足元空間は狭いor広い?新型エクリプスクロスの後部座席の広さを計測してみた

2018年3月、スタイリッシュな見た目が特徴のクーペSUV新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)が、三菱からデビューをしました。

今回新発売された新型モデルの内装・インテリアには、タッチパッドやスマホ/iPhoneとの連携を前提とした機能”SAD(スマートフォン連携ディスプレイオーディオ)”などなど、注目の機能装備が盛り沢山!

>>> 新型エクリプスクロスの内装の実車画像【競合車には無い専用装備を徹底チェック】

最新の装備や機能が充実しているので、ワンランク上のクルマに乗っているような感覚で運転をする事ができました。

また、この新型モデルの内装・インテリアで驚いたのが、後部座席です。

この新型モデルは、街中で映えるスポーティーなクーペスタイルと言う事で後部座席の広さや居住性は犠牲になっていると思っていたのですが、予想以上に広さに…。正直に言って、こんなに後部座席周りが広いと思ってい無かったので、かなりビックリでした。

そんな新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の後部座席は、どのくらいの広さの足元空間(ニークリアランス)を確保していたのでしょか?また、後部座席を前方にスライドしても、快適に過ごす事はできたのでしょうか?

三菱からデビューをした新型SUVの足元空間の広さと快適性を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型エクリプスクロスの後部座席の広さチェック

2018年3月にデビューをした三菱の新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の後部座席は、このようなデザインになっています。

■新型エクリプスクロスの後部座席

今回私が見たモデルは、メーカーオプションの本革仕様になっていた事もあり、ワンランク上の高級感を感じるデザインに…。後部座席をリクライニングすると、頭上空間(ヘッドクリアランス)にもゆとりができ、十分快適に過ごす事ができたのも好印象でした。

また、この新型モデルの後部座席の注目ポイントの一つが、スライド機能を備えている事です。

なので、荷室・ラゲッジスペースに積み込む荷物の量や大きさ、後部座席の使用状況によって、後部座席の足元空間の広さを自由自在に変える事が可能です。

私もこの新型モデルを試乗した際、後部座席をスライドさせて色々な位置に動かしてみたのですが、やはり後部座席のスライド機能はとても便利だと思いました。ただ、後部座席の位置によって、足元空間(ニークリアランス)の広さ、快適性は全く異なる感じが…。

そんな新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の足元空間の広さを

・後部座席を一番後ろにスライドした時
・後部座席を一番前にスライドした時
・後部座席をちょっと前にスライドした時

の3つに分けて計測してきたので、紹介したいと思います。

その1:後部座席を一番後ろにスライドした時の足元空間の広さ

今回新発売された新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の後部座席を一番後ろにスライドした時の足元空間(ニークリアランス)の広さは、このようになっています。ちなみに、運転席は私が運転しやすい位置(真ん中のやや後ろくらい)に設定してあります。

■新型エクリプスクロスの後部座席の足元空間の広さ
後部座席の位置:一番後ろ

画像を見るだけでも足元空間(ニークリアランス)の広さが分かりますね。

この時のこの新型モデルの後部座席の足元空間を計測してみたところ、このようになっていました。

●後部座席を一番後ろにした時の足元空間の広さ…約29cm

また、身長175cmある私が実際にこの状態で後部座席に座ってみたところ、足元空間の広さはこのような感じ…。

膝頭からフロントシートまで拳を縦にした状態で2個分以上の広さを確保。

足元空間にゆとりがあるため、成人男性の私が座っても窮屈さを感じる事無く、快適に過ごす事ができました。

その2:後部座席を一番前にスライドした時の足元空間の広さ

一方、新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の後部座席を一番前にスライドした時の足元空間(ニークリアランス)の広さは、どうだったのでしょうか?

実際にこの新型モデルの後部座席を一番前にスライドしてみると、足元空間の広さは、このようになります。

■新型エクリプスクロスの後部座席の足元空間の広さ
後部座席の位置:一番前

後部座席を一番後ろにした時と比べると、かなり足元空間(ニークリアランス)の広さは、かなり狭いですね。

この時の後部座席の足元空間(ニークリアランス)の広さを計測したところ、このようになっていました。

●後部座席を一番後ろにした時の足元空間の広さ…約10cm

後部座席を一番前にろにした時の足元空間は、たった約10cm。

この足元空間の広さだと、大人の方はもちろんのこと、小さいお子さんが座るのも、ちょっと厳しい感じが…。

後部座席を一番前にスライドすると、荷室・ラゲッジスペースの奥行きが広くなり、たくさんの荷物を積みこむにはとても便利ですが、この状態で後部座席に乗車するのは、ちょっと無理があるのかなと思いました。

その3:後部座席を少し前にスライドした時の足元空間の広さ

また、今回新発売された新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の後部座席を拳一つ分前にした時の足元空間(ニークリアランス)の広さは、どうなっていたのでしょうか?

この新型モデルの後部座席を拳一個分前にスライドした時の足元空間(ニークリアランス)の広さは、このような感じ。

■新型エクリプスクロスの後部座席の足元空間の広さ
後部座席の位置:拳一つ分、前方にスライド

意外と足元空間は広そうですよね。

このように新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の後部座席を拳一個分前にスライドした時の足元空間の広さを確認してみたところ、このようになっていました。

●後部座席を拳一つ分前にした時の足元空間の広さ…約21cm

そして、この状態で実際にこの新型モデルの後部座席にすわってみたところ、このような感じに…。

膝先からシートバックまで拳一つ分くらいしかないため、若干足元が狭いかなと感じるものの、大きなストレスは感じません。また、この状態で長距離ドライブも全く問題ありません。

個人的には、後部座席をこのくらいの位置に設定するのが、後部座席と足元空間と荷室・ラゲッジスペースの広さのバランスが一番良く、車内の広さを有効活用できるのかなと思いました。

2018年3月にデビューをした三菱のスタイリッシュSUV”新型エクリプスクロス”の後部座席の足元空間(ニークリアランス)の広さを確認してみたところ、このようになっていました。

一番前にスライドすると、後部座席に座れないくらい足元空間は狭くなってしまいます。しかし、後部座席を一番後ろに設置したすると、誰が座っても窮屈さを感じないくらい広々としたスペースが登場します。

この足元空間(ニークリアランス)の広さと自由自在に後部座席の位置を調整できる使い勝手の良さは、競合車・ライバル車には無い新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の大きなメリットの一つなのかなと思いました。

>>> スライド量はどれくらい!?新型エクリプスクロスの後部座席の居住性を確認

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする