競合車よりも良い!?新型セレナe-POWERの3列目の装備の充実度を徹底チェック

2018年3月、日産が発売をしているミドルクラスのミニバン新型セレナから待望のハイブリッド車新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)がデビューをしました。

ミドルクラスの3列目シートと言うと、シートの座面が硬く”補助シート”ようなイメージがありましたが、この新型e-POWERの3列目シートの座面は柔らかめ。

シートサイズも競合車・ライバル車よりも大きく、この新型e-POWER(eパワー)の3列目シートは、競合車・ライバル車よりも居心地の良い空間になっているように感じました。

また、今回新発売された日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の3列目シートを見て、競合車・ライバル車よりも良いと思った事は、快適に過ごせる装備や機能が充実しているところです。

新型ステップワゴンやヴォクシーの3列目シートには用意されていない機能や装備もこの新型e-POWER(eパワー)には用意されており、快適性では、群を抜いているように感じました。

今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の3列目シートには、どのような機能や装備が備わっていたのでしょうか?また、使い勝手は、どうだったのでしょうか?

2018年3月にデビューをした新型e-POWER(eパワー)の3列目シート周りの装備や機能の充実度を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型セレナe-POWERの3列目シート周りの装備&機能を徹底チェック

2018年3月にデビューをした日産の人気ミニバン新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の3列目シートは、このようなデザインになっています。

■新型セレナe-POWERの3列目シート

この新型e-POWER(eパワー)の2列目シートは、ガソリン車/マイルドハイブリッド車と異なる専用デザインの独立キャプテンシートを採用しており、全く異なる座り心地に…。

ただ、3列目シートに関しては、e-POWER(eパワー)とガソリン車/マイルドハイブリッド車で全く同じデザインになっていました。

■ガソリン車/マイルドハイブリッド車の3列目シート

なので、今回新発売された新型e-POWER(eパワー)にも、ガソリン車/マイルドハイブリッド車と同様に後部座席のスライド機能などがしっかりと装備されています。

また、今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の3列目シートでは、次のような装備や機能が備わっており、競合車・ライバル車よりも快適に過ごせるようなっていました。

3列目シートの注目の装備1:折り畳みテーブル

今回新発売された日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の3列目シート周りの注目の装備の一つは、2列目のシートバックに備わったドリンクホルダー付きの折り畳み式のテーブルです。

■3列目シート用の折り畳みテーブル

この3列目のシートバックテーブルのサイズ自体は、2列目シートに備わっており折り畳みテーブルよりもコンパクトなデザインになっています。

■2列目シート用の折り畳みテーブル

ただ、3列目シートにこのような折り畳みテーブルが用意されているのは、かなり嬉しいですよね。

また、このシートバックテーブルですが、実際に使ってみると、思ったよりも使い勝手が良いです。

先ほども申し上げた通り、テーブルのサイズ自体はそれ程大きく無いのですが、むしろこのくらいのサイズの方がスペースの狭い3列目シート周りにピッタリな感じがしました。

ちなみに、競合車・ライバル車のホンダの新型ステップワゴンやトヨタの新型ヴォクシー/ノア/エスクァイアの3列目シートには、このようなテーブルは用意されていません。

実際に使ってみると、使い勝手で少々気になる部分もありましたが、この3列目シート用のシートバックテーブルは、競合車・ライバル車には無い新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の良いところなのかなと思いました。

3列目の注目の装備2:USBソケット

また、今回新発売された日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の3列目シート周りの注目の装備の一つが、USBポートです。
この新型e-POWERの3列目シートでは、左右の壁面に1つずつ、合計2個のUSBポートが用意されています。

■新型セレナe-POWERのUSBポート

これは嬉しいですよね。

なので、3列目シートに座った人も乗車中にお手持ちのスマホや携帯ゲーム、タブレット端末の充電をする事ができちゃいます。

実際にUSBポートとスマホ(iPhone)を繋いでみると、このような感じ。

このようにドリンクホルダー部分にスマホ(iPhone)を置いておけるので、とても便利です。また、長いUSBケーブルを使用すれば、シートバックテーブルの上にも置いておけると思います。

今やクルマには必須の装備になっているUSBポートですが、3列目シートにもしっかりと用意されているのは、新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)のスゴイところだなと思いました。

3列目の注目の装備3:収納スペース

日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の3列目シートの横には、収納スペースとしても使用する事ができるドリンクホルダーが2個用意されています。

■新型セレナe-POWERのドリンクホルダー

この新型モデルのドリンクホルダーは、メガネのように中央部分が繋がっているデザインになっているため、スマホやiPhoneなどを収納しておくのにもピッタリです。

この新型セレナe-POWERの3列目シートには、このドリンクホルダー以外の収納スペースを備えていません。ただ、このクルマの3列目は、シートバックテーブルを備えているので、よほど大きい物でなければ、収納スペース・小物入れで困る心配はないのかなと思いました。

3列目の注目の装備4:スライドドア開閉スイッチ

今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の3列目シートの助手席側(左側)の壁面には、スライドドアを開閉するためのスイッチが…。

■3列目シート横に用意されているスライドドア開閉スイッチ

また、3列目シートの足元には、2列目を前方にスライド&背もたれを前倒しするペダルも備わっており、3列目シートからスムーズに降りる事が可能です。

この乗り降りのしやすさもこの新型e-POWERの見逃せないポイントの一つなのかなと思いました。

2018年3月にデビューをした日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の3列目シートを確認したところ、このように機能の装備の充実度が際立っていました。

また、競合車・ライバル車の3列目シートは、あくまで乗車人数が増えた時に使用をする”補助的”な役割なのですが、この新型e-POWERの3列目シートは、補助的な役割よりも普段から使用する事を考慮して作らられた快適性追求したシートになっていると感じました。

競合車・ライバル車にも様々なメリット&魅力がありますが、3列目シートの装備に関しては、新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の方が格段に良いです。

もしこれからこの新型モデルを見に行くのなら、ぜひとも3列目シートの機能や装備にも注目をしてみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする