新型エクリプスクロスのマルチアラウンドモニター【使い勝手は競合車よりも劣る!?】

新開発された1.5リットルターボエンジンを搭載した三菱のスタイリッシュSUV新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)が、2018年3月にデビューをしました。

スマホの地図アプリをディスプレイに表示する事ができるSDA(スマートフォン連携ディスプレイオーディオ)など注目の装備が注目を集めているこの新型SUVですが、充実した安全装備もこのクルマの魅力の一つです。

>>> 新型エクリプスクロスの内装の実車画像レビュー【競合車に無い装備が盛り沢山!?】

そんな新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)に用意されている安全装備の一つが、真上からの俯瞰した視点で自分のクルマと周囲の状況を確認する事ができるバードアイビュー機能付きのマルチアラウンドモニター(アラウンドビューモニター)です。

先日、この新型モデルを試乗した際、マルチアラウンドモニターを使用する事ができたのですが、気になった部分&欠点が…。

今回新発売された新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)に用意されているマルチアラウンドモニターの使い勝手や視認性は、どうだったのでしょうか?また、実際に使ってみて、競合車・ライバル車よりも劣っていると感じたデメリットは、何だったのでしょうか?

この新型モデルに用意されているアラウンドビューモニターの使い勝手や視認性を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型エクリプスクロスのマルチアラウンドモニターの使い勝手レビュー

新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)に用意されているマルチアラウンドモニターは、最上位モデルのGプラスパッケージに標準装備されるSDA(スマートフォン連携ディスプレイオーディオ)、もしくは、ディーラーオプションのナビ(MMCS)のディスプレイに表示されます。

■新型エクリプスクロスのSDA

>>> ナビには無いメリットとは?新型エクリプスクロスのSDAの使い勝手レビュー

■新型エクリプスクロスのディーラーオプションナビ

>>> 新型エクリプスクロスの純正ナビ”MMCS”【SDAよりも良いと思った点とは?】

今回新発売されたこの新型モデルでは、シフトレバーを”R(リヤ)”に入れるか、ハンドル・ステアリングホイールの左側にあるカメラ切り替えスイッチを押すと、ディスプレイにマルチアラウンドモニターの画面を表示する事が可能です。

実際にディスプレイにマルチアラウンドモニターを表示してみると、このよう感じに…。

■新型エクリプスクロスのマルチアラウンドモニター

ご覧いただいた通り、今回新発売された新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)のマルチアラウンドモニターは、2画面で構成されます。

また、真上から見下ろしたような俯瞰の視点でクルマの状況を確認できるバードアイビュー機能も、駐車をする際など重宝するのかなと思いました。

■新型エクリプスクロスのバードアイビュー機能

ただ、今回新発売されたこの新型モデルのバードアイビュー機能付きのマルチアラウンドモニターは、競合車・ライバル車のアラウンドビューモニターよりも劣ると感じた部分もありました。

そんな新型SUVのマルチアラウンドモニターの気になった部分を、包み隠さず紹介したいと思います。

欠点1:画面の鮮明さ

今回新発売された新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)のマルチアラウンドモニター(アラウンドビューモニター)を確認してみて、気になった事の一つが画面の鮮明さと範囲です。

特に気になったのは、上からの俯瞰した視点で周囲を確認する事ができるバードアイビューの画面の鮮明さです。

このバードアイビュー画面は、車体の前後左右に設置されたカメラの映像を合成して表示しているのですが、実際に画面を確認してみると、思った以上にディスプレイに表示された映像に歪みを感じます。

■新型エクリプスクロスのバードアイビュー画面

私がこの新型モデルのバードアイビュー画面を確認した時は、特に前後の歪みが大きく、違和感がありました。

ちなみに、こちらは競合車・ライバル車の一つでもある日産の人気SUV”新型エクストレイル(X-TRAIL)”のアラウンドビューモニターです。

■新型エクストレイルのアラウンドビューモニター

この2台のモデルでは、バードアイビュー(アラウンドビューモニター)の視認性がかなり異なりますよね。

個人的には、クルマの周囲の歪みが少ない日産の新型エクストレイル(X-TRAIL)のアラウンドビューモニターの方が視認性が良い感じが…。

また、新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)のバードアイビューモニターは、もう少し画面の歪みが少なくなるように補整をしてくれたら、視認性が良かったのに…と、思いました。

欠点2:障害物の検知機能

今回新発売された新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)のマルチアラウンドモニター(アラウンドビューモニター)で少し残念だったのは、障害物を検知して、お知らせをしてくれなかった事です。

競合車・ライバル車の一つでもある日産の新型エクストレイル(X-TRAIL)に搭載されているアラウンドビューモニターでは、歩行者など障害物を検知すると、表示されている画面の枠を黄色にして、注意を喚起してくれます。

ちなみに、下記の画面では、後方部分の枠が黄色になっていますが、これはクルマの後方部分に障害物がある事を表しています。

■新型エクストレイルのアラウンドビューモニター

しかし、今回新発売された新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)のマルチアラウンドモニター(アラウンドビューモニター)では、このように障害物を検知して、お知らせしてくれる機能はありません。

新型エクストレイル(X-TRAIL)のアラウンドビューモニターの障害物検知機能も、大まかにしか教えてくれないので、完璧な機能と言う訳ではありません。

ただ、障害物検知機能は意外と助かる場面も多く、この機能が搭載されている新型エクストレイルのアラウンドビューモニターの方が、新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)よりも信頼性は高い感じがしました。

2018年3月にデビューをした三菱のスタイリッシュSUV”新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)”の安全装備の一つでもあるマルチアラウンドモニター(アラウンドビューモニター)の使い勝手や視認性を確認してみたところ、このようになっていました。

この新型モデルでもバードアイビュー機能付きのマルチアラウンドモニターが装着できるのはとても良いと思ったのですが、競合車よりも使い勝手や視認性は劣る感じが…。

もしこれからこの新型モデルの試乗に行かれる際は、このマルチアラウンドモニターの視認性や使い勝手もしっかりと確認してみてくださいね。

ちなみに、マルチアラウンドモニターは、GプラスパッケージのSDA(スマートフォン連携ディスプレイオーディオ)を搭載モデルでは標準装備されています。また、ディーラーオプションのナビを注文すると、セットで装着されるようですよ。

>>> SDA仕様とナビ仕様で装備に違いが!?新型エクリプスクロスの内装比較

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする