頭上は狭さを感じる!?新型エクリプスクロスの後部座席の居住性インプレ

SUVに定評がある三菱が送り出した初めてのクーペスタイルSUV新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)が、2018年3月にデビューをしました。

今回新発売された新型モデルは、スポーティーなクーペとSUVらしいチカラ強さを融合させたクロスオーバー車に…。三菱のクルマの特徴でもあるダイナミックシールドもインパクトがあり、存在感のある見た目になっているように感じました。

>>> 新型エクリプスクロスの外装レビュー【実車画像で新型車の魅力を徹底解剖】

現在、この新型モデルのようなクーペSUVが日本だけではなく、世界中でトレンドになっていますが、ちょっと気になるのは、後部座席の頭上空間の広さですよね。

クーペスタイルのSUVは、一般的なSUVと比較して車高を低めに抑えているので…

今回新発売された新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の後部座席の頭上空間は、十分な広さを確保していたのでしょか?また、後部座席に座った時に窮屈感や閉塞感を感じる事はなかったのでしょうか?

2018年3月にデビューをした新型SUVの後部座席の頭上空間(ヘッドクリアランス)を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型エクリプスクロスの後部座席【頭上空間は狭い?】

2018年3月にデビューをした三菱のスタイリッシュSUV新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の外装・エクステリアは、ルーフラインが後端に向けて傾斜したデザインになっているのが、特徴の一つです。

■新型エクリプスクロスの外装

この傾斜の強いルーフラインのおかげもあり、今回、三菱から新発売されたこの新型SUVは、競合車の一つでもあるトヨタのCHR/C-HRや日産のジューク(JUKE)のように後部座席が狭いイメージがありました。

しかし、この新型モデルの後部座席に座ってみると、思ったよりも頭上空間(ヘッドクリアランス)は思ったよりも広い感じがしました。

また、今回新発売された新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の後部座席の頭上空間(ヘッドクリアランス)の広さは、後部座席の背もたれのリクライニングの状態によっても、かなり印象が異なるように感じました。

そんな新型モデルの後部座席に座ってみると、頭上空間(ヘッドクリアランス)は、どのくらいのゆとり・余裕があったのか?身長が約175cmある筆者がこの新型モデルの後部座席に座った時の感想を紹介したいと思います。

後部座席の頭上空間に一番のゆとりを感じたのは…

今回、私がこの新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の後部座席に座って、頭上空間に一番ゆとりを感じたのは、背もたれを最大限にリクライニングした時です。

■後部座席の背もたれを最大限にリクライニングした時の様子

先ほどもお話した通り、私は身長175cmあるのですが、後部座席の背もたれをこのように最大限にリクライニングすると、頭のてっぺんから天井まで手の平一枚ぶんちょっとくらいのゆとりが…。

天井の高さを意識するようなシーンが一切なく、また、圧迫感や窮屈を一切感じないので、ロングドライブでも快適に過ごせるように感じました。

また、今回新発売された三菱の新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)は9段階のリクライニングを備えており、自分に最適な背もたれの角度を設定できるのも好印象でした。

後部座席の背もたれを垂直にすると…

ただ、9段階のリクライニング機能を備えている新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の後部座席の背もたれを垂直にすると、少し頭上空間に狭を感じます。

■後部座席の背もたれを垂直にした時の様子

この状態で、身長175cmの私が先ほどと同様にシートに深く座ると、頭と天井にほとんど隙間がなく、髪の毛がチラチラと天井に当たってしまいます。また、後部座席をリクライニングした時と比較して、頭上空間(ヘッドクリアランス)に若干の窮屈さ・圧迫感を感じます。

このように後部座席の背もたれの角度を垂直にした状態でも、ルーズに(浅く)座れば、座高が低くなるため、頭上空間は気にならなくなります。

ただ、座っている時の姿勢や疲労を考えると、浅くルーズに座るよりも後部座席の背もたれをしっかりと調整した方が良いのかなと思いました。

新型エクリプスクロスの後部座席には窮屈感・圧迫感を感じさせない工夫が…

また、今回新発売された新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の後部座席に座って気が付いたのですが、窮屈感・圧迫感を感じさせない様々な工夫が施されているように感じました。

その一つが、後部座席と着座位置の高さです。

今回新発売されたこの新型SUVは、後部座席の着座ポイントが高めに設定されております。そのおかげで、前方の見晴らしが競合車・ライバル車よりも良い感じが…。

実際に後部座席に座った時の前方の見晴らしはこのようになっています。

■後部座席からの前方の見晴らし

また、後部座席の横にあるサイドウィンドウも、注目ポイントの一つです。

今回新発売された新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)のサイドウィンドウは、開放感を考慮して、前後に長いデザインになっていました。

競合車・ライバル車よりも後部座席周りを広く確保しているのもあると思います。

ただ、この後部座席からの見晴らし良さやサイドウィンドウの大きさも、この新型モデルの後部座席に座った時に閉塞感・窮屈感を感じない大きな要因の一つなのかなと思いました。

2018年3月にデビューをした三菱の新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の後部座席の頭上空間(ヘッドクリアランス)の広さを確認してみたところ、このようになっていました。

この新型モデルは、スタイリッシュなデザインが特徴のクーペSUVと言う事で後部座席の頭上空間は犠牲になっていると感じたのですが、実際に座ってみると、予想以上の広さを確保しておりました。

また、後部座席の背もたれの角度をしっかりと調整すれば、大人がが座っても十分に満足できるだけの広さを確保しているように感じました。

トヨタのCHR/C-HRや日産のジューク(JUKE)などコンパクトSUVの中には、後部座席の居住空間が狭く、ファミリーカーに適さない車種もあります。

しかし、今回新発売された新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の後部座席は十分に広く、ファミリーカー目的で購入しても、十分に満足できる仕上がりになっているように感じました。

>>> 足元空間は狭いor広い?新型エクリプスクロスの後部座席の広さを計測してみた

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする