新型エクリプスクロスの純正ナビ”MMCS”【SDAよりも良いと思った点とは?】

2018年3月、新開発の1.5リットルのターボエンジンを搭載したコンパクトSUV新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)が、三菱からデビューをしました。

今回新発売された新型モデルでは、多機能な純正ナビ”MMCS(メモリーナビゲーション)”をオプションで用意しており、”Gグレード”/”Gプラスパッケージ”に装備する事が可能です。

ただ、Gプラスパッケージの場合、純正ナビ”MMCS(メモリーナビゲーション)”を注文すると、純正ナビ標準装備されているSDA(スマートフォン連携ディスプレイオーディオ)などが省かれ、ナビ仕様モデルの内装・インテリアになってしまいますが…

>>> SDA仕様とナビ仕様で装備に違いが!?新型エクリプスクロスの内装比較

そんな新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の上位モデルに装着できる純正ナビ”MMCS(メモリーナビゲーション)”は、どのようなデザインになっていたのでしょうか?
また、SDAよりも優れていると感じた点は、なんだったのでしょうか?

2018年3月にデビューをした三菱の新型SUVに用意されている純正ナビ”MMCS(メモリーナビゲーション)”の使い勝手を確認する事ができたので、実際の画像を使って、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型エクリプスクロスの純正ナビ”MMCS”の使い勝手レビュー

2018年3月にデビューをした新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)に用意されている純正ナビ”MMCS(メモリーナビゲーション)”は、このようなデザインになっています。

■新型エクリプスクロスの純正ナビ

SDA(スマートフォン連携ディスプレイオーディオ)は、ダッシュボードの上段にディスプレイが設置されているタイプになっているのに対し、この純正ナビはダッシュボードの中央に埋め込むタイプに…。

見た目のスタイリッシュさは、埋め込み式になっているナビよりもダッシュボードの上段に設置されているSDAディスプレイの方が良いように感じ感じました。

>>> 純正ナビとSDAのデザインの違いを確認したい方は、コチラから

また、この純正ナビを確認してみてちょっと残念に感じたのは、ナビの画面サイズです。

今回新発売された新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)に用意されている純正ナビの”MMCS”の画面サイズは、7インチとなっており、最近のトレンドから考えると、ちょっと小さい感じが…。

実際に運転中、運転席からナビを確認してみると、かなり画面サイズが小さく感じます。
(特に画面が2分割されるマルチアラウンドモニターを使っている時…)

個人的には、もう一回りかもう二回り大きい、せめて9インチくらいの画面サイズにして貰えたらよかったのに…と、この純正ナビを見て思いました。

このように画面サイズやデザイン性など、新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)に用意されている純正ナビ”MMCS”は、少し残念に感じるところがあります。

ただ、この純正ナビ”MMCS”には、SDA(スマートフォン連携ディスプレイオーディオ)には無いメリット&魅力もありました。

純正ナビ”MMCS”のメリット1:ナビ機能のメリット

新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の最上位モデル”Gプラスパッケージ”に標準装備されているSDAには無い、ディーラーオプション設定になっている純正ナビ純正ナビ”MMCS”の最大のメリットの一つは、ナビの機能です。

SDA(スマートフォン連携ディスプレイオーディオ)にはナビ機能は用意されておらず、Android AutoかApple CarPlayの地図アプリをディスプレイに表示して、使用する事になります。

このような仕組みの違いもあり、右左折等の案内やルート案内、渋滞情報どれをとっても、スマホの地図アプリを表示するSADより純正ナビ”MMCS”の方が格段に上。

に私はこの新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)を試乗した際、SDA(スマートフォン連携ディスプレイオーディオ)を使う事ができたのですが、右左折の案内や地図自体の見やすさに物足りなさを感じました。

また、スマホの地図アプリは、クルマが通れないくらい細い道路を案内される事もしばしばあり、信頼感もイマイチ…。

普段からスマホやiPhoneの地図アプリをナビと使用していれば、Gプラスパッケージに標準装備されているSDAを使用しても、違和感を感じないと思います。

ただ、今まで純正ナビのナビを使用していた人が、SDAに乗り換えると、ナビの性能・精度に物足りなさを感じてしまう人が多いのかなと思いました。

純正ナビ”MMCS”のメリット2:エンターテイメント機能

また、新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の純正ナビ”MMCS”は、エンターテイメント機能が充実しているのも魅力&メリットの一つです。

例えば、この新型モデルの”MMCS”では、地上デジタルTVチューナーが備わっているため、車内でテレビを楽しむ事が可能です。また、DVDドライブも備わっているため、CDやDVDを楽しむ事も可能です。(残念ながらBlu-Rayには対応していないようですが…)

一方、 SDA(スマートフォン連携ディスプレイオーディオ)は、テレビを見る機能やCD/DVDなどを再生する機能は搭載されていません。音楽を聞くだけなら、スマホ/iPhone内に保存されている音楽を楽しむ事ができるSDAの方が優れているかもしれませんが…。

なので、もし車内でテレビやDVDなどの映像を見たいのなら、SDAよりも純正ナビのMMCSの方が良いのかなと思いました。

ちなみに、純正ナビのMMCSでは、安全確保のため、走行中、テレビやDVDの映像はナビの画面に表示されなず、音声だけが流れるようになっているようですよ。まぁ、今のご時世、これは仕方ない事ですね。

2018年3月にデビューをした三菱のスタイリッシュSUV新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の純正ナビ”MMCS”のデザインや機能性を確認してみたところ、このようになっていました。

また、純正ナビ”MMCS”は、最上位モデル”Gプラスパッケージ”に標準装備されているSDA(スマートフォン連携ディスプレイオーディオ)と比べて、このようなメリット&魅力がありまりた。

実際に私は、純正ナビ”MMCS”とSDA(スマートフォン連携ディスプレイオーディオ)を見比べる事ができたのですが、ナビ機能の精度には、雲泥の差が…。

新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)に用意されている純正ナビ”MMCS”はオプション価格が高いと言う欠点・デメリットがありますが、ナビ機能を重要視するのなら、SDAよりも純正ナビの方が良いのかなと思いました。

ちなみに、中間グレードのGグレードに純正ナビのMMCSを装着すると、このようにGプラスパッケージよりも乗り出し価格が高くなってしまうので、ご注意を…。

>>> 新型エクリプスクロスの見積もり公開【下位モデルの方が乗り出し価格が高い!?】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする