【競合車よりも広い!?】新型フィット3(FIT3)の荷室サイズを確認してみた

2017年6月、ホンダの人気コンパクトカーの新型フィット3(FIT3)がビッグマイナーチェンジを行い、新しいデザインに生まれ変わりましたね。

フロントマスクのデザインなどは大幅に進化をした新型モデルですが、車内の広さや荷室・ラゲッジスペースの使い勝手の良さは先代モデルのまま。荷室アレンジも豊富で、相変わらず使いやすい荷室・ラゲッジスペースになっているように感じました。

>>> 新型フィット3の荷室・ラゲッジスペース【競合車には無いメリットとは?】

そんな新型フィット3(FIT3)の荷室・ラゲッジスペースのサイズは、どのくらいなのでしょうか?また、競合車・ライバル車と比較すると、どのくらい異なるのでしょうか?

先日、この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースのサイズを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型フィット3の荷室サイズを確認してみた

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型フィット3(FIT3)の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

ハイブリッド車は若干荷室フロアの手前部分が盛り上がっているのが気になりますが、高さや横幅の広さはとっても魅力的です。

また、新型フィット3(FIT3)の後部座席は6対4分割方式になっているのですが、後部座席を収納した時、背もたれ部分で段差ができず、ほぼフラットな荷室フロアになるのも個人的には高ポイントでした。

このようなデザインになっているこの新型モデルのラゲッジスペースですが、後部座席を試乗した状態での荷室サイズを確認したところ、このようになっていました。

■新型フィット3の荷室サイズ
(グレード:ハイブリッドLパッケージ)
荷室長:約 680mm ~1,480mm
荷室幅:約1,230mm (最大値)
荷室高:約 950mm (最大値)
※荷室長の最大値は、後部座席を収納した時の数値です。

のち程詳しく競合車・ライバル車の荷室サイズとの違いを紹介しますが、この新型フィット3(FIT3)の荷室サイズは、コンパクトカーの中でもトップクラス。

荷室容量が大きいので、スーツケースやボストンバックなど大きい荷物もラクラク積みこむ事ができるサイズに…。家族みんなで旅行する時など、広くて使い勝手の良い荷室・ラゲッジスペースは、重宝するのかなと思いました。

地上から開口部までの高さも新型フィット3の魅力の一つ

また、荷室・ラゲッジスペースの広さだけではなく、地上から開口部まのでの高さが抑えられている事もホンダの新型フィット3(FIT3)の魅力の一つです。

■新型フィット3の荷室開口高

試乗をした際にディーラーさんに教えてもらったのですが、この新型モデルの地上から荷室開口部までの高さ(荷室開口高)は、約605mmとなっているようです。

この低い荷室設計は、ゴルフバックやベビーカーなど大きくて重たい荷物を積みこむ際に、助かりそうですよね。

私も実際にこの新型モデルの荷室・ラゲッジスペースを確認させて貰ったのですが、一目見て「あっ!荷室・ラゲッジスペースの荷室フロアの位置が低くて、荷物の積み降ろしがしやすそう。」と、感じました。

この低く抑えられた荷室開口部も、競合車・ライバル車には無い新型フィット3(FIT3)の荷室の魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

新型フィット3と競合車の荷室サイズを比較

このように使い勝手が良さそうなデザインになっている新型フィット3(FIT3)の荷室・ラゲッジスペースですが、日産のノートe-POWER(NOTE e-POWER)やトヨタのアクア(AQUA)など競合車・ライバル車と比較してみると、どのくらい異なるのでしょうか?

ホンダから新発売された新型フィット3(FIT3)の荷室・ラゲッジスペースの広さを確認するために、競合車・ライバル車と比較してみました。

■新型フィット3と競合車の荷室サイズを比較
・ホンダ 新型フィット3の荷室サイズ
荷室長:約 680mm ~1,480mm
荷室幅:約1,230mm
荷室高:約 950mm
・日産 ノートe-POWERの荷室サイズ
荷室長:約 710mm ~1,240mm
荷室幅:約1,200mm
荷室高:約 940mm
・トヨタ アクアの荷室サイズ
荷室長:約 790mm ~900mm
荷室幅:約1,360mm
荷室高:約 900mm

このように競合車・ライバル車でもあるアクア(AQUA)やノートe-POWER(NOTE e-POWER)の荷室・ラゲッジスペースを比較すると、いかに新型フィット3(FIT3)の荷室・ラゲッジスペースが広いかがわかりますよね。

また、トヨタのアクア(AQUA)や日産のノートe-POWER(NOTE e-POWER)は、後部座席を収納した時に10cm以上の段差が背もたれ部分でできてしまいます。

■トヨタ アクアの後部座席を収納した時の荷室

■日産 ノートe-POWERの後部座席を収納した時の荷室

先ほども申し上げた通り、この新型モデルのの荷室・ラゲッジスペースは後部座席を収納しても、ほぼフルフラットになります。

■ホンダ 新型フィット3の後部座席を収納した時の荷室

荷室サイズだけではなく、この使い勝手の良さも、競合車・ライバル車には無いホンダの新型フィット3(FIT3)の荷室・ラゲッジスペースの魅力なのかなと思いました。

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型フィット3(FIT3)の荷室・ラゲッジスペースのサイズは、このようになっていました。

競合車・ライバル車と比較してみて、荷室サイズの広さは、この新型フィット3の魅力&メリットの一つなのかなと思いました。また、後部座席を収納した時にフラットになる作りなど広さだけではなく、使うがってもしっかりと考慮されているのもとても良いと思いました。

このように新型フィット3(FIT3)は荷室サイズが大きく、使い勝手も良いので、小さいお子さんがいるご家庭でもきっと大満足すると思いますよ。

ちなみに、この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースは、広さや使い勝手がハイブリッド車とガソリン車で異なるので、注意してくださいね。

>>> 新型フィット3の荷室を比較【ハイブリッド車とガソリン車の荷室の3つの違いとは?】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする