新型エクリプスクロスの外装レビュー【実車画像で新型車の魅力を徹底解剖】

2018年3月、ミドルクラスのSUV新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)が三菱からデビューをしました。

“RVR”や”アウトランダー”、”パジェロ”など様々なSUVを世に送り出している三菱ですが、今回新発売されたこの新型モデルは、スポーティーなフォルムとSUVならではのチカラ強さを兼ね備えたクーペルックなデザインに…。

今までの三菱のSUVとは一線を画したスタイリッシュなデザインになっているように感じました。

そんな新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の外装・エクステリアは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、どのような特徴&魅力があったのでしょうか?

三菱から久々に登場した新型SUVの外装・エクステリアを確認してきたので、実車画像多めで紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型エクリプスクロスの外装レビュー:正面から

2018年3月にデビューをした三菱のスタイリッシュSUV”新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)”を正面から見ると、このようなデザインになっています。

■新型エクリプスクロスの正面からのデザイン
グレード:Gプラスパッケージ

今回新発売された新型モデルも、三菱の特徴でもある”ダイナミックシールド”をフロントマスクに採用。

若干アウトランダーっぽさはあるものの、シャープな印象を与える薄型のヘッドライトと立体感のあるデザインになっているバンパーの組み合わせが、スポーティーさとSUVらしいチカラ強さを表現しているように感じました。

また、大きなサイズになっているウィンカー&フロントフォグランプのおかげで、意外とどっしりとした印象を持ちました。

■新型エクリプスクロスのウィンカー&フォグランプ

ちなみに、上記の画像はオプションのバンパーガーニッシュを装着したモデルだったのですが、バンパーガーニッシュを装着していない標準仕様のモデルの外装・エクステリアは、このようなデザインになっています。

■新型エクリプスクロスの外装:ノーマル仕様

シルバーに加飾されたバンパーガーニッシュを装着したモデルと比較すると、ノーマル仕様のモデルは、フロントダイナミック・押し出し感は和らぐのかなと感じました。

ちょっと残念だったヘッドライトのデザイン

このように存在感の強いフロントマスクを採用している新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)ですが、ちょっと残念に感じたのは、ヘッドライトのデザインです。

この新型モデルのヘッドライトは4灯風のシャープなデザインになっていますが、実際にライトが点灯するのは、内側のみ。外側はダミーとなっており、点灯しません。

実際にこの新型モデルのヘッドライトを点灯してみると、このような感じ…。

■新型エクリプスクロスのヘッドライト

う~~~ん…、実際に見てみると、何かもったいない感じが…。

ちなみに、試乗したい際にディーラーさんに教えて貰ったのですが、ダミーになっているヘッドライトの外側の部分には、元々ウィンカーを配置する予定だったそうです。ただ、視認性の悪さやデザイン性などを理由に、ウィンカーを現行のバンパー部分に移動させたみたい。

そこで問題になったのは、ヘッドライトの外側部分をどうするかと言う事。

はじめはこの外側部分にもライトを入れる事も検討していたようですが、そうすると大幅な設計変更が必要となるとの事。そこで、今回はダミーライトで落ち着いたようです。

ディーラーさんによると、この新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)のヘッドライトの外側が、ダミーになっている事を残念がるお客さんは多いようです。なので、マイナーチェンジのタイミングで4灯式のヘッドライトに変更されるかもしれませんね。

新型エクリプスクロスの外装レビュー:横から

今回新発売された三菱のミドルサイズSUVの新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)を横からみると、このようなデザインになっています。

■新型エクリプスクロスの横からのデザイン

ダイナミックなフロントマスクが印象的だったこの新型モデルですが、サイドビューもかなり印象的なデザインに…。

後方に行くにつれて小さくなるサイドウィンドウ、切れ上がっているキャラクターラインがとても印象的で、まさに”クーペSUV”と呼ぶのに相応しいデザインになっているように感じました。

また、シャークフィンアンテナを全グレード標準装備しているのも、個人的には、好印象でした。

見た目以上に車内は広々

また、今回新発売されたこの新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)で意外と良いと思ったのが、後部座席の居住性です。

今回新発売された新型モデルは、ルーフラインが下がっている事もあり、後部座席の居住性(特に頭上空間)は、狭そうに感じてしまいました。

ただ、実際にこの新型モデルの後部座席に座ってみると、予想以上に広い感じが…。

トヨタのC-HR/CHRや日産のジュークなどミドルクラスミニバンの中には後部座席の居住性が悪い車種もあります。ただ、この新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)は、しっかりと後部座席の広さをしっかりと確保しているのも好印象でした。

タイヤ&ホイールは2種類用意

今回新発売された新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)では、グレードによって異なる2種類のタイヤ&ホイールを用意しております。

■新型エクリプスクロスのタイヤ&ホイール
・Gグレード/Gプラスパッケージ…18インチ
・Mグレード…16インチ

今回私が見た最上位モデルの”Gプラスパッケージ”では、2種類のスポークを組み合わせた独特のデザインの切削光輝処理を施したアルミホイールを標準装備。

■Gプラスパッケージの18インチのタイヤ&ホイール

アーバンタイプのSUVらしいスタイリッシュさを兼ね備えたデザインになってるのが、好印象でした。

新型エクリプスクロスの外装レビュー:後ろから

また、今回新発売された新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の後ろ姿は、このようなデザインになっています。

■新型エクリプスクロスの後ろ姿

そんな新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の後ろ姿で印象的だったのは、リヤコンビネーションランプのデザインです。

今回新発売された新型モデルでは、一体化したリアコンビネーションライトとハイマウントストップランプがリヤガラスを貫くようなデザインを採用。

リヤコンビネーションランプ自体も高めの設定になっており、一目で新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)と分かるデザインに…。

ただ、この新型モデルの後ろ姿はかなり個性的なデザインになっていたので、好き嫌いがハッキリと分かれるのかなと思いました。

上下2つに分かれたリヤガラスも注目ポイントの一つ

また、今回新発売された新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の後ろ姿で印象的だったのは、テールランプによって2分割されたリヤガラスのデザインです。

ディーラーさんは、「リヤガラスは競合車・ライバル車よりも広く取っているので、後方の視界性は良いです。」と、仰っていました。

ただ、個人的には、運転席から後方を確認した時、リヤガラスを貫くこのリアコンビネーションライトが後方の視界を遮っているのが、少々気になってしまいました。

2018年3月にデビューをした三菱のミドルクラスSUV”新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)”の外装・エクステリアは、このようなデザインになっていました。

今回新発売された新型モデルは、シャープなアッパーボディにボリューム感のあるロアボディを組み合わせており、”クーペSUV”と呼ぶのに相応しいデザインになっていました。

また、フロントマスクには、最近の三菱の特徴でもある”ダイナミックシールド”を採用しており、一目見て三菱のクルマと分かるデザインになってるのも好印象でした。

現在、ミドルクラスSUV市場は、日本だけではなく、世界中で人気が高いですが、今回新発売された新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)は、この激戦区の中でも存在感を出せるだけの実力があるように感じました。

>>> 新型エクリプスクロスの内装の実車画像レビュー【競合車に無い装備が盛り沢山!?】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする