新型フィット モデューロ スタイルの内装インプレ【車内は少し物足りない!?】

2018年7月、ホンダの人気コンパクトカー”フィット3″をスタイリッシュに彩ったカスタマイズモデル新型フィット モデューロ スタイル(FIT Modulo STYLE)が、ホンダからデビューをしました。

この新型モデューロ スタイルは、専用デザインのフロントグリルや5連式のフォグランプを備えており、ノーマルモデルと全く異なるデザインに…。なので、初めてみた人は、このクルマが新型フィット3(FIT3)だと分らないかもしれません。

>>> 新型フィット モデューロ スタイルの外装の実車画像【高級感がスゴイ!?】

ただ、新型フィット モデューロ スタイル(FIT Modulo STYLE)の内装・インテリアに関しては、専用装備が少なく、標準車とそれ程大きな違いが無い感じが…。

そんな新型モデューロ スタイルの内装・インテリアは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、どのような専用装備を用意していたのでしょうか?

2018年7月にデビューをした新しいカスタマイズモデル新型フィット モデューロ スタイル(FIT Modulo STYLE)の内装・インテリアの写真を撮ってきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型フィット モデューロ スタイルの内装インプレ

2018年7月にデビューをした新型フィット モデューロ スタイル(FIT Modulo STYLE)の内装・インパネは、このようなデザインになっています。

■新型フィット モデューロ スタイルの内装・インパネ

今回新発売された新型モデューロ スタイルの内装・インテリアは、基本的には、ベースとなっている”L ホンダセンシング”と同じになっています。

また、シートのデザインもベースとなってる”L ホンダセンシング”と全く同じになっています。

■新型フィット モデューロ スタイルのシート

なので、インパネやシートをパッと見た感じでは、標準モデルの”L ホンダセンシング”と大きな違いはありません。

ただ、この新型フィット モデューロ スタイル(FIT Modulo STYLE)の内装・インテリアには、次のような専用装備が用意されており、標準モデルとの差別化を図っておりました。

その1:スタイリッシュなスポーツペダルを標準装備

今回新発売された新型フィット モデューロ スタイル(FIT Modulo STYLE)とベースとなっている”L ホンダセンシング”の大きな違いの一つが、アクセルやブレーキペダルです。

標準モデルの”L ホンダセンシング”では一般的なゴム製のペダルを採用していたのに対し、カスタマイズモデルの新型モデューロ スタイルでは、スタイリッシュなアルミ製のスポーツペダルを標準装備。

■新型フィット モデューロ スタイルのアルミ製のスポーツペダル

ちなみに、こちらが”L ホンダセンシング”に標準装備されている一般的なゴム製のアクセル・ブレーキペダルです。

■新型フィットに用意されているゴム製のペダル

このように2台のモデルのスポーツペダルを見比べると、見た目の印象が異なりますね。

やはりアルミ製のスポーツぺダルを採用した新型モデューロ スタイルのペダルの方がスポーティな雰囲気の運転席周りになっています。また、アクセルや踏みこんだ時の感触も、アルミ製とゴム製では違いがあります。

ワンランク上のドライビングフィールを楽しめるのが、アルミ製のスポーツペダルの魅力の一つなのかなと思いました。

その2:ブラックで統一されたモダンな内装

また、今回新発された新型フィット モデューロ スタイル(FIT Modulo STYLE)の特徴&魅力の一つが、内装・インテリアのデザインです。

ベースとなっているノーマルモデルの”L ホンダセンシング”では、一般的なライトグレーのルーフカラーになっていたのに対し、今回、新しく仲間に加わった新型モデューロ スタイルのルーフカラーは、ブラックルーフに…。

■新型フィット モデューロ スタイルのルーフカラー

■標準モデルのルーフカラー
※画像は、特別仕様車Fコンフォートパッケージです。

今回新発売された新型モデューロ スタイルの内装・インテリアは、シートやインパネも含めてブラックで統一されたスタイリッシュなデザインに…。

他のモデルよりも若干圧迫感を感じるデザインになっているのが難点ですが、モダンな内装・インテリアになっているように感じました。

また、この新型モデューロ スタイルの内装・インテリアは本革巻きのハンドル、革のような肌触りのプライムスムースをシートサイドに採用しており、コンパクトカーとは思えない高級感&スタイリッシュさのあるデザインになっているのも好印象でした。

■新型フィット モデューロ スタイルのハンドル

新型フィット モデューロ スタイルの内装で残念だった事とは?

このようにブラックに統一されたスタイリッシュなデザインの新型フィット モデューロ スタイル(FIT Modulo STYLE)の内装・インテリアは、とても良いと思いましたが、ちょっと残念に感じた部分も…。

それはハンドルやシフトレバーなどの運転席周りの各装備やシートが、ノーマル車と全く同じデザインになっており、特別感が無かった事です。

例えば、ホンダが用意しているカスタム車”モデューロX(Modulo X)”では、このように専用デザインのシートやハンドル・ステアリングホイールを用意しています。

■モデューロXのシート
※画像は、新型フリード モデューロXのものです。

■モデューロXのハンドル・ステアリングホイール
※画像は、新型フリード モデューロXのものです。

>>> 専用デザインを用意している新型フリード モデューロXの内装はコチラから

ただ、今回新発売された新型フィット モデューロ スタイル(FIT Modulo STYLE)には、モデューロXのような専用デザインデザインのシートやハンドルは用意されておらず、あまり特別感を感じません。

また、フロアマットも標準モデルと同じデザインになっていました。

個人的には、モデューロXのようにこの新型モデルも、専用デザインのシートやハンドルなどの専用装備をもっと用意して、特別感を演出しても良かったのかなと思いました。

2018年7月にデビューをしたホンダの新たなカスタマイズモデル新型フィット モデューロ スタイル(FIT Modulo STYLE)の内装・インテリアは、このようなデザインになっていました。

このこの新型モデューロ スタイルの内装・インテリアはブラックを基調にした統一感のあるスタイリッシュなデザインに…。

ただ、もう一つのカスタマイズ車”モデューロX”と比較すると、専用装備が少なく、特別感が薄いのが、少々残念でした。また、シートヒーターなど、機能や装備のプラスαが無いのも、少々残念に感じました。

もしこれから、この新型モデルの試乗に行かれる方は、インパクトのある外装・エクステリアだけではなく、内装・インテリアのデザインや使い勝手もしっかりと確認してみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする