新型Nボックス カッパーブラウンの3つの専用装備とは?【ノーマル車と外装比較】

2018年11月、ホンダの人気軽自動車新型N-BOX(Nボックス)に新たな特別仕様車”カッパーブラウンスタイル”が追加されました。

先日、今回新発売されたこの特別仕様車を見に行ってきたのですが、外装や内装に施されているブラウンのおかげで、ベースとなっているノーマル車よりも大人っぽい雰囲気に…。上質感漂うオシャレなデザインになっていました。

>>> 新型Nボックス特別仕様車2018の外装はオシャレ!?【実車画像で魅力を徹底解剖】

そんな新型Nボックス(N-BOX)の特別仕様車”カッパーブラウンスタイル”の外装・エクステリアには、どのような専用装備が用意されていたのでしょうか?また、ベースとなっているノーマル車とは、どこが違ったのでしょうか?

今回新たにラインナップされた特別仕様車”カッパーブラウンスタイル”の外装・エクステリアのみに用意されている専用装備(特別装備)を紹介したいと思います。また、ノーマルモデルとの違いを実車画像を使って、紹介します。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型Nボックス 特別仕様車”カッパーブラウンスタイル”の外装:ノーマル車との違いとは?

2018年11月にデビューをした新型Nボックス(N-BOX)の特別仕様車”カッパーブラウンスタイル”と、そのベースになっているノーマル車の外装・エクステリアは、それぞれこのようなデザインになっています。

■新型Nボックス カッパーブラウンスタイルの外装

■ベースになっているノーマル車の外装

クリクリとした丸いヘッドライトなど、基本的なデザインは、特別仕様車”カッパーブラウンスタイル”とノーマルモデルで同じになっています。

ただ、今回新たに仲間に加わった新型Nボックス(N-BOX)の特別仕様車”カッパーブラウンスタイル”の外装・エクステリアには、様々な専用装備を採用しています。そのおかげで、ノーマルモデルよりも上質感が増しているように感じました。

そんな特別仕様車”カッパーブラウンスタイル”の外装・エクステリアのみに用意されている専用装備を確認してきたので、紹介したいと思います。

専用装備1:サイドミラー&ルーフのカラー

2018年11月にデビューをした新型Nボックス(N-BOX)の特別仕様車”カッパーブラウンスタイル”の専用装備の一つが、このモデルの特徴でもある”カッパーブラウンカラー”をしたサイドミラーやルーフです。

ベースとなっているノーマルモデルのサイドミラーは、基本的にはボディカラーと同じカラーなっていましたが、今回新しく登場した特別仕様車”カッパーブラウンスタイル”のサイドミラーは、このモデルのアイデンティティであるカッパーブラウンカラーに…。

■新型Nボックス カッパーブラウンスタイルのサイドミラー&ルーフ

■新型Nボックス ノーマルモデルのサイドミラー&ルーフ

このカッパーブラウンカラーを施したサイドミラーやルーフが、ノーマルモデルには無い大人っぽさと上質さを上手に演出してるように感じました。

ちなみに、アッパーブラウンカラーのサイドミラーやルーフを採用しているのは、この特別仕様車だけなので、サイドミラーを見ると、特別仕様車かノーマル車か簡単に見分ける事ができますよ。

また、今回新しく発売された新型Nボックス(N-BOX)の特別仕様車”カッパーブラウンスタイル”のボディカラーは、”プラチナホワイトパール×カッパー”と”クリスタルブラックパール×カッパー”の2種類を用意しています。

■新型Nボックス プラチナホワイトパール×カッパー

■新型Nボックス クリスタルブラックパール×カッパー

ただ、個人的には、”プラチナホワイトパール×カッパー”の方が上質感があって、良いように感じました。

専用装備2:アウトドアハンドル

また、アウトドアハンドルも、新型Nボックス(N-BOX)の特別仕様車”カッパーブラウンスタイル”も専用装備となっています。

■新型Nボックス カッパーブラウンのアウトドアハンドル

■新型Nボックス ノーマルモデルのアウトドアハンドル

ご覧いただければ分かると思いますが、ノーマルモデルのアウトドアハンドルは、ボディと同じカラーになっているのに対し、この特別仕様車”カッパーブラウンスタイル”では、高級感のあるクロームメッキ調のアウトドアハンドルが標準装備となっています。

やはりアウトドアハンドルのカラーによって、クルマのサイドビューの印象が全く違いますね。

ボディカラーと同色のアウトドアハンドルを採用しているノーマル車は、特別仕様車”カッパーブラウンスタイル”と比較すると、高級感・上質感と言う点でワンランク劣る感じが…。

個人的には、クロームメッキ調のアウトドアハンドがワンポイントアクセントになっている特別仕様車”カッパーブラウンスタイル”のアウトドアハンドルの方が、高級感があって良いように感じました。

また、オシャレさを追求した新型Nボックス(N-BOX)の特別仕様車”カッパーブラウンスタイル”の雰囲気にマッチしているように感じました。

専用装備3:タイヤ&ホイール

タイヤ&ホイールのデザインも、新型Nボックス(N-BOX)の特別仕様車”カッパーブラウンスタイル”の注目の装備・アイテムの一つです。

ノーマルモデルでは、一般的なスチールホイール(鉄チン)にシルバーのホイールキャップでカバーをしたデザインになっているのに対し、今回、新しくデビューをした特別仕様車”カッパーブラウンスタイル”は、ホワイトのホイールキャップを被せたデザインに…。

■新型Nボックス ノーマルモデルのタイヤ&ホイール

■新型Nボックス カッパーブラウンスタイルのタイヤ&ホイール

ノーマルモデルのホイールは可もなく不可もなくと言った感じのオーソドックスなホイールになっているのですが、特別仕様車”カッパーブラウンスタイル”のホイールは、レトロっぽいデザインに…。

また、特別仕様車”カッパーブラウンスタイル”のホイールは、中央部分がカッパーブラウンカラーになっているのもオシャレで良いと思いました。

ちなみに、ノーマルモデルと特別仕様車”カッパーブラウンスタイル”どちらもタイヤサイズは14インチとなっており、違いはありません。

また、装着しているタイヤを確認してみたところ、どちらのモデルもダンロップの低燃費タイヤ”エナセーブ EC300(ENASAVE EC300)”となっておりました。

見た目の印象は、新型Nボックス(N-BOX)の特別仕様車”カッパーブラウンスタイル”の方が高級感・上質感がありますが、走りや乗り心地、静寂性に関しては、この2台のモデルで特に違いはありませんよ。

>>> 【運転中にパワー不足は感じた?】新型N-BOXのパワー&加速力インプレ

2018年11月にデビューをした新型Nボックス(N-BOX)のノーマルモデルをベースにした特別仕様車”カッパーブラウンスタイル”の外装・エクステリアは、このようなデザインになっていました。

今回新発売された新型モデルの特別仕様車”カッパーブラウンスタイル”は、ルーフやサイドミラーが専用カラーになっているだけではなく、アウトドアハンドルやホイールも専用のデザインに…。

そのおかげもあり、ノーマルモデルとは趣(おもむき)が異なる高級感・上質感溢れる外装・エクステリアになっていました。

内装・インテリアも高級感・上質感あふれるデザインになっていますし、「せっかくクルマを購入するのなら、オシャレなクルマに乗りたい。」と思っている方には、ピッタリなモデルなのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする