座る人も十分な足元空間を確保でき、長時間ドライブでも快適に過ごせるのかなと思いました。

2018年3月にデビューをした日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の3列目シートのスライド幅を確認したところ、このようになっていました。

3列目シートのスライド幅は意外と大きく、足元空間の広さや荷室・ラゲッジスペースの奥行きを調整できるようになっているので、競合車・ライバル車よりも使い勝手が良いクルマに仕上がっているように感じました。

また、ロングスライドを備えている新型e-POWER(eパワー)の2列目シートを一番後ろに設定すると、3列目シートに座れなくなってしまいますが、中間よりも前に設定すれば、快適に過ごせるだけの足元空間(ニークリアランス)を確保できるのも好印象でした。

【次ページ】>>> スライド幅は大きい!?新型セレナe-POWERの2列目を徹底チェック

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする