新型リーフの純正ナビ画像レビュー【EV車ならではの機能が充実】

日産のコンパクトサイズの電気自動車新型リーフ(LEAF)が、2017年10月にフルモデルチェンジをして、デビューをしました。

先代モデルは、未来感や先進性を強調したユニークなデザインでしたが、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型モデルは、良い意味でオーソドックスなデザインに…。
また、収納スペースの少なさは若干気になったものの、内装・インテリアも先代モデルよりも格段に使い勝手が良くなっているように感じました。

>>> 使い勝手が良くなった新型リーフの内装を実車画像で確認したい方は、コチラ

このように使い勝手の良さが魅力の新型リーフ(LEAF)の内装・インテリアですが、中間モデルのXグレードと最上位モデルのGグレードでは、純正のナビ(日産コネクトナビゲーションシステム)が標準装備されています。

先日、この新型モデルの純正ナビを確認したところ、EV車ならではの機能が充実しているように感じました。

今回フルモデルチェンジをして新発売された日産の新型リーフ(LEAF)の純正ナビには、どのような機能が備わっていたのか?また、画面サイズなど使い勝手はどうだったのか?

この新型モデルの上位モデルに標準装備されている純正ナビ(日産コネクトナビゲーションシステム)を徹底的にレビューしたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型リーフの純正ナビ画像レビュー

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型リーフ(LEAF)の内装・インパネは、このようなデザインになっています。

■新型リーフのインパネ

そして、インパネ中央上段に配置されているのが、純正のナビ(日産コネクトナビゲーションシステム)です。

■新型リーフの純正ナビ

この純正ナビは、ピアノブラック調の光沢感のあるパネル&メッキで縁取られているので、見た目のインパクトは十分です。

また、画面のサイドに配置されている各スイッチ類が置きくなっており、操作がしやすいデザインになっているのも良いと思いました。

純正ナビの画面サイズはどのくらい?

このようなデザインになっている日産の新型リーフ(LEAF)の純正ナビですが、画面サイズはどのくらいなのでしょうか?

試乗をした時にディーラーさんに確認したところ、この新型モデルに装着される純正ナビ(日産コネクトナビゲーションシステム)の画面サイズは、7インチとの事。

ナビが配置されている位置も高いため視認性もそれ程悪くないのですが、若干画面サイズが小さい感じが…。

日産の新型リーフ(LEAF)の純正ナビは、ルート確認だけではなく、車庫入れや縦列駐車をほぼ全自動で行ってくれる”プロパイロット パーキング”の設定時にも使用します。

その事を考えると、個人的にはもう一回りナビの画面サイズを大きくしても良かったのかなと、思いました。

>>> 新型リーフの新機能プロパイロット パーキングを試乗した感想は、コチラから

機能が充実しているのも魅力の一つ

今回フルモデルチェンジをして新発売をした日産の新型リーフ(LEAF)のXグレードやGグレードに標準装備をしている純正ナビ(日産コネクトナビゲーションシステム)の魅力の一つは、機能や装備が充実している事です。

例えば、この新型モデルに標準装備されている純正ナビは、ボイスコマンドやBluetooth機能だけではなく、Apple CarPlayにも対応しています。

最近、徐々にApple CarPlayに対応しているクルマが増えてきましたが、新型リーフ(LEAF)もしっかりと対応しているのは、嬉しいですよね。

また、この純正ナビは、駐車・バックをする時に上から見下ろすような真上からの俯瞰したような視点映像のアラウンドビューモニターも映し出してくれます。

■新型リーフのアラウンドビューモニター

しかも、この新型リーフ(LEAF)のアラウンドビューモニターは、他の日産車よりも視認性が良くなった印象が…。

>>> 【他の日産車との違いとは?】新型リーフのアラウンドビューモニター画像レビュー

この性能が良くなったアラウンドビューモニターは、この新型モデルの魅力&メリットの一つかなと思いました。

また、日産の新型リーフ(LEAF)のナビを確認していて面白いと思ったのが、空調パネルを操作した時です。

通常、空調パネルを操作すると、温度や風量が空調パネル専用の液晶ディスプレイに表示されます。しかし、今回フルモデルチェンジをして新発売された日産の新型リーフ(LEAF)は、空調パネル専用の液晶ディスプレイが用意されていません。

■新型リーフの空調パネル

その代わりに、このクルマでは、空調パネルを操作すると、温度や風量など設定状況がナビ画面に表示されます。

このような仕組みは、ちょっと珍しいですよね。

ただ、サイズが小さい液晶ディスプレイに表示されるよりも、ナビの大画面に表示される方が視認性が良く、確認がしやすいよいので、個人的には好印象でした。

EV車ならではの表示画面も…

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型リーフ(LEAF)は、先代モデルと同様に電気自動車ならではの画面も表示しています。

例えば、この新型モデルのナビは、航続可能距離も表示してくれる電力消費計を用意しています。

電気自動車の一番のネックは、航続可能距離の短さなので、エアコン動作時の航続可能距離などを正確に計算して表示しれくれるのは、凄く助かりますよね。

また、日産の新型リーフ(LEAF)のナビは、充電スポットを検索や、現在の電力量でどこまで行けるか表示してくれる到達予想エリアも表示してくれます。

このように電気自動車ならではの情報を表示してくれるのも、純正ナビの特徴の一つなのかなと、思いました。

今回フルモデルチェンジをして新発売された日産の新型リーフの純正ナビ(日産コネクトナビゲーションシステム)のデザインや使い勝手は、このようになっていました。

画面サイズが小ささは少々残念でしたが、使い勝手の良さや電気自動車ならではの情報を用意してくれる情報量の多さは、この純正ナビのメリットの一つなのかなと思いました。

また、何よりXグレードやGグレードでは純正のナビが標準装備されているので、余計な費用がかからないのも良いと思いました。

>>> 日産 新型リーフの見積もりを大公開【乗り出し価格は、どれくらいだった?】

もしこれからこの新型モデルの試乗に行かれる方は、是非とも専用のデザインになっている純正ナビ(日産コネクトナビゲーションシステム)の使い勝手や操作性、視認性をしっかりと確認してみてくださいね。

>>> 日産 新型リーフの記事一覧に戻る <<<

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする