新型セレナe-POWERの後方の視界インプレ【試乗でメリット&デメリットとは?】

2018年3月、モーター駆動ならではのレスポンスの良さが魅力の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)が、日産からデビューをしました。

今回日産からデビューをした新型e-POWERは、ミニバンらしく着座位置の高さを活かした見晴らしの良さや運転のしやすさが魅力なのですが、見切りの悪さなど若干気になる点も…。

>>> 前方の視界は良く、運転しやすかった?新型セレナe-POWERの試乗インプレ

また、新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)を試乗をしていて、後方の視界も気になるところがありました。

今回新発売された新型e-POWER(eパワー)の後方の視界は、どのような感じだったのでしょうか?また、私が実際に試乗をして、気になった事は、何だったのでしょうか?

2018年3月にデビューをした新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の後方&斜め後方の視界について確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型セレナe-POWERの後方の視界をチェック

2018年3月にデビューをした新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)ですが、運転席からの後方の視界を確認してみたところ、このようになっています。

■新型セレナe-POWERの後方の視界

個人的には、もう少し横幅が広い方が良かったですが、この新型e-POWERのリアガラスは十分満足できるサイズに…。

実際に新型モデルを試乗した際、、バックミラー越しに何度も後方を確認しましたが、このように3列目シートを使用していない状態では、「後方の視界が悪い。」「後続車を確認しにくい。」と感じるシーンは一度もありませんでした。

ちなみに、競合車の一つでもあるホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)は、縦にも横にも開閉できる荷室”わくわくゲート”を採用していた事もあり、リアガラスを貫くように縦のラインが入っています。

■新型ステップワゴンの後方の視界

新型ステップワゴンの場合は、リアガラスを貫くように入っている縦のラインが後方の視界を妨げているように感じたのですが、今回新発売されたこの新型e-POWER(eパワー)の後方のガラスには、スッキリとしたデザインに…。

■新型セレナe-POWERのリアガラス

このようなリアガラスのデザインの違いもあり、個人的には、この新型e-POWERの後方(真後ろ)の視界は、競合車・ライバル車よりも良いように感じました。

後方の視界でちょっと気になったのは…

ただ、今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の後方の視界で少し気になった事も…。

それは、3列目シートの中央にヘッドレストを装着した時です。

今回新発売された新型e-POWERに用意されている3列目シートのヘッドレストは、このように大きなサイズになっています。

■新型e-POWERの3列目シートのヘッドレスト

そして、3列目シートの中央にヘッドレストを使用すると、このようにリヤガラスを大きく覆ってしまいます。

■ヘッドレスト使用時の後方の視界

また、この状態でルームミラー越しに後方を確認してみると、このような感じに…。

3列目シート中央部分のヘッドレストを使用すると、リアガラスの中央部分の視界がだいぶ遮られますよね。

また、新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の3列目シートに乗車している人がいる場合、荷室・ラゲッジスペースに多くの荷物を積みこんでいる場合も後方の視界が悪化します。

このようなケースの場合、直接後方を確認するのではなく、後方のカメラの映像をルームミラーに映し出すインテリジェントルームミラーを使用した方が良いのかなと、個人的には思いました。

■新型セレナe-POWERのルームミラー

新型セレナe-POWERの斜め後方の視界の良さをチェック

このように真後ろの視界はとても良かった新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)ですが、斜め後方の視界も十分に満足できるレベルになっているように感じました。

私がこの新型e-POWER(eパワー)の斜め後方の視界性で良いと思ったのが、3列目シートを収納した時でもしっかりと視界を確保されていた事です。

この新型e-POWER(eパワー)では、このように3列目シートの収納位置が低くなっています。

■新型セレナe-POWERの3列目シート収納時の様子

なので、3列目シートを収納した時でも、斜め後方の視界が確保されているので、後方の確認がとてもラクです。

ちなみに、今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)と同じ3列目シートの収納方式を採用しているトヨタの新型ヴォクシー(VOXY)では、シートを収納すると、このようにサイドウィンドウをスッポリと覆ってしまいます。

■新型ヴォクシーの3列目シート収納時の斜め後方の視界

新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)と新型ヴォクシー(VOXY)を見比べると、3列目シートを収納した時の斜め後方の視界性が全く異なりますよね。

今回新発売された新型e-POWER(eパワー)は、3列目シートの収納位置が低いため、収納時は、荷室・ラゲッジスペースの横幅が狭くなってしまうと言う欠点・デメリットがあります。

ただ、3列目シートを収納した時の斜め後方の視界性だけを考えると、新型ヴォクシーよりもこの新型e-POWERの方が良いように感じました。

2018年3月にデビューをした新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の後方&斜め後方の視界を確認したところ、このようになっていました。

3列目シートの中央のヘッドレストを使用した時の視界など、若干気になるところはあったものの、個人的には、十分に満足できるレベルになっているような感じが…。

また、3列目シートを収納した時でも斜め後方の視界をしっかりと確保しているのも、とても良いと思いました。

今回新発売された新型e-POWER(eパワー)は、メーカーオプションでインテリジェントルームミラーも用意していますし、個人的には、後方の視界が悪いと感じるシーンは、それ程多く無いのかなと思いました。

>>> 新型セレナe-POWERのインテリジェントルームミラー【視認性&使い勝手インプレ】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする