リクライニング幅はどのくらい!?新型エクリプスクロスの後部座席を実車画像で確認

2018年3月、三菱初となるスタイリッシュなコンパクトSUV新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)が、デビューをしました。

現在、コンパクトSUV市場では、トヨタのC-HR/CHRやホンダのヴェゼルなどが大人気ですが、この新型モデルは後発車種と言う事もあり、競合車・ライバル車には無いメリット&魅力も…。

その一つが、後部座席の居住性の良さです。

今回新発売された新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の後部座席の居住スペースは、コンパクトSUVの中でも特に広い感じが…。また、この新型モデルの後部座席は、スライド機能やリクライニング機能を備えており、後部座席に座る人が快適に過ごせる工夫を施しているのも好印象でした。

>>> スライド量はどれくらい!?新型エクリプスクロスの後部座席の居住性を確認

そんな三菱の新型SUVの後部座席の背もたれは、どのくらいリクライニングする事ができるのでしょうか?また、後部座席の背もたれをリクライニングした時の座り心地は、どうだったのでしょうか?

先日、この新型SUVを試乗した時、後部座席のリクライニング機能を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型エクリプスクロスの後部座席のリクライニング機能【角度&座り心地を徹底チェック】

2018年3月にデビューをした新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の後部座席は、このようなデザインになっています。

■新型エクリプスクロスの後部座席

今回新発売された新型モデルは、横幅が広いため、後部座席に3人座っても、十分に快適に座れる広さに…。また、頭上空間/足元空間ともに十分な広さを確保しているのも好印象でした。

>>> 足元空間は狭いor広い?新型エクリプスクロスの後部座席の広さを計測してみた

このようなデザインになっている新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の後部座席ですが、肩口に備わっているレバーを使用すると、背もたれをリクライニングする事が可能です。

■新型エクリプスクロスのリクライニングレバー

実際にこのレバーを操作して、この新型モデルの後部座席の背もたれを一番後ろまでリクライニングしてみると、このような感じ…。

■後部座席の背もたれを一番後ろまでリクライニングした状態

ちなみに、こちらが後部座席の背もたれをリクライニングしないで、一番立たせた状態です。

■後部座席の背もたれを一番立たせた状態

後部座席の背もたれの角度が全く違いますよね。

このクルマの事を説明してくれたディーラーさんの話によると、この新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の後部座席は9段階(16度~32度)のリクライニングが可能になっているようです。

この新型モデルの後部座席のリクライニングの角度・段階が大きく、自分好みの角度に背もたれを調整できるのは、とても良いと思いました。

ちなみに、トヨタの人気スタイリッシュSUVの”C-HR/CHR”の後部座席にはリクライニング機能が用意されていないのですが、ホンダのヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の後部座席には、背もたれの角度を調節できるリクライニング機能が用意されています。

ただ、この新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の後部座席のリクライニング機能は、2段階しか用意されていません。

■新型ヴェゼルの後部座席をリクライニングした時の様子

ちなみに、こちらは、今回新発売された新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の後部座席をリクライニングした時の様子です。

■新型エクリプスクロスの後部座席をリクライニングした時の様子

このように見比べると、リクライニングできる幅が、この2台のモデルで全く違いますよね。

コンパクトSUVの多くは後部座席のリクライニング機能が用意されていないことを考えると、新型ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)の後部座席にリクライニング機能が用意されているは、とても良いと思います。

ただ、リクライニングの調節の幅が大きい三菱の新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の方が、自分にピッタリの背もたれの角度を調整でき、より快適に過ごせるように感じました。

後部座席の背もたれをリクライニングした時の座り心地は?

このように競合車・ライバル車よりも大きなリクライニング機能を後部座席に備えている新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)ですが、座り心地はどうだったのでしょうか?

後部座席の背もたれを一番立たせた状態にすると、後部座席の背もたれがほぼ垂直になってしまうため、あまり座り心地は良くありません。浅くルーズに腰を掛けて、なんとか座れる感じ…。

また、後部座席をリクライニングした時と比較して、頭上空間(ヘッドクリアランス)が狭くなってしまうため、若干の窮屈感・圧迫感を感じてしまいます。

>>> 頭上は狭さを感じる!?新型エクリプスクロスの後部座席の居住性インプレ

なので、個人的には、新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の背もたれのリクライニングを5段階から9段階(一番後ろ)くらいに設定するのが、腰への負担が少なく、一番快適に過ごせるのかなと思いました。

2018年3月にデビューをした新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)ですが、後部座席のリクライニング機能を確認してみたところ、このようになっていました。

今回新発売されたこの新型モデルの後部座席では、競合車・ライバル車の一つでもあるホンダのヴェゼル/ベゼル(VEZEL)よりも大きいリクライニング機能を用意。

リクライニングレバーが肩口の部分にあるので、後部座席に座りながらの操作はちょっと行いにくいのが難点なのですが、リクライニング幅が大きく、自分好みの背もたれの角度を設定できるのは、とても良いなと思いました。

今回新発売された新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の後部座席の居住性の良さや広さは、競合車・ライバル車には無い、大きな魅力の一つです。競合車・ライバル車の中には、後部座席の居住性が犠牲になっているクルマが数多くあるで…。

「ボディサイズは取り回しが良いコンパクトサイズで、でも、車内が広いクルマが欲しい!」と言う、ちょっとワガママなお客さんに、今回新発売されたこの三菱の新型SUVはピッタリかもしれませんね。

>>> 新型エクリプスクロスの見積もり公開【下位モデルの方が乗り出し価格が高い!?】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする