使い勝手&静寂性は良い?新型セレナe-POWERのマナーモードを使った感想

2018年3月、多くのお客さんが待ちわびていた待望のストロングハイブリッド車新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)が、日産からデビューをしました。

今回新発売されたこの新型e-POWER(eパワー)とガソリン車/マイルドハイブリッド車は、外装や内装のデザインなど様々な違いがありますが、用意されている機能や装備にも違いがあります。

>>> 5つの違いを発見!新型セレナe-POWERとガソリン車の外装を実車画像で比較

そんな新型e-POWERとガソリン車/マイルドハイブリッド車の機能の機能の違いの一つが、”マナーモード”と言うドライブモードが用意されている事です。

今回新発売された新型モデルに用意されているマナーモードの使い勝手や静寂性は、どうだったのでしょうか?また、マナーモードでは、どれくらいの距離を走行する事ができたのでしょうか?

先日、この新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)を試乗した際、注目のドライブモードの一つ”マナーモード”の実力を確かめてきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型セレナe-POWERのマナーモードの試乗インプレ

2018年3月にデビューをした日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)に用意されているドライブモードの一つ”マナーモード”とは、エンジンの駆動を強制的に解除して、バッテリーのみのEV走行をするモードです。

ちなみに、マナーモードに切り替えるのは、とっても簡単です。

インパネ中央、ナビの下に設置されている横向きの人が人差し指を立てて、「し~!」と静かにするようポーズをしているボタンを押すだけ。

■新型セレナe-POWERのマナーモードスイッチ

そうすると、メーターの左側に設置されているマルチインフォメーションディスプレイの右下にブルーの文字で”マナーモード”と表示されます。

■新型セレナe-POWERのマナーモード起動時

Sモードやエコモードを作動中でないと、マナーモードが作動されないのは、ちょっと残念なところですが、スイッチの位置が運転席から届きやすく、操作しやすいデザインになっているのは、好印象でした。

また、日産から発売されている人気コンパクトカー”ノートe-POWER(eパワー)”と異なり、自分の任意のタイミングでエンジンの駆動をON/OFFできるのは、とても良いと思いました。

セレナe-POWERのチャージモードの静寂性は、どうだった?

今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の注目の機能の一つ”マナーモード”ですが、使用した時の乗り心地や静寂性は、どうだったのでしょうか?

先日、この新型e-POWER(eパワー)を試乗中にマナーモードを使って運転したのですが、エンジンが駆動していない分、ノーマルモードやチャージモードで走行している時よりも静かで、スッキリとした乗り心地になっています。

ただ、今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)は、エンジンが駆動している最中も、エンジン音はそれほど大きくないため、時速40km/hくらいで運転している時には、マナーモードの良さを実感できないかもしれません

中速域や高速域での運転では、エンジン音がロードノイズなど周囲の騒音に紛れてしまうので…。

なので、中速域から高速域で運転している時にエンジンの駆動を強制的に解除するマナーモードの良さを実感するには、意識を騒音にかなり集中する必要があるのかなと思いました。

一方、低速域でのろのろと運転している時は、エンジンが駆動した時のブォーンと言うノイズが若干気になるので、マナーモードの効果をより実感できる感じが…。

個人的には、エンジンを駆動させないようにする”マナーモード”は、中速域や高速域よりもエンジン音が気になる低速域で使用した方が効果的なのかなと思いました。

マナーモードでの走行距離は、どのくらい?

エンジンの駆動を強制的に解除して、バッテリーのみのEV走行を行う事ができるマナーモードですが、どれくらいの走行距離を走る事ができるのでしょか?

新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)のマナーモードを使用した際にディーラーさんに確認してみました。

アクセルペダルの踏み方や路面状況にもだいぶ影響するようなのですが、ディーラーさんの話によると、この新型e-POWERに用意されているマナーモードの走行距離は、バッテリー残量90%でおよそ2.7kmとの事。

思ったよりも若干短めですね。

このようにマナーモードで走行できる距離は限定的なので、早朝や深夜にお出かけをする時など、近所にお住いの方へ配慮する時に使用するのが良いのかなと思いました。

ちなみに、私がこの新型e-POWER(eパワー)に用意されているマナーモードを使って、郊外の道を時速60km/hくらいで運転した時には、マナーモードがスグに切れてしまいました。(おそらく2kmも走行していないくらいで…)

新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)に搭載されているバッテリー容量が少ないので仕方ないかもしれませんが、個人的には、もう少し走行距離が長ければ、マナーモードの使い勝手は、もっと良くなるのに…と、思いました。

2018年3月にデビューをした日産の人気ミニバン新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の注目の機能の一つ”マナーモード”の使い勝手や静寂性は、このようになっていました。

中速域や高速域で走行している時にはあまりマナーモードの効果を実感しにくい感じがしましたが、エンジンの駆動音が気になる低速域で運転している時には、マナーモードの良さを実感する事ができました。

マナーモード使用時の走行距離の短さは少々気になるところですが、エンジン音の大きさが気になるシーンでは、重宝するのかなと思いました。また、電気自動車のような乗り心地や静寂性を楽しみたい時にも良いのかなと思いました。

ちなみに、ディーラーさんの話によると、この新型e-POWER(eパワー)に用意されているマナーモードを上手に使用すると、充電が満タンの時にマナーモードにすると、航続可能距離の拡大、燃費の向上にも繋がるようですよ。

燃費を良くするために、充電が満タンになったら、積極的にマナーモードを使用するのも、良いのかなと思いました。

>>>  新型セレナe-POWERの見積もりを公開【ガソリン車との差額はやっぱり大きい?】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする