スライド量はどれくらい!?新型エクリプスクロスの後部座席の居住性を確認

2018年3月、流麗なデザインが特徴のスタイリッシュSUV新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)が、三菱からデビューをしました。

トヨタのC-HR/CHEやホンダのヴェゼル/ベゼル(VEZEL)など、強力なライバルがいるコンパクトSUV市場ですが、この三菱の新型SUVには、競合車には無い様々な魅力が…。

その一つが、後部座席です。

今回新発売された三菱の新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)では、後部座席を前後に移動できるスライド機能を標準装備。

荷物の量や後部座席の使用状況によって、後部座席の位置を自由自在に調整できるようになっており、競合車・ライバル車よりも後部座席の居住性に優れているように感じました。

そんな新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の後部座席のスライド量はどれくらいなのでしょうか?また、後部座席を前後にスライドした時の足元空間(ニークリアランス)の広さは、どれくらいだったのでしょうか?

三菱からデビューをしたスタイリッシュSUVの後部座席のスライド量を確認してみたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型エクリプスクロスの後部座席【スライド量はどれくらいだった!?】

2018年3月にデビューをした三菱のクーペスタイルSUV新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の後部座席は、このようなデザインになっています。

■新型エクリプスクロスの後部座席

今回新発売された新型モデルの後部座席は、背もたれの角度が調整できるリクライニング機能が用意されるなど、快適性に優れたデザインに…。

また、クーペスタイルのSUVと言うと、頭上空間が狭いイメージがありますが、この新型モデルは十分に広い頭上スペースを確保しているのも好印象でした。

今回新発売された新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の後部座席は6対4の分割方式を採用しているのですが、足元にあるパイプのレバーを操作する事によって、左右別々に前後にスライドする事が可能です。

そんな新型モデルの後部座席のスライド量を確認してみたところ、このようになっていました。

●新型エクリプスクロスの後部座席のスライド量…200mm

200mmと聞いてもあまりピンと来ないかもしれません。ただ、この新型モデルの後部座席を前後にスライドしてみると、このスライド量の大きさを実感する事ができます。

こちらはこの新型モデルの後部座席を一番後ろにスライドした状態です。

■新型エクリプスクロスの後部座席
シート位置:一番後ろにスライドした状態

一方、こちらは後部座席を一番前にスライドした状態です。

■新型エクリプスクロスの後部座席
シート位置:一番前にスライドした状態

このように見比べると、後部座席の位置・足元空間の広さがが全く異なりますよね。

また、後部座席を前方にスライドすると、荷室・ラゲッジスペースの奥行きもかなり広くなりました。

■後部座席を一番後ろにスライドした時の荷室の広さ

■後部座席を一番前にスライドした時の荷室の広さ

たかが200mmと思う方もいるかもしれませんが、スライド機能が装備されているおかげで、今回新発売された新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)は、後部座席と荷室・ラゲッジスペースの使い勝手が格段に良くなっているように感じました。

>>> 新型エクリプスクロスの荷室インプレ【魅力と欠点を実車画像で紹介】

後部座席を前後にスライドした時の足元空間の広さはどうなる?

このように前後に200mmスライドできる新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)ですが、前後にスライドした時の後部座席の足元空間(ニークリアランス)は、どうなっていたのでしょうか?

こちらは、この新型モデルの後部座席を一番後ろにした時の足元空間(ニークリアランス)の広さです。

かなり広いですよね。

後部座席を一番後ろにスライドすれば、このように十分な足元空間(ニークリアランス)の広さを確保。大人の方が、後部座席に座っても十分快適に過ごせるだけの広さになっていました。

一方、新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の後部座席を一番前にスライドした時の足元空間(ニークリアランス)の広さは、このような感じに…。

このように後部座席を一番前にスライドすると、足元空間はかなり狭くなってしまいます。荷物をたくさん積みこむには良いですが、この状態で座るのは、少々窮屈な感じが…。

後部座席に乗車する人がいるシチュエーションでは、スライド量は100mmくらいまでに抑えておいた方が良いのかなと、個人的には思いました。

ちなみに、こちらの記事では、新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の足元空間の広さを計測した結果を紹介しております。また、実際に私が座った時、足元空間(ニークリアランス)にどのくらいゆとりがあったかを、実車画像を使って紹介しております。

>>> 足元空間は狭いor広い?新型エクリプスクロスの後部座席の広さを計測してみた

もしこの新型モデルの後部座席の足元空間(ニークリアランス)の広さを、もう少し詳しく確認したいと思ったら、ぜひとも参考にしてみてくださいね。

2018年3月にデビューをした新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の後部座席のスライド幅を確認してみたところ、このようになっていました。

後部座席を一番後ろと前に設定した時では、足元空間や荷室・ラゲッジスペースの奥行きに大きな違いが生じます。また、実際に座った時の快適性も大きく異なります。

もしこれからこの新型モデルの試乗に行かれる方は、前後にスライドした時の足元空間(ニークリアランス)の広さ、居住性をしっかりと確認してみてくださいね。

>>> 意外と広い!?新型エクリプスクロスの荷室サイズを確認してきた

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする