不満&デメリットとは!?新型エクリプスクロスの荷室の使い勝手インプレ

クーペとSUVのいいとこ取りをしたクロスオーバー車新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)が、2018年3月に三菱から新発売されました。

今回新発売された新型SUVの魅力の一つは、使い勝手の良い荷室・ラゲッジスペースです。この新型モデルは、コンパクトサイズのSUVにも関わらず、車中泊ができるくらい広い荷室・ラゲッジスペースを確保しているのが、好印象でした。

>>> 新型エクリプスクロスの荷室インプレ【競合車・ライバル車には無い魅力とは?】

ただ、その一方、荷室・ラゲッジスペースを実際に見て、気になった部分、ちょっと残念に感じた部分も…。

今回新発売された新型SUVの荷室・ラゲッジスペースを確認してみて気になった、欠点・デメリットは、何だったのでしょうか?

実車画像を使って、今回新発売された三菱のスタイリッシュSUV新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の荷室・ラゲッジスペースのちょっと残念だった部分、欠点・不満を包み隠さず紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型エクリプスクロスの荷室の欠点&デメリット

2018年3月にデビューをした新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

■新型エクリプスクロスの荷室

今回新発売された新型モデルは、コンパクトサイズのSUVとしては珍しい後部座席のスライド機能を用意しています。

なので、荷物の大きさや後部座席の使用状況によって、荷室・ラゲッジスペースの奥行きを調整する事が可能です。

実際にこの新型モデルの後部座席を前方にスライドしてみると、このような感じ…。

■3列目を前方にスライドした時の新型エクリプスクロスの荷室

後部座席を前方にスライドした時のこの新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)は、車内の広さに定評のあるホンダの人気SUV”ヴェゼル/ベゼル(VEZEL)”の荷室・ラゲッジスペースの広さを遥かに凌駕しておりました。

>>>  意外と広い!?新型エクリプスクロスの荷室サイズを実車画像を使って確認

このように広さには大満足だったこの新型SUVの荷室・ラゲッジスペースですが、使い勝手に関して、ちょっと残念な部分がありました。

欠点&不満1:荷室と後部座席の間の隙間

今回新発売された三菱の新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の荷室・ラゲッジスペースの使い勝手でちょっと残念に感じた事の一つは、後部座席を前方にスライドした時に生じる隙間です。

この新型モデルは、後部座席を前方にスライドした時に生じる隙間を埋めるような工夫がほどこされていないため、後部座席を前にスライドすると、奥行き約20cmくらいの大きなギャップが…。

このように見ると、この隙間は意外と大きいですよね。

なので、野球用のゴムボールなど小さいアイテムはこの隙間に落っこちてしまいます。
また、この隙間は意外と深さがあるため、アイテムが落ちた時、拾い上げるのが、ちょっと大変です。

ちなみに、スズキのコンパクトSUVの新型クロスビー(XBEE)やホンダの人気軽自動車”N-BOX(Nボックス)”などでは、後部座席の後ろにボードが設置されており、前方スライドした時に新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)のような隙間ができない工夫をしっかりと施しています。

■スズキ 新型クロスビーの荷室・ラゲッジスペース
・後部座席を一番後ろにスライドした時の様子

・後部座席を一番前にスライドした時の様子

■ホンダ 新型N-BOXの荷室・ラゲッジスペース

・後部座席を一番後ろにスライドした時の様子

・後部座席を一番前にスライドした時の様子

隙間ができてしまう新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の荷室・ラゲッジスペースと比較すると、クロスビーやN-BOXの荷室・ラゲッジスペースの方が使い勝手は良さそうな感じが…。(広さとかは別にして…)

後部座席を前後にスライドできる機能は競合車にも用意されておらず、車内を有効活用するとても良いアイディアだと思っただけだけに、前方にスライドした時に生じてしまう荷室の隙間は余計に残念に感じてしまいました。

欠点&不満2:ゴルフバックの積みこみ

また、今回新発売された三菱の新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の荷室・ラゲッジスペースを確認してみて、ちょっと残念に感じたのは、ゴルフバックの積みこみです。

「この新型モデルは、後部座席を使用時、一番後ろにスライドした状態でゴルフバッグを3個、また、後部座席を約拳一個分前にスライドした状態で、ゴルフバッグを横積みで4個収納できます。」と、ディーラーさんは、豪語していました。

「おぉぉぉ~、それはスゴイ!」と、実際にゴルフバッグを手にとって、荷室・ラゲッジスペースに積み込んでみたところ、一個積みこんだだけで、このような状態。

一つ積みこんだだけなのに、思ったよりもイッパイイッパイ…。

私は最初、ディーラーさんの話を聞いた際、ゴルフバッグをポンポンポンと簡単に積みこめると思っていました。

しかし、これは私の勘違いのようで、後部座性を使用した状態でゴルフバッグを4個積みこむには、パズルを組み立てるようにゴルフバッグを上手に絶妙なバランスで積み重ねていかないといけないようです…。

しかも、今回私が積みこみをしようとしたゴルフバッグは、荷室開口部の横幅よりも長いため、横積みをするのにも一苦労。

ゴルフバッグを積みこむ際、荷室の壁にガンガンとぶつかり、荷室・ラゲッジスペースの壁面に傷ができてしまいそうなのも気になりました。

今回新発売された新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)では、ゴルフバッグを4個積みこめる広さ&収納力を備えているのはとても良いと思います。ただ、もう少しラクにゴルフバッグを積み込めると思っていただけに、ちょっとイメージと違うなと感じてしまいました。

2018年3月にデビューをした三菱のスタイリッシュSUV新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっていました。ただ、このような欠点・デメリットも…。

特に後部座席を前方にスライドした時にできてしまう隙間(ギャップ)は、この新型モデルのラゲッジスペースの大きな弱点・デメリットだと思いました。

荷室・ラゲッジスペースの広さ・使い勝手の良さは、クルマ選びをする上でとても重要なポイントの一つです。

試乗をする際、クルマを購入してから後悔しないように、荷室・ラゲッジスペースの広さや使い勝手もしっかりと確認をしてみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする