新型セレナe-POWERのメーター画像レビュー【視認性&デザインを徹底解剖】

2018年3月、電気自動車のような走りが楽しめる”e-POWER”の第2弾として、新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)が、日産のデビューをしました。

今回新発売された新型e-POWER(eパワー)は、運転席と助手席の間に大型のセンターコンソールを配するなど、既存のガソリン車/マイルドハイブリッド車と異なるデザインに…。

>>> 【使いやすい!?】新型セレナe-POWERのセンターコンソールの使い勝手レビュー

また、日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)とガソリン車/マイルドハイブリッド車では、メーターや様々な情報を表示してくれるマルチインフォメーションディスプレイにも違いがありました。

今回新発売された新型e-POWER(eパワー)のメーター&マルチインフォメーションディスプレイは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、視認性や使い勝手は、どうだったのでしょうか?

2018年3月にデビューをした日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)のメーター&マルチインフォメーションディスプレイを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型セレナe-POWERのメーターを徹底チェック

2018年3月にデビューをした新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)のメーターは、このようなデザインになっています。

■新型セレナe-POWERのメーター

今回新発売された新型e-POWER(eパワー)は、ガソリン車/マイルドハイブリッド車と同様にダッシュボードの高い位置にレイアウトされた”オンダッシュメーター”を採用。

ハンドル・ステアリングホイールに遮られる事なく、メーターを確認できるようになっていたのは、好印象でした。

また、このオンダッシュメーターを採用したおかげで、運転席の目の前にUSBポート付きの収納スペース”運転席アッパーボックス”が用意されているのも、個人的には、嬉しいポイントの一つでした。

■新型セレナe-POWERの運転席アッパーボックス

電源を立ち上げてみると…

今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の注目ポイントの一つが、アニメーション演出です。

今回新発売された新型モデルでは、ガソリン車/マイルドハイブリッド車と同様に電源を立ち上げると、メーターの右側にあるディスプレイにこの新型e-POWER(e-POWER)のシルエットが表示される演出が…。

■新型セレナe-POWERのメーターのオープニング画像

このようなアニメーション演出は、ガソリン車/マイルドハイブリッド車やニスモでもあったのですが、流用ではなく、一目見て新型e-POWERと分かるデザインに…。
(この画像では、少し分かりにくいのですが…)

個人的には、この細部へのこだわりが新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の良いところの一つなのかなと思いました。

そして、アニメーション演出が終了すると、このようなデザインのデジタルメーターが表示されます。

■新型セレナe-POWERのメーターを点灯した時の様子

この新型モデルのメーターは、大きくデジタル表示されたスピードメーターと7インチサイズのマルチインフォメーションディスプレイの組み合わせたデザインを採用。
(ちなみに、このマルチインフォメーションディスプレイの正式名称は、アドバンスドドライブアシストディスプレイです。)

■新型e-POWERのスピードメーター

■新型e-POWERのマルチインフォメーションディスプレイ

この新型e-POWERのメーターのデザインは若干シンプルな感じがしますが、スピードメーター、マルチインフォメーションディスプレイは表示サイズが大きいため、とても見やすい印象が…。

また、この新型モデルのメーターで特に良いと思ったのは、デジタル表示になっている新型e-POWERのスピードメーターです。

このクルマに用意されているスピードメーターは、高さだけではなく、奥行きも適切な位置に設定されています。運転中に少し視線を落とすだけで、スピードメーターの数値が自然と目に入るデザインになっているが、とても良いと思いました。

また、今回新発売された新型e-POWERでは、スピードメーター周りに専用デザインになっているブルーのフレームを採用。

このブルーのフレームのおかげで、ガソリン車/マイルドハイブリッド車とは、全く異なる印象のメーターに…。また、ブルーを基調としている新型e-POWERの内装やインパネとマッチをしていて、とても良いと思いました。

専用デザインのマルチインフォメーションディスプレイ

また、メーターの左側に備わっている7インチサイズのマルチインフォメーションディスプレイも、新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の注目ポイントの一つです。

今回新発売されたこの新型モデルのの”マルチインフォメーションディスプレイでは、次のようなe-POWER専用のメニューや情報を用意しておりました。

■エネルギーモニター

■EVオドメーター

ハイブリッドシステムの状況が一目で分かるエネルギーモニターは、他のハイブリッド車でも用意されていますが、この新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の方がデザイン性が良く、見やすい感じが…。

■新型ステップワゴンのエネルギーモニター

>>> ステップワゴンのメーターの詳細はコチラから

また、”アドバンスド ドライブアシスト ディスプレイ”のメニューはブルーが基調になっており、ガソリン車/マイルドハイブリッド車よりもスタイリッシュなデザインになっていたのも好印象でした。

標識を検知する機能も搭載

今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)のメーターを確認してみて良いと思った事の一つが、標識を検知して表示してくれる機能を搭載していた事です。

このようにこの新型e-POWER(eパワー)では、マルチインフォメーションディスプレイの上段、時計の左側に検知をした標識を表示する機能を搭載しています。

■新型セレナe-POWERの標識検知機能

この標識検知機能の表示してくれるスペースはそれ程大きくないのですが、実際に運転をしていると、意外と目に付きます。

安全運転をする上で、この標識検知機能は、とても良い機能なのかなと思いました。

ちなみに、今回の試乗では、速度制限のみを確認する事ができたのですが、ディーラーさんの話によると”進入禁止”や”一時停止”などの標識も検知して、このスペースに表示してくれるようですよ。

2018年3月にデビューをした新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)のメーターを確認したところ、このようなデザインになっていました。

この新型e-POWERのメーターは、ダッシュボードの上段にメーターを設置した”オンダッシュタイプ”のデジタルメーターを採用。メーターの位置が高めにレイアウトされているため、運転中にスピードメーターを確認しやすいのが好印象でした。

また、スタイリッシュなデザインになっているe-POWER専用のマルチインフォメーションディスプレイも注目ポイントの一つなのかなと思いました。

>>> e-POWERとガソリン車の4つの違いとは?新型セレナのメーターを比較

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする