移動はしやすい?新型ステップワゴンのウォークスルー性を徹底チェック

2015年にデビューして以来、安定した人気を誇るホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)が、2017年9月に初のビッグマイナーチェンジを行いました。

今回新発売されたこの新型モデルの内装のコンセプトは、「車内のリビング化」と言う事だけあって、車内は広々。シートアレンジも豊富で、とても快適でした。

>>> 【体験レビュー】新型ステップワゴンのシートアレンジを実際に確かめてみた

また、この新型モデルを試乗してみて良いと思ったのが、車内の移動のしやすさ(ウォークスルー性)です。

この新型ステップワゴン(STEPWGN)の2列目シートは、左右にスライドする事ができないので、ウォークスルー性は、あまり期待できないのかなと思っていました。しかし、遺体や意外、成人男性の私でもラクに移動できるウォークスルー性を備えていました。

このホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)のウォークスルーに必要なシート間の幅(広さ)は、どれくらいだったのでしょうか?また、ハイブリッド車とガソリン車でウォークスルー性にどのような違いがあったのでしょうか?

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型モデルのウォークスルー性を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ステップワゴンのウォークスルー:フロントシート編

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売されたホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)のガソリン車の運転席、助手席は、このようなデザインになっています。

■新型ステップワゴンのフロントシート

この新型モデルのフロントシートは、運転席と助手席が独立をしたセパレートタイプになっています。なので、運転席と助手席の間を通って、2列目シート&3列目シートにウォークスルーをする事が可能です。

ウォークスルーができる新型ステップワゴン(STEPWGN)の運転席と助手席の間のスペースを確認したところ、このような感じ。

■新型ステップワゴンのウォークスルー幅

運転席と助手席の間のスペースの幅(広さ)は、だいたい150~160mm前後。

なので、運転席と助手席の間のスペースは、スゴイ広いというわけではありません。

ただ、ガソリン車の場合、フロアがデコボコとしておらずフラットになっているため、また、天井が高くなっており、立った時の頭上空間が広いため、意外とスムーズにフロントシートから2列目シートへ移動をする事ができちゃいます。

私は車内の写真を撮るために何度も運転席と2列目シートの間を移動したのですが、とてもスムーズにウォークスルーをする事ができたので、「移動が面倒だな…。」と、感じる時は、一度もありませんでした。

このウォークスルー性の良さは、ホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)の魅力の一つなだと、思いました。

ハイブリッド車のウォークスルー性は若干劣る…

ただ、今回のビッグマイナーチェンジをして新発売されたホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)のハイブリッド車は、ガソリン車よりもウォークスルー性が劣ります。

その大きな理由の一つが、センターコンソールの存在です。

ガソリン車と異なり、ハイブリッド車では、運転席と助手席の間にセンターコンソールが備わっています。

■新型ステップワゴン ハイブリッド車のセンターコンソール

ハイブリッド車に備わっているセンターコンソールは、高さを低く抑えているので、ウォークスルーをする事はできます。ただ、このセンターコンソールをまたがないといけないので、スムーズさには欠けるのかなと、思いました。

また、ハイブリッド車のフロアのデザインも欠点・デメリットの一つです。

今回のビッグマイナーチェンジをして新発売されたホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)のハイブリッド車では、フロントシートの下に”IPU”と呼ばれる走行用のバッテリーを積みこんでいます。なので、フロントシート付近のフロアが盛り上がっているデザインに…。

また、センターコンソール後方のフロアが、若干デコボコとしています。

このデコボコとしたハイブリッド車のフロアも、ハイブリッド車のウォークスルー性を悪くしている原因の一つのなのかなと、思いました。

新型ステップワゴンのウォークスルー:後部座席編

一方、ホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)の2列目シートと3列目シートのウォークスルー性は、どうなっているのでしょうか?

今回新発売されたホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)では、このようなデザインの左右が独立した2人掛けのキャプテンシートが、標準装備されています。

■新型ステップワゴンの独立キャプテンシート

このようなセパレートタイプを採用しているこの新型モデルの2列目シートですが、シートの間は、どれくらいのスペースがあるか確認してみたところ、このようになっていました。

■新型ステップワゴンのウォークスルー幅

十分なスペースがありますよね。

この新型ステップワゴン(STEPWGN)の2列目シートの間のスペースの広さ(ウォークスルー幅)を確認してみたところ、フロントシートと同様の約160mm前後でした。

なので、フロントシートと同様に2列目シートから3列目シートにもラクに移動ができちゃいます。

また、バックドアから乗り降りをする事ができる”わくわくゲート”を使用すれば、一番後ろの荷室からフロントシートまで、直接アクセスする事ができまちゃいます。
(わざわざ荷室からフロントシートに移動をする必要があるかと言えば、微妙ですが…)

シートサイズが小さく座り心地の悪さはちょっと気になるホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)の2列目シートですが、3列目シートへ移動しやすいこのウォークスルー幅は、好印象でした。

ちなみに、メーカーオプション設定になっている3人掛けのベンチシートに変更すると、当然のことながら、2列目シートから3列目シートにウォークスルーができなくなるので、注意をしてくださいね。

>>> ステップワゴンの2列目比較【キャプテンシートとベンチシートは、どっちが良い?】

今回、ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型ステップワゴン(STEPWGN)のウォークスルー性を確認してみたところ、このようになっていました。

ウォークスルーができる幅(スペース)は、競合車・ライバル車と同じくらいの広さでしたが、床の位置が低く、天井は高くなっています。なので、車内の移動は、競合車よりもしやすい感じが…。

車内を自由自在に動ける移動のしやすさは、小さいお子さんがいるご家庭にとって、とても助かる魅力の一つなのかなと、思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする