【ガソリン車と違いはある?】新型セレナe-POWERの荷室と比較

電気自動車のようなスムーズな走りと使い勝手の良さが魅力の日産のミドルクラスミニバン新型セレナe-POWERが、2018年3月にデビューをしました。

今回新発売された新型モデルは、2列目シートに左右が独立したキャプテンシートを採用するなど、ガソリン車とは異なるデザインに…。また、ブルーの加飾が施されたメーターもe-POWERらしくて良いと思いました。

>>> 【様々な専用装備が…】新型セレナe-POWERの内装の実車画像レビュー

このように内装・インテリアのデザインや装備が異なる新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)と既存のガソリン車(マイルドハイブリッド車)ですが、荷室・ラゲッジスペースのデザインや使い勝手に違いは、あるのでしょうか?

今回新発売されたe-POWER(eパワー)とガソリン車では、荷室・ラゲッジルームに違いがあるのか確認してみたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

【違いはあった?】新型セレナe-POWERとガソリン車の荷室を比較

結論から申し上げまして、2018年3月にデビューをした新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)と既存のガソリン車(マイルドハイブリッド車)の荷室・ラゲッジスペースの基本的なデザインや使い勝手に違いは、ありません。

日産の新型セレナ(SERENA)の荷室・ラゲッジスペースの注目ポイントの一つは、テールゲートの上半分のみを開閉できるデュアルバックドア(ハーフバックドア)ですが、今回新発売されたe-POWER(eパワー)にもしっかりと採用。

e-POWER(eパワー)とガソリン車(マイルドハイブリッド車)で荷室・ラゲッジルームの開閉方法・荷室開口部のサイズに違いはありませんでした。

■e-POWERの荷室開口部

■ガソリン車の荷室開口部

新型セレナ(SERENA)に搭載されている”デュアルバックドア”は、開口部の位置が高く、少々荷物が取りだしにいくいと言う欠点・デメリットもあります。

しかし、デュアルバックドアは後ろの張り出しは短いため、駐車スペースの後方に余裕がない時などに重宝するのかなと思いました。

荷室の使い勝手の違いを確認してみたところ…

また、今回新発売された日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)とガソリン車(マイルドハイブリッド車)では、荷室・ラゲッジスペースの使い勝手ほとんども同じになっています。

例えば、どちらのモデルも、3列目シートにスライド機能が用意されているため、荷物の大きさや3列目シートの乗車状況に応じて、荷室・ラゲッジスペースの奥行きを調整する事が可能です。

■e-POWERの3列目シート使用時の荷室

■ガソリン車の3列目シート使用時の荷室

また、3列目シートを収納した時の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)とガソリン車(マイルドハイブリッド車)の荷室・ラゲッジスペースの使い勝手・広さ(サイズ)も基本的には同じになっています。

■e-POWERの3列目シート収納時の荷室・ラゲッジスペース

■ガソリン車の3列目シート収納時の荷室・ラゲッジスペース

どちらも十分な広さになっていますよね。

また、今回新発売されたe-POWER(eパワー)の荷室フロアの高さもガソリン車(マイルドハイブリッド車)と同じになっており、荷物を積み落としがしやすいデザインになっているのも好印象でした。

e-POWERとガソリン車の荷室の使い勝手に違いを感じたのは…

ただ、今回新発売された日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)とガソリン車(マイルドハイブリッド車)では、2列目シートの作りが異なるため、使い勝手に若干の違いがあるように感じました。

私がこの2台のモデルの荷室・ラゲッジスペースを比較して、違いを感じたのは、2列目を左右にスライドした時のシートの間のスペースの広さです。

この2台のモデルを2列目シートを左右にスライドした時、独立したキャプテンシートを採用しているe-POWER(eパワー)よりも、スマートマルチセンターシートを2列目シートにセットできるガソリン車の方が2列目シートの間のスペースが広い感じが…。

実際に見比べてみると、ほんの僅かな差しかないのですが、2列目シートを左右にスライドした時、シート間のスペースが広いガソリン車(マイルドハイブリッド車)の方が、スキー板やサーフィンボードなど長尺物を積み込むには、便利なのかなと思いました。

床下収納(サブトランク)の広さ・使い勝手に違いは?

一方、今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)にも、ガソリン車と同様に床下収納(サブトランク)が用意されていますが、広さ・使い勝手に違いはあるのでしょうか?

実際にこの2台のモデルの床下収納(サブトランク)を比較してみたところ、このようになっていました。

■e-POWERの床下収納(サブトランク)

■ガソリン車の床下収納(サブトランク)

ご覧いただければ分かると思いますが、今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の床下収納は、ガソリン車(マイルドハイブリッド車)と同じ広さを確保。

トヨタから発売されている新型ヴォクシー(VOXY)のように、競合車・ライバル車のハイブリッド車の中には、床下収納(サブトランク)に補助バッテリーを搭載しているクルマもあります。

その事を考えると、今回新発売されたe-POWER(eパワー)に採用されている床下収納(サブトランク)は、ハイブリッド車の中で比較的使い勝手は良い方なのかなと思いました。

2018年12月にデビューをした日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)と既存モデルでもあるガソリン車(マイルドハイブリッド車)の荷室・ラゲッジスペースを比較してみたところ、このようになっていました。

e-POWER(eパワー)とガソリン車(マイルドハイブリッド車)では、2列目シートのデザインが異なるため、3列目シートを収納した時の荷室・ラゲッジスペースの使い勝手に若干の違いがあります。

ただ、今回新発売されたe-POWER(eパワー)は、十分に満足できる荷室アレンジと広さを備えているように感じました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする