新型セレナe-POWERのスライドドアを足で開け閉め【使い勝手で気になる事も…】

2018年3月、100%モーター駆動をするハイブリッド車新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)が、日産から新発売されました。

今回新発売された新型e-POWER(eパワー)は、ガソリン車/マイルドハイブリッド車と全く異なる乗り心地になっています。

>>> 乗り心地はガソリン車と全然違う!?新型セレナe-POWERの試乗インプレッション

ただ、手を使う事無く、足の動作でスライドドアを開け閉めする事ができる”ハンズフリーオートスライドドア”や”プロパイロット機能”を用意するなど、使い勝手の良さはそのままになっていました。

先日、そんな新型e-POWERの上位モデル”ハイウェイスター(Highway Star)”に用意されている注目の機能の一つ”ハンズフリーオートスライド”の使い勝手を確かめてきたのですが、実際に使ってみると、ちょっと気になる事が…。

今回新発売されたこの新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)に用意されている”ハンズフリーオートスライドドア”の使い勝手は、どうだったのか?また、実際に足を使って開け閉めをした際に気になった事は、何だったのか?

2018年3月にデビューをした新型e-POWER(eパワー)に用意されている注目の機能の一つ”ハンズフリーオートスライドドア”の使い勝手を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型セレナe-POWERのハンズフリーオートスライドドアの使い勝手レビュー

2018年3月にデビューをした新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の上位モデル”ハイウェイスター”に標準装備されている”ハンズフリーオートスライドドア”は、サイドシルプロテクターの側面と下部に設置されたセンサーが足の動きを検知すると、自動的にドアの開閉をする機能の事です。

スマートキーを携帯した状態で、キックをするように足をスライドドアの下に入れてサッと引くだけで、スライドドアが自動的に開閉するので、まさに”ハンズフリー”と呼ぶのに相応しい機能だと思いました。

また、小さいお子さんを抱っこしていたり、両手いっぱいに荷物を抱えている時など、両手がふさがっている時には、とても重宝する機能だなと思いました。

一見すると、とても使い勝手がよさそうなこの新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の”ハンズフリーオートスライドドア”ですが、試乗をした際に試しに使ってみたところ、操作性や使い勝手で若干気になるところがありました。

ハンズフリーオートスライドの不満1:センサーの検知範囲

今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の上位モデル”ハイウェイスター”に標準装備されている”ハンズフリーオートスライドドア”の欠点・デメリットの一つが、検知範囲の狭さです。

ディーラーさんから、「スライドドアの下の当たりにセンサーが付いているので、足をサッと出し入れをしてください。」と、言われて、試してみたところ、何度足を出し入れしても、スライドドアが一向に開かない…。

どうやらこの新型e-POWER(eパワー)に備わっているこの”ハンズフリーオートスライドドア”のセンサーは検知できる範囲が狭いようです。なので、足の出し入れは、ピンポイントで行わないといけません。

私が実際に何回か”ハンズフリーオートスライドドア”のセンサーが一番検知する場所を確認してみたのですが、一番成功率が高ったのは、スライドドアのドアハンドルの左側、ボタンがある場所と反対側約3分の1くらいの場所。

■ハンズフリーオートスライドドアが検知した場所

ドアハンドルの真ん中の真下で足を出し入れをした時の成功率が50%~60%くらいだったのに対し、左端の真下くらいの場所で足を出し入れしたところ約100%近い確率でスライドドアが開閉できました。

このように場所を覚えれば、比較的すんなりと開け閉めができる新型セレナe-POWERの”ハンズフリーオートスライドドア”ですが、センサーの検知範囲の狭さは、少々気になるところでした。

ちなみに、試乗をした時にディーラーさんに教えて頂いたのですが、この新型e-POWERに搭載されている”ハンズフリーオートスライドドア”は、の誤作動を防ぐため、スマートキーを携帯した人が、約80cm以内にいる時のみ作動するようになっているようです。

80㎝って、意外と近いですよね。

なので、スーパーマーケットの帰り道、子供が先にクルマに走って近づいて、スライドドアに足をかざしても、スライドキーを携帯している人がスライドドアの近くにいない限りは、スライドドアが自動的に開閉する事はないそうですよ。

ハンズフリーオートスライドの不満2:開閉のタイムラグ

また、今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)に搭載されている”ハンズフリーオートスライドドア”を使ってみて、気になったのは、スライドドアが開閉するまでのタイムラグです。

この新型モデルに用意されている”ハンズフリーオートスライドドア”は、足をサッと出し入れした後、若干の間が…。そして、若干のタイムラグの後、”ピっ”と言う起動音とともに自動的にスライドドアが動き始めます。

つまり、現在のところ、この”ハンズフリーオートスライドドア”は、
スライドドアの下に足を入れる→足を出す→タイムラグ→検知成功→開閉スタート
と、言う感じの流れです。

おそらくこの足の出し入れをしてからスライドドアが開閉を開始するまでのタイムラグは、一秒にも満たない時間だと思います。

ただ、実際に操作をしてみると、この間(タイムラグ)が意外と気になります。
また、足入れをした後、スライドドアが開閉をし始めるまで、意外と長く感じます。

ちなみに、私はこのハンズフリーオートスライドドアの操作に慣れていない頃、タイムラグの長さから、「あれっ!?センサーが検知しなかったのかも!?」と勘違いをしてしまい、もう一度、足の出し入れをしちゃった事もありました。

個人的には、足をスライドドアの下から出してから、”ピッ”と鳴って、作動し始めるのではなく、足を入れたくらいのタイミングでセンサーが検知をして、スライドドアの開閉がスタートするくらいのタイミングの方がスムーズに乗り降りができて、良いのかなと思いました。

2018年3月にデビューをした新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)に用意されている注目の機能”ハンズフリーオートスライドドア”の使い勝手や

赤ちゃんや小さい赤ちゃんを抱っこしているなど、両手が塞がっているシーンでは、確かに助かると思います。

ただ、普段はインテリジェントキー(スマートキー)に備わっているスライドドアの開閉スイッチを使った方が、乗り降りがスムーズにできる感じが…。

今回新発売された新型e-POWER(eパワー)に用意されている”ハンズフリーオートスライドドア”は便利な機能ですが、絶対に欲しいかと言われると、微妙なところでした。

ちなみに、この新型e-POWER(eパワー)の”ハンズフリーオートスライドドア”は、上位モデル”ハイウェイスター(Highway Star)”のみに用意されている機能です。ノーマルモデルでは、装着できないので、ご注意を…。

>>> 自動運転の限界!?新型セレナe-POWERのプロパイロットの弱点&欠点

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする