ホンダ新型フィット3の内装インプレ【先代モデルよりも良くなった事とは?】

ホンダの人気モデル新型フィット3(FIT3)が、ビッグマイナーチェンジをして、2017年6月にビッグマイナーチェンジを行いましたね。

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型モデルは、新しいデザインになった外装・エクステリアや安全装備が注目を集めていますが、実車を確認してみて、意外と良いと思ったのが、内装・インテリアのデザイン。

ホンダの人気コンパクトカーの新型フィット3(FIT3)が、2017年6月にマイナーチェンジを行いましたね。 ホンダのマイナーチ...

基本的なデザインは先代モデルと同じになっていたのですが、各装備をまじまじと見てみると、しっかりと手が加えられているのが分かるデザインになっていました。

そんな新型フィット3(FIT3)の内装・インテリアの様子を確認してきたので、どこよりも詳しく紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型フィット3の内装画像レビュー:インパネ編

今回私が見たモデルは、新型フィット3(FIT3)の上位モデルハイブリッドSだったのですが、内装・インテリアは、このようなデザインになっていました。

■新型フィット3のインパネ

ちなみに、こちらは先代モデルのインパネ。

■先代フィット3のインパネ

タッチパネル方式を採用している空調パネル、中央に大きくスピードメーターを配しているメーターなど、基本的なデザインは先代モデルと同じになっています。

■新型フィット3タッチパネル方式の空調パネル

■新型フィット3新型フィット3のメーター

先代モデルと大きなデザインの違いはありませんでしたが、視界を遮らないスッキリとしたデザインになっているこの新型モデルのインパネは、とても良いと思いました。

また、個人的には、このクルマと同時期に発売されたトヨタのアクア(AQUA)よりも、新型フィット3(FIT3)の内装・インパネの方が質感の高さを感じました。

インパネの各装備に進化の後が…

このように基本的なインパネのデザインは、先代モデルと同じになっていたのですが、各パーツをしっかりと確認してみると、進化した部分も多々ありました。

その中の一つが、ハイブリッド車専用の電子式のシフトレバーのデザイン。

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型モデルのシフトレバーのデザインは、このように進化をしました。

■新型モデルのシフトレバー

■先代モデルのシフトレバー

先代モデルではエコをイメージしたブルーの加飾を施したシフトレバーを採用していたのに対し、今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型モデルでは、ブラックの加飾に変更。

爽やかな雰囲気のあるブルーのシフトレバーも良いと思ったのですが、ブラックの方がより高級感・上質感を感じるスタイリッシュなデザインになっているように感じました。

エンジンスタータースイッチにも違いが…

また、今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型フィット3(FIT3)のエンジンのスタータースイッチも違いがありました。

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型モデルでは、ハンドル・ステアリングホイールの左側にエンジンスタータースイッチが配置されているのですが、この新型モデルでは、赤や白にイルミネーションライトが点灯するデザインに…。

■新型フィット3のエンジンスタータースイッチ

実際にエンジンを立ち上げると、このように点灯します。

かなりオシャレですよね。

こちらは先代モデルのシンプルなエンジンスタータースイッチなのですが、先代モデルと異なり、内装・インテリアを華やかに彩ってくれます。

■先代モデルのエンジンスタータースイッチ

スイッチが小さくなり操作性が悪くなったのはちょっと残念でしたが、このオシャレになった新型フィット3(FIT3)のエンジンスタータースイッチのデザインは、とても良いと思いました。

新型フィット3の内装画像レビュー:シート編

今回私が見た上位モデルの新型フィット3(FIT3)のハイブリッドSグレードのシートは、このようなデザインになっています。

■フロントシート

■ファブリックシート

スポーティーさが売りのハイブリッドSグレードでは、専用デザインのスポーツシートを標準装備しています。

サイドのサポート力や座り心地は良いのですが、シート全面素材がファブリック仕様になっており、見た目のデザイン性はイマイチ…。また、ハイブリッドSグレードでは、リヤセンターアームレストも装備されていません。

もしシートのデザイン性や使い勝手の良さを求めるのなら、サイドの部分にレザー調の素材(プライムスムース)とメイン部分のファブリック素材を組み合わせたコンビシートを採用しているハイブリッドLグレードやガソリン車の13G Lグレードの方が良いのかなと思いました。

これらのグレードなら、コンパクトカークラスでは珍しい後部座席の中央にリヤセンターアームレストも装着されており、後部座席の居住性もとても良いですよ。

車内の広さ&ゆとりがフィット3の魅力

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型フィット3(FIT3)を久しぶりに確認してみて良いと思ったのが、車内の広さや居住性の良さです。

特に私が良いと思ったのが、後部座席の居住性と居心地の良さ。

私は身長が175cmあり、クルマによっては窮屈感や圧迫感を感じる事もあります。

しかし、この新型フィット3(FIT3)は、足元空間/頭上空間ともに余裕があり、私が座っても全く窮屈感を感じる事はありませんでした。実際に私が座った時の足元空間の広さを確認してみると、このような感じになっています。

かなり広いですよね。

私だと足を組む事はできませんでしたが、足の位置を自由に変えれるので、長時間ドライブでも疲れる心配は無いように感じました。

また、新型フィット3(FIT3)の後部座席のシートは座面が長く、私のような成人男性でもゆったりと座れるサイズを確保しているのも好印象でした。

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型フィット3(FIT3)の内装・インテリアは、このようなデザインになっていました。

競合車・ライバル車の一つでもあるマツダのデミオ(DEMIO)の内装・インテリアのような華やかさはないものの、新型フィット3(FIT3)はシンプルな中にも上質さを感じるデザインに…。また、長年乗っていても飽きの来ない満足度の高いデザインになっているように感じました。

また、相変わらずメーターのデザインも見やすいですし、個人的には、この新型モデルの内装・インテリアには大満足でした。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする