新型ステップワゴンの収納スペースは数も使い勝手も大満足【設置場所やサイズを徹底解説】

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をしたホンダの新型ステップワゴン(STEP WGN)は、運転席まわりを中心に数多くの収納スペース&小物入れを用意しています。

そのため、荷物の置き場で困ることはありません。

また、この新型モデルの収納スペース・小物入れは、数が多いだけではなく、使う人のことを考えてデザインされているのも嬉しいポイントの一つです。

今回デビューを果たした新型モデルは、どのような収納スペース・小物入れを用意しているのでしょうか?また、この新型モデルの収納スペースは、どこが優れているのでしょうか?

実写画像を使って、新型ステップワゴン(STEP WGN)の収納スペースの数や設置場所、使い勝手を徹底解説したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ステップワゴンの運転席まわりの収納スペースをチェック

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)の運転席まわりは、このようなデザインをしています。

■新型ステップワゴンの運転席まわりのデザイン

この新型モデルは、スッキリとした薄型のインパネ・ダッシュボードを採用しているため、収納スペース・小物入れの数は、それほど多くなさそうに感じるかもしれません。

ただ、この新型モデルの運転席まわりは、こんなに多くの収納スペース・小物入れが用意されていました。

■新型ステップワゴンの運転席まわりの収納スペース

・サングラスボックス(オーバーヘッドコンソール)
・インパネアッパーボックス
・インパネトレー(助手席側)
・グローブボックス
・コンビニフック(ポップアップフック)
・スマホトレー
・センターロアポケット
・インパネトレー(運転席側)
・センターコンソールボックス
・フロントドアポケット

このように運転席まわりに数多くの収納スペース・小物入れを用意している新型ステップワゴン(STEP WGN)ですが、各収納スペース・小物入れの使い勝手は、次のようになっていました。

サングラスボックス(オーバーヘッドコンソール)

今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)は、ルームランプ付近にワンタッチで開閉することができる収納スペース”サングラスボックス(オーバーヘッドコンソール)”を用意しています。

■新型ステップワゴンのサングラスボックス

旧型モデルにも用意されていたサングラスボックス(オーバーヘッドコンソール)ですが、奥行きがあるため、サイズの大きいサングラスもスッポリと収納することができちゃいます。

また、運転席から手が届きやすいため、ウェットティッシュなどを収納しておくのにも良さそうですね。

インパネアッパーボックス

今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)の助手席側のダッシュボードの上部には、リッド付きの収納スペース”インパネアッパーボックス”が用意されています。

■新型ステップワゴンのインパネアッパーボックス

インパネアッパーボックスの内部は、深さが異なる2つのスペースが用意されているのですが、右側の大きいスペースは、ボックスティッシュがスッポリと収納できるサイズに…。

一方、右側の浅いスペースはカードサイズになっているため、収納できるアイテムは限られてしまうのが、少々残念でした。

インパネトレー(助手席側)

今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)の助手席側のダッシュボードの中央には、広々とした”インパネトレー”を用意しています。

■新型ステップワゴンのインパネトレー

サイズが大きいため、スマホや財布、ポーチなどを気軽にポンと置くことができます。

また、インパネトレーの床面には、置いたアイテムが滑りにくい素材が使用されており、走行中、置いたアイテムがあっちこっちに移動しないよう工夫がほどこされているのが好印象でした。

グローブボックス

新型ステップワゴン(STEP WGN)の助手席側のダッシュボードの下段には、グローブボックスが用意されています。

■新型ステップワゴンのグローブボックス

この新型モデルに用意されているグローブボックスは、起毛処理がほどこされていないシンプルなタイプに…。

ただ、グローブボックスのサイズは大きく、車検証+α収納できるようになっていたのは、好印象でした。

コンビニフック(ポップアップフック)

また、助手席側のインパネトレーの右隣りには、開閉式のコンビニフック(ポップアップフック)が用意されています。

■新型ステップワゴンのコンビニフック

フックが細いため、ちょっと重たいものを吊るしたら壊れてしまいそうですが、耐荷重は3kgあるため、コンビニの買い物くらいでしたら、問題なく吊るすことができちゃいます。

また、最近はスーパーの袋が有料化になったので、コンビニやスーパーに持っていくエコバックをこのスペースに吊るしておくのも良いのかなと思いました。

スマホトレー&センターロアポケット

また、新型ステップワゴン(STEP WGN)のインパネ・ダッシュボードの中央下部には、収納スペースを2つ用意しています。

上段に位置をしているのは、”スマホトレー”。

■新型ステップワゴンのスマホトレー

この収納スペースの上のスペースのUSBポートが用意されているため、その名の通り、スマホやiPhoneを置くのに重宝をする収納スペースです。

ただ、このスマホトレーは、サイズが思ったよりも大きいため、ボックスティッシュなども置くことができちゃいますよ。

また、スマホトレーの下には、センターロアポケットが用意されています。

■新型ステップワゴンのセンターロアポケット

センターロアポケットは、スマホトレーよりもサイズが小さいため、収納できるアイテムは、限られてしまいます。

また、収納スペースの位置が低いため、出し入れがしにくいのも欠点&デメリットの一つです。

なので、折りたたみ傘など、普段はあまり仕様しないものをこのスペースに置いておくのが、良さそうですね。

インパネトレー(運転席側)

また、2022年5月にデビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)は、ハンドルの右側には、インパネトレーを用意しています。

■新型ステップワゴンのインパネトレー(運転席側)

助手席側と比べるとサイズが小さいのですが、コンパクト財布やスマホ、スマートキーなど置いておくのには、ピッタリなサイズに…。

また、このインパネトレーは、ドリンクホルダーも兼ね備えているのも注目ポイントの一つですよ。

■ドリンクホルダー使用時のインパネトレー

センターコンソールボックス

また、ハイブリッド車のみになってしまうのですが、新型ステップワゴン(STEP WGN)は、運転席と助手席の間にセンターコンソールボックスも備えています。

■新型ステップワゴンのセンターコンソールボックス

この新型モデルは、フロントシートから2列目&3列目シートへのアクセスのしやすさ、ウォークスルー性を考慮したため、センターコンソールボックスは低めの設定になっています。

そのため、使い勝手はイマイチです。

また、この新型モデルのセンターコンソールボックスは、小物を置く手前のスペースと薄型のボックスティッシュなどを置けるメイン部分に分かれています。

ただ、これくらいの高さにするのにら、仕切りのないフラットなトレー状にして、フィット4のようにトートバッグやハンドバックを置くためのスペースとして割り切っちゃっても良かったのかなと思いました。

フロントドアポケット

また、2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)のフロントドアの内側パネルには、大きなポケットを用意しています。

■新型ステップワゴンのドア内側パネルのポケット

この新型モデルのドア内側パネルのポケットは、ドリンクホルダーも備わっているのですが、飲み物を置いた状態でも、まだまだゆとりが…。

厚みも思ったよりもあるため、地図や雑誌だけではなく、iPadなどのタブレット端末を収納しておくスペースとしても重宝するのかなと思いました。

新型ステップワゴンの2列目シートまわりの収納スペースをチェック

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)の2列目シートまわりは、このようなデザインをしています。

■新型ステップワゴンの2列目シートまわり

上位モデルはオットマン付きのキャプテンシートを標準装備するなど、旧型モデルよりも快適性がましたこの新型モデルの2列目シートですが、十分すぎるほどの収納スペース・小物入れを用意してます。

■新型ステップワゴンの2列目シートまわりの収納スペース

・折りたたみテーブル
・シートバックアッパーポケット
・シートバックロアポケット

そんな新型モデルの2列目シートまわりの収納スペース・小物入れを紹介したいと思います。

折りたたみテーブル

今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)の2列目シートまわりの収納スペースで特に注目なのが、折りたたみテーブルです。

■新型ステップワゴンの折りたたみテーブル

この新型モデルに用意されている折りたたみテーブルは、旧型モデルと同様、非常にシンプルなデザインに…。

ただ、シートバックテーブルの両サイドには、コンビニフックが備わるなど、使い勝手は、非常に良かったです。

シートバックアッパーポケット

今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)は、折りたたみテーブルの上部に小さいタイプのポケットを用意しています。

■新型ステップワゴンのシートバックアッパーポケット

この新型モデルのシートバックアッパーポケットは、スマホやiPhoneを収納するのにちょうど良いサイズになっているため、使い勝手は非常に良いです。

ただ、フロントシートの裏側に2列目シート用のUSBポートを備えているスパーダ&プレミアムラインと、USBポートの用意がないエアー(AIR)では、シートバックポケットの数に違いがあるので、ご注意くださいね。

■エアーのシートバックアッパーポケット

■プレミアムラインのシートバックアッパーポケット

シートバックロアポケット

また、新型ステップワゴン(STEP WGN)は、シートバックアッパーポケットよりも深さがあるシートバックロアポケットも用意しています。

■新型ステップワゴンのシートバックロアポケット

この新型モデルのシートバックロアポケットが深さがあるため、タブレット端末や小さいサイズのノートPCなどを収納しておくにピッタリです。

また、この新型モデルのシートバックロアポケットの下部はメッシュ生地になっており、中身が見えるようになっているのも好印象でした。

ちなみに、シートバックロアポケットを用意しているのは、助手席側のみです。

運転席側には、シートバックロアポケットの用意がないので、ご注意くださいね。

■運転席側のシートバック

新型ステップワゴンの3列目シートまわりの収納スペースをチェック

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)の3列目シートまわりは、このようなデザインをしています。

■新型ステップワゴンの3列目シートまわり

競合車・ライバル車の一つでもある日産のセレナe-POWERは、3列目シートまわりにもシートバックテーブルを用意していました。

■セレナe-POWERの3列目シート用テーブル

しかし、この新型モデルの3列目シートには、セレナe-POWERに用意されているようなシートバックポケットの用意はなく、小物入れとしても使えるドリンクホルダーのみ。

■新型ステップワゴンの3列目シートまわりの収納スペース

・ドリンクホルダー

そんな新型モデルの3列目シートに用意されているドリンクホルダーのデザイン&使い勝手をチェックしてみあしょう。

3列目シート用ドリンクホルダー

今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)は、3列目シートの両サイドに小物入れとしても使えるドリンクホルダーを用意しています。

■新型ステップワゴンの3列目シート用のドリンクホルダー

この新型モデルのドリンクホルダーは、2つの穴が繋がたメガネタイプとなっており、スマホやiPhoneを置けるようになっているのは、好印象。

ただ、個人的には、財布やタブレット端末、Swichなどの携帯ゲーム機などを置いておけるスペースを用意してもらいたかったです。

まとめ:十分に満足できる数&使い勝手の新型ステップワゴンの収納スペース

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)の収納スペース・小物入れの数や使い勝手を確認してみたところ、このようになっていました。

■新型ステップワゴンの収納スペースのまとめ

・フロントシートまわりには10個の収納スペースを用意
・2列目シートまわりには3つの収納スペースを用意
・3列目シートまわりには1つの収納スペースを用意

3列目シートの収納スペース・小物入れの少なさは少し残念なものの、フロントシート&2列目シートまわりには、収納スペースが多く用意されています。

また、ボックスティッシュを置けるような大きいサイズの収納スペースを用意するなど、使い勝手に優れるのも好印象でした。

そのため、この新型モデルで、「荷物の置き場所がなくて、困る…。」と感じることはないです。

ただ、ハイブリッド車のみセンターコンソールを備えるなど、新型ステップワゴン(STEP WGN)のハイブリッド車とガソリン車では、用意されている収納スペースに差が…。

また、この新型モデルのハイブリッドとガソリン車では、収納スペース以外にも様々な違いがあるので、ご注意くださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02