ラゲッジは競合車よりも広い?新型N-BOXの荷室サイズを確認してみた

ホンダの人気軽自動車の新型N-BOX(Nボックス)が、2017年8月に初のフルモデルチェンジを行い、2代目が新発売されましたね。

今回新発売されたこの2代目モデルは、外装や内装のデザインや機能が大幅に進化。

軽自動車に初搭載された流れるウィンカー(シーケンシャルターンライト)や助手席のスーパースライド機能など、軽自動車の中でトップクラスの機能や装備を備えていると思いました。

>>> 新型N-BOXの内装レビュー【使い勝手が良くなったインテリアの注目ポイントは?】

また、今回フルモデルチェンジをして新発売されたホンダの新型N-BOX(Nボックス)は、荷室・ラゲッジスペースも注目ポイントの一つです。

この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースは、先代モデルよりもフロア位置が低くなり、使い勝手が格段に良くなりました。また、先代より広くなり、積載量も格段にアップしました。

そんな新型N-BOX(Nボックス)の荷室・ラゲッジスペースは、どのくらいのサイズなのでしょうか?また、この新型モデルの荷室寸法は、競合車・ライバル車よりも優れているのでしょうか?

先日、この新型モデルの荷室サイズを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型N-BOXの荷室サイズはどのくらい?

今回フルモデルチェンジをして新発売されたホンダの新型N-BOX(Nボックス)の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

やはり開口部の広さは、魅力的ですよね。

また、この新型モデルでは、後部座席のスライド機能が搭載されているので、荷物の大きさなどによって、荷室・ラゲッジスペースの奥行きを調整する事が可能です。

後部座席のスライドする作業は荷室・ラゲッジスペース側から行えるのもこのクルマの良いところだと思いました。

>>> スライドした時の広さなど新型N-BOXの荷室アレンジの様子は、コチラから

このような広さになっていた後部座席を使用時の新型N-BOX(Nボックス)の荷室・ラゲッジスペースですが、サイズ・寸法を確認したところ、次のようになっていました。

■新型N-BOXの荷室サイズ (後部座席を使用時)
荷室長:約 435mm ~ 約625mm
荷室幅:約 910mm
荷室高:約1,165mm

後部座席を一番前にスライドした時の荷室の奥行き(荷室長)は、約625mm。

この新型N-BOX(Nボックス)の後部座席を一番前にスライドすれば、十分な広さを確保できるので、家族旅行など荷物が多くなるシーンでも十分に活躍をするのかなと思いました。

後部座席を収納した時に荷室サイズは…

また、今回フルモデルチェンジをして新発売されたホンダの新型N-BOX(Nボックス)の荷室・ラゲッジスペースは、後部座席を収納して、広い荷室・ラゲッジスペースを作り出す事ができます。

後部座席を収納した時の荷室・ラゲッジスペースは、このような感じ。

かなり広くなりましたね。

また、大きな段差ができないように荷室と背もたれの境目にはスロープが搭載されており、荷物の積み降ろしの妨げにならないように工夫が施されているのも好印象でした。

このようなデザインになっている新型N-BOX(Nボックス)の荷室・ラゲッジすスペースですが、後部座席を収納した時の荷室寸法は、このようになっていました。

■新型N-BOXの荷室サイズ (後部座席を収納時)
荷室長:約1,440mm
荷室幅:約 910mm
荷室高:約1,165mm

後部座席を収納した時の荷室の奥行き・長さは、約1,440mm。
車中泊をするにはひと工夫必要ですが、荷物を積みこむには十分な広さを確保しています。

また、このクルマの後部座席は5対5分割方式を採用しており、左右それぞれ独立して、背もたれを収納できるのも新型N-BOX(Nボックス)の魅力の一つなのかなと、思いました。

新型N-BOXは競合車よりも荷室が広い?

このような荷室サイズになっているホンダの2代目新型N-BOX(Nボックス)ですが、ダイハツのタント(TANTO)など他のメーカーのスーパーハイト系ワゴンと比較すると、どうなのでしょうか?

今回フルモデルチェンジをして新発売されたこの新型モデルと競合車・ライバル車の荷室寸法を比較してみました。

■新型N-BOXと競合車の荷室サイズ比較
・ホンダ 新型N-BOX
荷室長:約 435mm ~ 約1,440mm
荷室幅:約 910mm
荷室高:約1,165mm
・ダイハツ タント(TANTO)
荷室長:約 300mm ~ 約1,400mm
荷室幅:約 960mm
荷室高:約1,050mm
・スズキ スぺーシア(SPACIA)
荷室長:約 330mm ~ 約1,400mm
荷室幅:約 890mm
荷室高:約1,100mm
・日産 デイズ ルークス(DAYZ ROOX)
荷室長:約 250mm ~ 約1,320mm
荷室幅:約 950mm
荷室高:約1,100mm

この4台の荷室・ラゲッジスペースのサイズを確認してみたところ、競合車・ライバル車よりも新型N-BOX(Nボックス)の方が荷室幅は狭くなっています。

ただ、荷室高・荷室長は、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型N-BOX(Nボックス)が、4台のモデルの中で特に広い結果に…。特に低床化によって生み出された荷室の高さは、競合車には無いこの新型モデルの魅力の一つなのかなと思いました。

また、後部座席をスライドするためのストラップが荷室フロアに埋め込まれていて、荷物の積みこみの邪魔にならない工夫が施されているのも、好印象でした。

今回フルモデルチェンジをして新発売されたホンダの人気スーパーハイト系ワゴンの新型N-BOX(Nボックス)の荷室サイズを確認してみたところ、このようになっていました。

このクルマの荷室は競合車・ライバル車と比較しても十分なサイズを確保していますよね。

また、積みこみがしやすいように、この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースには、様々な工夫が施されています。

低く設定されたフロアや広さ、使い勝手など、個人的には競合車・ライバル車の中で、この新型N-BOX(Nボックス)の荷室・ラゲッジスペースが一番良いと思いました。

>>> 新型N-BOXの記事一覧に戻る <<<

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする