新型ステップワゴン ハイブリッドのフル液晶メーターは見やすい?【特徴や魅力を徹底解説】

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)のハイブリッド車は、最近トレンドのフル液晶メーターを全グレードに標準装備しています。

ただ、この新型モデルのハイブリッド車のメーターは、良い意味でスッキリとした見た目になっているため、非常に視認性も良いです。

また、ハイブリッド車ならではの表示項目も…。

今回デビューを果たした新型モデルのハイブリッド車のメーターは、どのようなデザインをしているのでしょうか?マルチインフォメーションディスプレイには、どのような表示項目が用意されていたのでしょうか?

新しく生まれ変わった新型ステップワゴン(STEP WGN)のハイブリッド車のメーターを確認してきたので、実写画像を交えて特徴や魅力を紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ステップワゴン ハイブリッド車のメーター【デザイン&画面サイズをチェック】

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)のハイブリッド車のメーターは、このようなデザインをしています。

■ハイブリッド車のメーター

最近はメーターフードを備えていない先進性の高いメーターが流行っていますが、今回デビューを果たした新型モデルは、メーターフードを備えたオーソドックスなデザインになっています。

そんな新型モデルのハイブリッド車のメーターを点灯してみると、このような感じになります。

■点灯時のハイブリッド車のメーター

パワーメーターを配した2眼式のメーターを採用

今回デビューを果たした新型モデルのハイブリッド車は、左側に出力/回生状況を表すパワーメーター、右側にスピードメーターを配した2眼式メーターを採用。

■ハイブリッド車のパワーメーター

■ハブリッド車のスピードメーター

そして、パワーメーター&スピードメーターの両サイドには、L字型のバーでバッテリーの容量とガソリンタンクの残量を表示。

パワーメーターやスピードメーターと独立していることもあり、また、メーターサイズも大きいこともあり、バッテリー容量やガソリンタンクの残量も非常に確認しやすくなっていました。

マルチインフォメーションディスプレイはメーター内に表示

また、今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)のハイブリッド車では、パワーメーターとスピードメーター内に様々な情報を表示するマルチインフォメーションディスプレイを備えています。

■新型ステップワゴンのマルチインフォメーションディスプレイ

そのため、表示項目によっては、メーター内が少しゴチャゴチャとした印象になります。

ただ、マルチインフォメーションディスプレイを表示しないこともできるので、スッキリとしたメーターが好みの方は、マルチインフォの表示を消しても良いかもしれませんね。

画面サイズは10.2インチ

今回デビューを果たしたこの新型モデルのハイブリッド車のフル液晶メーターの画面サイズを確認してみたところ、10.2インチとなっていました。

ちなにも、競合車・ライバル車の一つでもあるヴォクシー/ノアのメーターの液晶画面のサイズは7.0インチなので、新型ステップワゴン(STEP WGN)の方がひと回り以上も大きいことに…。

■ヴォクシーのメーター

画像引用:https://www.webcg.net/

この液晶画面のサイズの違いの影響もあり、新型ステップワゴンのメーターの方が洗練された感じが…。

一目で必要な情報を確認することができる大画面のメーターを採用しているのも、競合車・ライバル車にはないこの新型モデルの魅力の一つですよ。

メーター中央には新型ステップワゴンのシルエットを表示

また、今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)のメーターの注目ポイントの一つは、中央のエリアに表示されるステップワゴンのシルエットです。

■メーターに表示されるステップワゴンのシルエット

クルーズコントロールをスタンバイ状態にすると、メーターの中央エリアにステップワゴンのシルエットが表示されるのですが、運転操作を連動しているんですよね。

例えば、ウィンカーを点灯すると、このシルエットのウィンカーも点灯します。

また、ブレーキを踏むと、このステップワゴンのシルエットもブレーキランプが点灯します。

運転操作とクルマのシルエットが連動しているのは、かなり珍しいですよね。

また、クルーズコントロール(クルコン)を使用時は、このスペースに車線や設定速度だけではなく、検知している周囲のクルマも表示してくれます。

画像引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

このように検知しているクルマを表示してくれると、「クルコンが正常に働いているんだな…」という安心感がありますよね。

この競合車・ライバル車よりも安心感のあるクルーズコントロールも、今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)の魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

メーターのデザインを変更することも可能

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)は、オーソドックスな2眼式のメーターを採用していますが、シンプルなバータイプのメーターに変更することが可能です。

■新型ステップワゴンの2眼式メーター

■新型ステップワゴンのバータイプのメーター

2眼タイプとバータイプでは、メーターの雰囲気が全然異なりますね。

スッキリとした見た目が好みの方は、2眼式ではなくシンプルなバータイプのメーター画面に変更しても良いかもしれませんね。

ちなみに、メーターのデザインは、マルチインフォメーションディスプレイの画面から変更をすることが可能ですよ。

新型ステップワゴン ハイブリッドのマルチインフォメーション【表示項目をチェック】

先ほどもお話した通り、今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)のハイブリッド車は、メーター内に様々な情報を表示してくれるマルチインフォメーションディスプレイを配しています。

ただ、パワーメーター内とスピードメーター内で、マルチインフォメーションディスプレイの表示項目が異なるんですよね。

今回デビューを果たした新型モデルのマルチインフォメーションディスプレイは、どのような表示項目を用意しているのでしょうか?

パワーメーター/スピードメーターにわけて、この新型モデルのマルチインフォメーションディスプレイの表示項目を紹介したいと思います。

パワーメーター内のマルチインフォメーションディスプレイ

今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)のパワーメーター内のマルチインフォメーションディスプレイでは、時計やオーディオ関係、ハンズフリー通話などの情報を表示してくれます。

私はオーディオをつけていない状態で写真を撮ったので、”AUDIO POWER OFF”と表示されていますが、USBやBluetoothで接続した音楽をかけると、曲名やシンガー名がこのスペースに表示されますよ。

また、オーディオ関係の情報を表示する必要がない場合は、非表示にしてスッキリとしたメーターデザインにすることも可能ですよ。

スピードメーター内のマルチインフォメーションディスプレイ

一方、新型ステップワゴン(STEP WGN)のメーターの左側に配置されているスピードメーター内のマルチインフォメーションディスプレイでは、燃費情報や航続可能距離などクルマの走行状況に関する情報を表示してくれます。

■パワーフロー/エンジン作動表示

■航続距離/燃費/とリップメーター

■車速/経過時間/トリップメーター

■ナビゲーション

■シートベルト使用状況

■安全支援情報

■メーター表示設定

また、エコモードをONにした時やオートブレーキホールドをON/OFFした時などのメッセージ画面も、スピードメーター内のマルチインフォメーションディスプレイ画面に表示してくれますよ。

表示画面の変更もスムーズ

また、マルチインフォメーションディスプレイの表示画面の変更をスムーズに行えるのも、今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)の魅力の一つです。

この新型モデルのハンドル・ステアリングホイールの左右には、上下にクルクルと回すことができるセレクターホイールが用意されており、このホイールでマルチインフォメーションディスプレイの表示を切り替えることができます。

ハンドルの左側に備わっているセレクターホイールでは、パワーメーター内のマルチインフォメーションディスプレイの表示項目ができるようになっています。

■新型ステップワゴンのセレクターホイール:左側

そして、ハンドルの右側に備わっているセレクターホイールでは、スピードメーター内のマルチインフォメーションディスプレイの表示項目の切り替えができるようになっています。

■新型ステップワゴンのセレクターホイール:右側

ちなみに、競合車・ライバル車の一つでもある日産のセレナe-POWERでは、ハンドルに備わった十字ボタンを操作して、マルチインフォメーションディスプレイの表示項目を切り替えるようになっていたため、操作性はイマイチなんですよね。

■セレナe-POWERのステアリングスイッチ

ワンアクションでスムーズにマルチインフォメーションディスプレイの表示項目を切り替えることができるようになっていたのは、競合車・ライバル車にはないこの新型モデルの良いところの一つなのかなと思いました。

まとめ:シンプルで視認性に優れた新型ステップワゴン ハイブリッドのメーター

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をさいた新型ステップワゴン(STEP WGN)のハイブリッド車のメーターのデザインや使い勝手を確認してみたところ、次のようになっていました。

■新型ステップワゴン ハイブリッドのメーターのまとめ

・フル液晶デジタルメーターを採用
・画面サイズは10.2インチ
・オーソドックスな2眼式メーターを採用
・バータイプに変更可能
・運転操作に連動したグラフィックは要注目

今回デビューを果たした新型モデル ハイブリッド車は、必要な情報がすぐにわかるオーソドックスな2眼式のメーターを採用。

未来感や先進性と言う点ではイマイチですが、馴染みのあるデザインになっているため、安心感があります。

また、競合車・ライバル車よりも画面サイズが大きく、視認性に優れているのも好印象でした。

もしこれからこの新型モデルの試乗に行かれる方は、新しいデザインに生まれ変わったこの新型モデルのメーターにも注目をしてみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02