車内移動はしやすい!?新型クロスビーのウォークスルーをチェック

2017年12月、遊び心をくすぐるキュートな見た目が特徴のコンパクトSUV新型クロスビー(XBEE)が、スズキからデビューをしました。

先日、この新型モデルを試乗しに行ってきたのですが、ハスラーやイグニスと大きく異なると感じた事の一つが、フロントシートから後部座席へのウォークスルー性です。

>>> 新型クロスビーの内装の実車画像インプレ【ハスラーとの違いは意外と大きい!?】

ベンチシートを採用していたハスラーやセンターコンソールを採用していたイグニスと異なり、今回新発売された新型クロスビー(XBEE)は、運転席と助手席の間にスペースを確保。フロントシートから後部座席に直接アクセスできるようなデザインになっていました。

そんな新型クロスビー(XBEE)ですが、フロントシートから後部座席のアクセスは、しやすかったのでしょうか?また、ウォークスルーをするスペースは、どのくらいあったのでしょうか?

先日、この新型モデルを試乗した際、センターウォークスルーのしやすさも確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型クロスビーのウォークスルー性をチェック

2017年12月にデビューをしたスズキのコンパクトSUV新型クロスビー(XBEE)の運転席周りのデザインは、このようになっています。

■新型クロスビーの内装・インテリア


>>> 【関連記事】4WDと2WDで装備が若干違う!?新型クロスビーのインパネ画像レビュー

ご覧いただければ分かると思いますが、今回新発売された新型クロスビー(XBEE)のフロントシートは、ハスラーと異なり、運転席と助手席の間にスペースがある独立したセパレートタイプのシートに…。

■新型クロスビーのシート

■ハスラーの内装・インテリア

また、同じプラットフォームを採用している新型イグニス(IGNIS)は、手動式のサイドブレーキを備えたセンターコンソールを配していたのに対し、今回新発売された新型クロスビー(XBEE)では、センターコンソールの用意もなし。

■イグニスのセンターコンソール

そのおかげもあり、新型クロスビー(XBEE)の運転席と助手席の間には、ウォークスルーをする事ができるスペースが生まれました。

実際にこの新型モデルの運転席と助手席の間のウォークスルーをするスペースを確認してみると、このような感じ。

■新型クロスビーのウォークスルースペース

実際に、この新型モデルのウォークスールをするスペースの幅(広さ)を確認してみたところ、だいたい20㎝弱。

個人的には、もう少しウォークスルーする幅が広い方が良いなと感じましたが、クルマのボディサイズの事を考えると、十分な広さを確保しているるように感じました。

実際にフロントシートから後部座席にウォークスルーをしてみたところ…

運転席と助手席の間に約20㎝幅のウォークスルースペースを確保している新型クロスビー(XBEE)ですが、フロントシートから後部座席へのアクセスのしやすさはどうだったのでしょうか?

身長175cm、中肉中背の私がこのウォークスルースペースを通って、フロントシートから後部座席にアクセスしたところ、やはりウォークスルーをする幅が狭く、通り抜けしにくいように感じました。

約20cmある座面の間のスペースの広さは、私がウォークスルーをするのに十分だったのですが、私が特に通り抜けるのに苦労をしたのが、背もたれ部分の間のスペースです。

新型クロスビー(XBEE)の運転席は引き出し式のアームレストを装備されている事もあり、背もたれの部分のウォークスルースペースが座面部分よりも一段と狭くなっています。

■新型クロスビーの背もたれ部分のウォークスルースペース

このアームレストが装着されている背もたれ部分のウォークスルースペースは、おそらく15cm前後となっており、かなり狭め。私の場合、体を横にしてなんとか通れるくらいの余裕しかありませんでした。

小さいお子さんは細身の方なら、ウォークスルーをする事は可能だと思いますが、成人男性の方が、運転席と助手席を展開した状態でウォークスルーをするのは、ちょっと無理がある感じがしました。

もし、成人男性の方が運転席と助手席の間を通って、フロントシートと後部座席を行き来したいのなら、助手席の背もたれを下記の画像のように前方に倒して、助手席をまたぐようにウォークスルーをした方が、移動はしやすいのかなと思いました。

2017年12月にデビューをしたスズキのコンパクトSUVの新型クロスビー(XBEE)のウォークスルースペースの広さ、フロントシートから後部座席への移動のしやすさを確認したところ、このようになっていました。

この新型モデルはシートの間のスペース(特に背もたれの部分)が狭いので、ウォークスルーをするには、ちょっと窮屈な感じが…。ドライバーさんの体形によっては、ウォークスルーができない可能性もあります。

もしこれからこの新型モデルの試乗に行かれる際は、新型クロスビー(XBEE)のウォークスルー性・移動のしやすさも確かめてみてくださいね。

ちなみに、この運転席と助手席の間のスペースは、ウォークスルーをするだけではなく、ハンドバッグやトートバッグなどの鞄を置くスペースとしても、重宝するのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする