新型クロスビーの乗り心地は良かった?【試乗インプレッション】

個性的なデザインが人気のスズキの小型クロスオーバーワゴン車新型クロスビー(XBEE)が、2017年12月にデビューをしました。

今回新発売された新型モデルは、運転席の着座位置の高さを活かした視界の良さや、ボディサイズの小ささを活かした運転のしやすさが魅力の一つです。

私も先日、この新型モデルを試乗してきたのですが、アイポイントが高いため、他のコンパクトカーよりも運転がしやすいように感じました。

>>> 前方の視界&見切りは良かった!?新型クロスビーの試乗の感想

このように視界の良さが魅力の新型クロスビー(XBEE)ですが、試乗をしていて意外と良いと感じたのは、乗り心地です。

今回新発売された新型モデルは、どのような乗り心地になっていたいのでしょうか?また、逆に乗り心地で気になったシーンは、なかったのでしょうか?

2017年12月にデビューをした新型クロスビー(XBEE)の乗り心地について、徹底的にレビューをしたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型クロスビーの乗り心地レビュー

今回新発売されたスズキの新型クロスビー(XBEE)は、”ハイブリッドMX”と”ハイブリッド”の2つのグレードを用意しているのですが、今回私が試乗をさせて貰ったのは、下位モデルの”ハイブリッドMX”のFF車です。

また、ボディカラーは、人気のラッシュイエローメタリック×ブラックの2トーンカラーでした。

■新型クロスビーのラッシュイエローメタリックの2トーンカラー

今回新発売されたこの新型モデルはこのようにアクティブなスタイルをしているため、また、車高が高いため、「硬めのしっかりとした乗り心地になっているのかも…。」と、予想していました。

しかし、実際にこの新型クロスビー(XBEE)を運転してみると、驚くほどもマイルドで柔らかな乗り味に…。

サスペンションのストロークがある感じの乗り味になっており、路面の荒れたアスファルト道路を運転していていも、”ガツッ ガツッ”と言った衝撃や突き上げがダイレクトに伝わってくるのではなく、”カツッ カツッ”と衝撃がマイルドになっているのが分かる乗り心地になっているのが、好印象でした。

変速ショックがなくスムーズに加速をしていくのも好印象

また、今回新発売された新型クロスビー(XBEE)を試乗していて良いと思ったのは、変速ショックの小ささです。

この新型モデルと同じ1.0L直噴ターボのブースタージェットエンジンと6速ATを組み合わせている新型スイフトのRStでは、変速時のショックが少し気になったのですが、今回新発売された新型クロスビー(XBEE)では、一切気にならない乗り心地に…。

ドライブモード(Dモード)で運転している時も、Mモード(マニュアルモード)で運転している時も、ビックリするくらい変速ショックがなく、CVT車並みに快適でした。

私も初めてこのクルマを運転した時、あまりの変速ショックの無さに、試乗に同行してくれたディーラーさんに、「このクルマって、CVT車ではなく、オートマ車ですよね!?」と、確認してしまったくらいスムーズに加速をしていってくれます。

なので、初めてAT車(オートマ車)を運転する人でも、違和感なく運転できる気が…。

この変速ショックを感じないスムーズな加速も、新型クロスビー(XBEE)の乗り心地に良い影響を与えているのかなと、感じました。

新型クロスビーの乗り心地で気になった事とは?

このように満足度が高い新型クロスビー(XBEE)の乗り心地ですが、試乗をしていて気になった事もありました。

その一つが、揺すられ感(ふらつき)です。

今回新発売されたスズキの新型クロスビー(XBEE)は全高が1705mmあり、コンパクトカーの中でも特に背の高いクルマになっています。

■スズキ新型クロスビーと競合車の全高比較
・新型クロスビー/ハイブリッドMZ (FF車)
全高:1,705mm
・新型イグニス/ハイブリッドMZ (FF車)
全高:1,595mm
・アクア クロスオーバー (FF車)
全高:1,500mm

また、新型クロスビー(XBEE)の運転席の着座位置(ヒップポイント)は、新型イグニスよりも約60mmほど高く、675mmとなっています。

実際にこの新型モデルの運転席に座ってみると、着座位置の高さ、アイポイントの高さを実感します。

■新型クロスビーの着座位置

■新型クロスビーの運転席からの視線

このように今回新発売された新型クロスビー(XBEE)は車高が高く、運転がしやすいというメリットがあるのですが、その副作用として、運転をしていると、ところどころ揺すられ感(ふらつき)を感じます。

また、それなりの速度でカーブに突入をすると、ロールが大きく、グラッと来ます。
一度、カーブを曲がっている最中に予想外の”グラつき”が来て、運転をしていて、ヒヤリとした場面もありました。

カーブ手前でしっかりとスピードを落としてからカーブに差し掛かれば大丈夫だと思いますが、予想外のタイミングで来る”グラッ”は、新型クロスビー(XBEE)の乗り心地の欠点・デメリットの一つなのかなと思いました。

また、今回新発売されたこの新型モデルは、シートのサイドサポートが柔らかいため、カーブを曲がった時に運転姿勢が崩れるのも気になりました。

2017年12月にデビューをしたスズキの小型クロスオーバーワゴンの新型クロスビー(XBEE)の乗り心地を確認したところ、このようになっていました。

今回新発売された新型モデルは、思ったよりもしなやかな乗り心地に…。
また、変速ショックも少なく、まるでCVT車のように加減速する感じも好印象でした。

今回新発売された新型モデルは、車高&ヒップポイントの高さから、ロールを大きく感じるというデメリット・欠点もあるのですが、この欠点・デメリットを差し引いても、新型クロスビー(XBEE)は、誰が乗っても十分に満足できる乗り心地になっているように感じました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする