オシャレに変身!?新型セレナe-POWERのプレミアムインテリアの実車画像レビュー

2列目に独立キャプシートを採用するなど、上質感を追求した新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)が、2018年3月に日産からデビューをしました。

今回新発売された新型e-POWERの内装色は、ハイウェイスター/ノーマルモデルそれぞれ2種類の内装色を標準仕様として用意をしています。

>>> 【様々な専用装備が…】新型セレナe-POWERの内装の実車画像レビュー

ただ、それ以外にもメーカーオプションで”プレミアムインテリア”と言うブラウンをベースにした内装色を用意しています。

先日、この新型セレナe-POWERの試乗をした際、メーカーオプションの”プレミアムインテリア”を見る事ができたのですが、思ったよりもオシャレな感じが…。また、ノーマルモデルと全く異なる雰囲気の大人っぽい内装・インテリアになっているように感じました。

そんな日産の新型e-POWERに用意されている”プレミアムインテリア”は、どのようなデザインになっているのでしょうか?また、標準仕様の内装・インテリアとどのような違いがあったのでしょうか?

メーカーオプション設定になっている新型e-POWER(eパワー)の”プレミアムインテリア”の実車画像を撮ってきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型セレナe-POWERのプレミアムインテリア画像レビュー

2018年3月にデビューをした日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)にメーカーオプションの”プレミアムインテリア”を装着したモデルの内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

■プレミアムインテリアを採用したモデルの内装

ちなみに、こちらは、新型e-POWERの標準仕様(ブラック)の内装・インテリアです。

■標準仕様の内装・インテリア

この2つの内装・インテリアを見比べると、車内の雰囲気が全く異なりますよね。

ダークブラウンとモカベージュを組み合わせた内装色になっている”プレミアムインテリア”の方が大人っぽい感じが…。

また、標準仕様の内装と異なり、”プラミアムインテリア”の方は、内装・インテリアの様々な場所にレザー張りがされており、ノーマルモデルよりも上質感のあるデザインになっているように感じました。

そんな新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の”プレミアムインテリア”と標準仕様の内装・インテリアを比較したところ、次のような装備・パーツに違いがありました。

違い1:シートの素材&デザイン

日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)に用意されているメーカーオプションの”プレミアムインテリア”と標準仕様の内装・インテリアの大きな違いの一つが、シートのデザイン&素材です。

■プレミアムインテリアのシート

■標準装備のシート

標準装備のシートは、シンプルなブラックカラーになっていたのに対し、メーカーオプションの”プレミアムインテリア”のシートは、大人っぽいブラウンカラーに…。

また、”プレミアムインテリア”と標準装備のシートは、デザインだけではなく、シートに採用されている素材も違いがありました。

標準仕様の内装・インテリアのシートに使用されている素材は全面ファブリックだったのに対し、”プレミアムインテリア”は、織物と合成レザーを組み合わせたコンビシートに…。

フロントシートや2列目に採用されている独立キャプテンシートに採用されているアームレストにも合成レザーが採用されており、標準装備のシートよりも上質さを感じるデザインになっているように感じました。

ちなみに、新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)のフロントシート裏に採用されている2列目シート用のテーブルのカラーは、ブラックのままです。

ただ、ブラックカラーになっているこのテーブルが、ブラウンのシートの中で、とても良いアクセントになっているように感じました。

違い2:インパネ(ダッシュボード)

また、今回新発売された日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)では、”プレミアムインテリア”と標準装備の内装・インテリアでは、インパネ(ダッシュボード)のデザインにも違いがありました。

■プレミアムインテリアのインパネ

■標準仕様のインパネ

“プレミアムインテリア”のダッシュボードは、明るめのベージュカラーになっているので、ブラックを採用しているノーマルモデルの内装・インテリアよりも明るくなった印象が…。

また、”プレミアムインテリア”は、ダッシュボードがレザー張りとなっており、標準仕様の内装・インテリアよりも大人っぽい雰囲気の内装・インテリアになっているように感じました。

違い3:ハンドル・ステアリングホイール

新型e-POWER(eパワー)で”プレミアムインテリア”を注文すると、インパネのカラーだけではなく、ハンドル・ステアリングホイールも専用のデザインになります。

■プレミアムインテリアのハンドル

■標準仕様のハンドル

画像ではちょっと分りにくいかもしれませんが、標準仕様のハンドルはブラックだったのに対し、新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の”プレミアムインテリア”は、ブラウンの本革巻きのハンドル・ステアリングホイールを採用。

ベージュカラーをしたダッシュボードとの相性も良く、オシャレな運転席周りを演出しているように感じました。

違い4:ドア内側パネル

日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の”プレミアムインテリア”を注文すると、フロントドアとスライドドア横の内側パネルのデザインにも違いがあります。

■プレミアムインテリアのドア内側パネル

■ノーマルモデルのドア内側パネル

フロントドアとスライドドアにもブラウンのアクセントカラーが入った事により、標準仕様のドア内側パネルよりもオシャレなデザインに…。

また、何よりドア内側パネルがファブリック素材からレザー調になったので、腕が当たった時の感触が良くなったのが、好印象でした。

2018年3月にデビューをした日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)に用意されているメーカーオプション”プレミアムインテリア”は、このようなデザインになっていました。

ブラウンの内装になる”プレミアムインテリア”は、ノーマルモデルよりも大人っぽく、上質感漂う雰囲気の内装・インテリアになっているように感じました。

ちなみに、この”プレミアムインテリア”のメーカーオプション価格は、5万4000円となっております。また、新型e-POWERでは、上位モデルの”ハイウェイスターV”とノーマルモデルの”XVグレード”のみ装着できる専用オプションとなっています。

装備と値段のバランスもあっていますし、標準仕様の内装に物足りなさを感じる方やワンランク上の内装・インテリアを好む方には、ピッタリのメーカーオプションになっているのかなと感じました。

>>> 新型セレナe-POWERの見積もりを公開【ガソリン車との差額はやっぱり大きい?】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする