ナビには無いメリットとは?新型エクリプスクロスのSDAの使い勝手レビュー

クーペのようなスタイリッシュなデザインと使い勝手の良さが魅力の三菱のコンパクトSUV新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)が、2018年3月にデビューをしました。

今回新発売されたこの新型モデルは機能や装備が充実しているのも魅力の一つですが、注目の装備の一つが、Gプラスパッケージに標準装備されているディスプレイののSDA(スマートフォン連携ディスプレイオーディオ)です。

>>> 新型エクリプスクロスのインパネ【先進装備など注目ポイントを徹底解剖】

ただ、お客さんの中には、このスマートフォン連携ディスプレイオーディオ(SDA)からオプション設定になっている純正ナビ”MMCS”に変更をする方も大勢いるそうです。

今回新発売された新型エクリプスクロスの最上位モデル”Gプラスパッケージ”に標準装備されているSDA(スマートフォン連携ディスプレイオーディオ)は、どのようなデザインになっているのでしょうか?また、SDAには、どんな魅力&メリットがあるのでしょうか?

先日、新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)を試乗した際、SDA(スマートフォン連携ディスプレイオーディオ)の魅力&メリットも確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型エクリプスクロスのSDAの使い勝手&操作性を徹底チェック

2018年3月にデビューをした新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の最上位モデル”Gプラスパッケージ”に標準装備されている装備SDA(スマートフォン連携ディスプレイオーディオ)は、このようなデザインになっています。

■エクリプスクロスのスマートフォン連携ディスプレイオーディオ

最上位モデルのGプラスパッケージに標準装備されているSDA(スマートフォン連携ディスプレイオーディオ)は、お手持ちのスマートフォン/iPhoneをUSBで接続する事で、”Android Auto”や”Apple CarPlay”の映像をインパネ中央の上段に設置されたディスプレイに表示する機能です。

スマホをUSB接続をすると、ハンズフリーフォン、地図アプリを使用したナビ機能、iTuneなどのミュージック再生、ショートメッセージの読み上げ機能などが使用できるようになります。

そんな新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)に用意されているSDA(スマートフォン連携ディスプレイオーディオ)の魅力の一つは、操作性の良さです。

このSDAでは、ディスプレイのタッチパネル操作だけではなく、ハンドルの左側に備わったステアリングスイッチやタッチスクリーン、シフトレバーの横にあるタッチパッドコントローラーで操作を行えるような仕組みに…。

■新型エクリプスクロスのタッチパッドコントローラー

私は実際にこの新型モデルを試乗した際、タッチパッドコントローラーを使用して、ディスプレイを操作をしてみたのですが、思っていた以上に操作がしやすかったです。

このタッチパッドは1本指で動かすとカーソル移動、2本指で動かすとオーディオ操作など、操作方法を覚える必要があります。ただ、運転中、運転姿勢を崩さすに直感的にディスプレイの操作できるのは、このタッチパッドコントローラーの魅力の一つだと思いました。

また、今回新発売された新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の最上位モデルに標準装備されているSDA(スマートフォン連携ディスプレイオーディオ)は、次のようなメリット&魅力がありました。

SDAのメリット1:デザイン性

今回新発売された新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の”Gプラスパッケージ”に用意されているSDA(スマートフォン連携ディスプレイオーディオ)の魅力の一つは、デザイン性です。

メーカーオプションで用意されている純正ナビ”MMCS”は、インパネ中央に埋め込まれるデザインになっています。

■新型エクリプスクロスの純正ナビMMCS

一方、Gプラスパッケージに標準装備されるSDAは、インパネの上段に設置されるデザインに…。

■新型エクリプスクロスのSDA

タッチパネル方式になっているSDAのディスプレイは見た目のデザイン性も良く、ナビ仕様のモデルよりもスタイリッシュな内装・インテリアになっているように感じました。

また、ダッシュボードの上段に備わっているため、ディスプレイを確認する際、視線の移動が少なくてすむのも、このSDAの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

SDAのメリット2:コストパフォーマンスの良さ

また、新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の最上位モデル”Gプラスパッケージ”に標準装備されているSDA(スマートフォン連携ディスプレイオーディオ)の魅力&メリットの一つが、コストの安さです。

Gプラスパッケージの場合、SDAから純正ナビ”MMCS”に変更をすると、21万6000円のオプション代がかかります。

しかし、標準装備されているSDAのままなら、余計なオプション代がかかることなく、ナビゲーション機能を使用する事ができちゃいます。(ちなみに、Gプラスパッケージでは、オーディオレス仕様にすることはできません。)

ナビの性能など気になる部分はあるものの、この費用の安さは、SDA(スマートフォン連携ディスプレイオーディオ)の大きなメリットの一つなのかなと思いました。

SDAのメリット3:情報の新鮮さ

また、新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)のSDA(スマートフォン連携ディスプレイオーディオ)の魅力&メリットの一つが、最新の地図が表示される事です。

この新型モデルに用意されている純正ナビ”MMCS”の大きなデメリット・欠点の一つが、地図情報が自動更新されない事です。

また、新しくできた道路や建物がナビの地図に反映されているのにも時間がかかるため、ナビの地図データを更新したとしても、新しい道路がナビの地図に反映されるとは限りません。

しかし、SDA(スマートフォン連携ディスプレイオーディオ)では、リアルタイムで地図更新が行われるスマホの地図アプリを活用するため、常に最新の状態の地図を表示してくれます。

なので、最新の地図を利用するSDAでは、「新しい近道があるのに、遠回りの古い道を通ってしまう…。」「目的地が新しいスポットだと検索できない。」と、言うような事はありません。

この最新の地図を利用して案内してくれるのは、地図アプリを活用して案内をしてくれるSDA(スマートフォン連携ディスプレイオーディオ) の大きな魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

三菱から発売されたスタイリッシュSUV新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の最上位モデル”Gプラスパッケージ”に標準装備されているSDA(スマートフォン連携ディスプレイオーディオ)は、このようなデザインになっていました。

また、リアルタイムに反映される地図情報やコストパフォーマンスの良さなど様々なメリット&魅力も…。

Gプラスパッケージに標準装備されているSDAには、SDAならではの欠点・デメリットもありますが、

・普段から地図アプリを使っていて見慣れている方
・街乗りメインなので、値段が高い純正ナビは必要ないと思っている方

には、コストパフォーマンスに優れたSDAはピッタリなのかなと思いました。

ちなみに、オプションの純正ナビ”MMCS”に変更するとと、新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)の見積もり金額・乗り出し価格は一気に高くなるので、注意をしてくださいね。

>>> 新型エクリプスクロスの見積もり公開【下位モデルの方が乗り出し価格が高い!?】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする