SDA仕様とナビ仕様で装備に違いが!?新型エクリプスクロスの内装比較

クーペスタイルのスタイリッシュな外見と走破性の良さが魅力のSUV新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)が、2018年3月、三菱からデビューをしました。

そんな新型モデルの注目ポイントの一つが、スマホ/iPhoneと接続して使用する事ができるSDA(スマートフォン連携ディスプレイオーディオ)が最上位モデルの”Gプラスパッケージ”に標準装備されている事です。

>>> 新型エクリプスクロスのインパネ【先進装備など注目ポイントを徹底解剖】

また、今回新発売された新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の”Gプラスパッケージ”は、スマホを持ってい無い方や一般的なナビの方を好む方のために、ディーラーオプションナビも選択できるようになっていました。

ただ、ディーラーオプションのナビを選択すると、内装のデザインや装備に違いが…。

今回新発売された新型SUVの”Gプラスパッケージ”に標準装備されているSDA仕様とディーラオプションナビを搭載するナビ仕様の内装は、それぞれどのようなデザインになっていたのでしょうか?また、SDA仕様とナビ仕様の内装・インテリアでは、どのような違いがあったのでしょうか?

先日、新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)のSDA仕様とナビ仕様の違いを確認する事ができたので、実車画像を使って、この2台のモデルの違いを比較してみたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型エクリプスクロスの内装【SDA仕様とナビ仕様の違いを実車画像で比較】

SDA(スマートフォン連携ディスプレイオーディオ)を標準装備した新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の最上位モデル”Gプラスパッケージ”の内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

■新型エクリプスクロスのSDA仕様の内装・インテリア

一方、ディーラーオプション設定になっているナビ(MMCS)を装着した最上位モデル”Gプラスパッケージ”の内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

■新型エクリプスクロスのナビ仕様の内装・インテリア

この2台のモデルの内装・インテリアを見比べると、SDAやナビが配置されているインパネ中央部分のデザインが異なりますよ。

ディーラーオプションのナビの方はインパネの中央部分に埋め込まれているデザインになっているのに対し、7インチの画面サイズになっているSDAは、ディスプレイをインパネ上段に設置。

■SDA仕様のインパネ中央のデザイン

■ナビ仕様のインパネ中央のデザイン

画面サイズ自体は7.7インチとなっているディーラーオプションナビの方が大きくなっていたのですが、内装・インパネのデザイン性は、標準装備されているSDA(スマートフォン連携ディスプレイオーディオ)の方が良いように感じました。

また、新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)のSDA仕様とディーラーオプションのナビを搭載した仕様では、次のような内装・インテリアの装備や機能に違いがありました。

内装の違い1:センターコンソール

今回新発売された新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)のSDA仕様とディーラーオプションのナビを搭載した仕様の大きな違いの一つが、センターコンソールのデザインです。

■SDA仕様のセンターコンソール

■ナビ仕様のセンターコンソール

どちらのモデルのセンターコンソールもピアノブラック調のパネルを採用するなど、基本的には同じデザインになっています。

ただ、SDA仕様のモデルのセンターコンソールには、SDAを手元で操作をできるタッチパッドを標準装備。

■SDAを手元で操作できるタッチパッド

一方、SDAが装備されていないナビ仕様モデルでは、タッチパッドは装備されておらず、スッキリとしたデザインに…。

どちらのモデルも高級感とスポーティーさを兼ね備えたスタイリッシュなデザインのセンターコンソールになっていました。ただ、個人的には、タッチパッドを備えたSDA仕様のセンターコンソールの方が、先進性のあるデザインになっているように感じました。

内装の違い2:USBポート

また、今回新発売された新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)のSDA仕様モデルとナビ仕様モデルでは、インパネ中央下に備わっているUSBポートの数にも違いがありました。

■SDA仕様のUSBポート

■ナビ仕様のUSBポート

ナビ装着車のUSBポートの数は1つだったのに対し、SDA装着車では、USBポートを2個用意。やはりUSBポートの数が多い方が、嬉しいですよね。

試乗をした際、SDA仕様モデルの方がUSBポートが多い理由をディーラーさんに教えて貰ったのですが、iPodやiPhoneなどを2台同時にSDA接続できるように、USBポートを2個用意しているようです。

また、このように同時接続する以外でも、USBポートを2個用意しているSDA仕様モデルでは、スマホ/iPhoneとSDAを接続した状態でも、まだUSBポートの数に余裕があり、ご家族のスマホやiPhone、お子さんの携帯ゲームの充電をできるようになっているというメリットも…。

ただ、その一方、個人的には、ナビ仕様モデルの方でもUSBポートを2個用意しても良いのかなと、思いました。やはりUSBポートが1個だけでは、心もとないので…。

2018年3月にデビューをした新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)のSDA(スマートフォン連携ディスプレイオーディオ)を装備したモデルとディーラーオプションのナビを装着したモデルの内装を比較したところ、このようになっていました。

また、この2台のモデルの内装・インテリアを比較してみたところ、このような違いがありました。

どちらのモデルも十分スタイリッシュなデザインになっていましたが、タッチパッドをセンターコンソールに備えたSDA装備車の方が先進的なデザインになっている感じが…。また、USBポートが2個用意されていて、使い勝手に優れているのも好印象でした。

このように新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)のSDA装備車とナビ装備車では、内装・インテリアのデザインが異なります。

もしSDA仕様車とナビ仕様車のどちらにしようか迷っている方は、SDAの使い勝手だけではなく、内装・インテリアの違いにも注目をしてみてくださいね。

>>> 新型エクリプスクロスの見積もり公開【下位モデルの方が乗り出し価格が高い!?】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする