新型セレナe-POWERのタイヤ画像レビュー【サイズ&タイヤメーカは何だった?】

ミドルミニバンクラス一番の低燃費を誇るハイブリッド車新型セレナe-POWER(SERENA eパワー)が、2018年3月、日産からデビューをしました。

ブルーの差し色が入ったフロントグリルに目が行きがちですが、今回新発売された新型e-POWER(eパワー)の外装・エクステリアには、様々な専用デザインの装備が…。

>>> 5つの違いを発見!新型セレナe-POWERとガソリン車の外装を実車画像で比較

そして、ガソリン車/マイルドハイブリッド車と異なる新型e-POWER(eパワー)の専用装備の一つが、タイヤ&ホイールです。

今回新発売された日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)では、専用デザインのタイヤ&ホイールを備えているため、ガソリン車/マイルドハイブリッド車と全く異なる雰囲気の外装・エクステリアになっていました。また、乗り心地にも違いがありました。

そんな新型e-POWERのタイヤ&ホイールのサイズは、どのくらいだったのか?
また、この新型モデルに採用されていたタイヤメーカー&ブランドは、どこ製だったのか?

先日、試乗した際、この新型e-POWER(eパワー)のタイヤサイズ&メーカーを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型セレナe-POWERのタイヤ画像レビュー

2018年3月にデビューをした新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)のタイヤ&ホイールは、このようなデザインになっています。

■新型セレナe-POWERのタイヤ

ちなみに、こちらは、既存モデルのガソリン車/マイルドハイブリッド車のタイヤ&ホイールのデザインです。

■ガソリン車/マイルドハイブリッド車のノーマル車のタイヤ

■ガソリン車/マイルドハイブリッド車のハイウェイスターのタイヤ

ガソリン車の場合、ノーマル車とハイウェイスターでタイヤ&ホイールのデザインに違いがありましたが、新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)では、ノーマル車とハイウェイスターで共通のデザインを採用しています。

また、新型e-POWER(eパワー)に採用されているホイールは、ガソリン車/マイルドハイブリッド車と異なる専用デザインになっていました。

デザイン的には、切削加工を施したガソリン車のハイウェイスター(Highway Star)のホイールの方がスタイリッシュで良いと思います。ただ、性能的には、スポークにスリット処理を施し、空気の整流効果が期待でいる新型e-POWER(eパワー)のホイールの方が良いように感じました。

タイヤサイズはどのくらい?

このようなデザインになっている新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)のタイヤ&ホイールですが、サイズを確認してみたところ、次のようになっていました。

■新型セレナe-POWERのタイヤサイズ

・ハイウェイスター&ノーマル車…15インチ(195/65/R15)

今回新発売された新型e-POWER(eパワー)では、ハイウェイスター/ノーマルモデルともに15インチのタイヤ&ホイールを採用。

ちなみに、ガソリン車/マイルドハイブリッド車のタイヤサイズは、このようになっていました。

■新型セレナ ガソリン車/マイルドハイブリッド車のタイヤサイズ

ハイウェイスター…16インチ(195/60/R16)
・ノーマルモデル…15インチ(195/65/R15)

ノーマルモデルに関しては、新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)と同じ15インチのタイヤ&ホイールを採用していましたが、上位モデルのハイウェイスター(Highway Star)では、e-POWER(eパワー)よりも一回り大きい16インチのタイヤを採用。

そのため、上位モデルのハイウェイスター(Highway Star)に関しては、若干乗り心地に違いが…。

16インチタイヤを履いたガソリン車/マイルドハイブリッド車のハイウェイスターは、若干足回りが硬いように感じました…。また、3列目シートに座った時の下からの突き上げが少々気になる乗り味でした。

しかし、15インチのタイヤを履いた新型e-POWER(eパワー)は、しっとりとしなやかな乗り心地に…。また、安定感も高くなったように感じました。

個人的には、16インチタイヤを履いたガソリン車/マイルドハイブリッド車よりも、15インチタイヤを備えた新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の方が、乗り心地は良いように感じました。

タイヤメーカー&ブランドは何だった?

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)に採用されていたタイヤメーカー&ブランドは、何だったのでしょうか?

先日、新型e-POWER(eパワー)のハイウェイスターとノーマル車のタイヤを何台か確認してみたところ、この新型モデルでは、ダンロップの低燃費タイヤ”エナセーブEC300+(ENASAVE 300+)”が標準装備されていました。

■新型セレナe-POWERに装着されているタイヤメーカー&ブランド

ちなみに、この新型モデルの競合車・ライバル車の一つでもあるホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)やトヨタの新型ヴォクシー(VOXY)に装着されているタイヤは、ブリヂストンのパフォーマンスタイヤ”トランザ(TURANZA)”でした。

競合車・ライバル車に用意されているタイヤと比較してしまうと、新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)のタイヤは、性能的に若干見劣りしてしまいます。

ただ、実際にこの新型e-POWER(eパワー)に乗ってみると、乗り心地や静寂性はとても良く、競合車・ライバル車よりもタイヤの性能が劣るという事は、全く気になりませんでした。

2018年3月にデビューをした新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)のタイヤ&ホイールのサイズやブランドを確認してみたところ、このようになっていました。

今回新発売された新型e-POWER(eパワー)は、ハイウェイスター/ノーマル車を問わず15インチサイズをタイヤ&ホイールを採用。そのおかげで、ガソリン車/マイルドハイブリッド車よりもしなやかな乗り心地に…。

この乗り心地の違いも2018年3月にデビューをした新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)と、既存のガソリン車/マイルドハイブリッド車の大きな違いの一つなのかなと思いました。

>>> タイヤも専用デザインに!?新型セレナe-powerオーテックの外装の実車画像レビュー

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする