奥行きはどれくらい変わる?新型ステップワゴンの荷室サイズを計測してみた

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)の魅力の一つは、最大で865mm前後にスライドすることができる2列目シートのです。

そのおかげもあり、この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースの広さ&使い勝手は、2列目シートに位置によって大きく変わってきます。

今回デビューを果たした新型モデルの荷室サイズは、どれくらいなのでしょうか?また、2列目シートの位置によって、荷室・ラゲッジスペースの奥行きは、どれくらいかわるのでしょうか?

フルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)の荷室寸法をアレンジ別に紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ステップワゴンの荷室サイズ【3列目シート使用時の広さは?】

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)の3列目シートを使用時の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインをしています。

■新型ステップワゴンの荷室:3列目シート使用時

この新型モデルの3列目シートは前後にスライドできないこともあり、3列目シート使用時の荷室・ラゲッジスペースの奥行きは、やはり狭くなってしまいますね。

そんな新型ステップワゴン(STEP WGN)3列目シート使用時の荷室・ラゲッジスペースの広さを確認してみたところ、次のようになっていました。

■新型ステップワゴンの荷室寸法:3列目シート使用時

3列目シート使用時の奥行きは標準的なサイズ

今回デビューを果たした新型モデルの3列目シートを使用した時の荷室・ラゲッジスペースは約460mmとなっており、ミドルクラスのミニンバンとしては標準的な広さに…。

ただ、この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースは、床下も収納スペースとして活用できるため、3列目シートの使用時の荷室高は競合車よりも高く、使い勝手が良いように感じました。

床下収納の深さは約250mm

先ほども申し上げた通り、今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)の荷室・ラゲッジスペースの特徴の一つは、深く掘り下げられた床下収納です。

■新型ステップワゴンの床下収納

深さも十分で使い勝手が良さそうな新型モデルの床下収納ですが、サイズを確認してみたところ、次のようになっていました。

■新型ステップワゴンの床下収納のサイズ

今回デビューを果たした新型モデルの床下収納の深さは、約250mm。

十分な深さ&広さを確保していることもあり、3列目シート使用時の荷室・ラゲッジルームの使い勝手は、競合車よりも良い感じが…。

また、荷室フロアよりも広下げられているため、ボールなどの転がりやすいアイテムを収納しやすくなっているのも好印象でした。

新型ステップワゴンの荷室サイズ【2列目シート最後端時の広さは?】

また、新型ステップワゴン(STEP WGN)の3列目シートを収納して、2列目シートを一番後ろまでスライドした時の荷室・ラゲッジスペースは、このような感じになります。

■新型ステップワゴンの荷室:2列目シート最後端時

今回デビューをはたした新型モデルの2列目シートは、ロングスライド機能を備えているため、2列目シートを一番後ろまでスライドすると、荷室・ラゲッジスペースは、かなり狭くなってしまいます。

そんな新型モデルの2列目シートを一番後ろまでスライドした時の荷室サイズを確認してみたところ、次のようになっていました。

■新型ステップワゴンの荷室寸法:2列目シート最後端時

2列目シート最後端時の荷室の奥行きは約910mm

2列目シートを一番後ろまでスライドした時の荷室・ラゲッジスペースの奥行きは約910mmとなっており、十分な広さを確保。

3泊~1週間くらいの旅行で使用できるMサイズのスーツケースも縦にしておくことができますし、非常に使い勝手の良いアレンジになっています。

ただ、2列目シートを最後端にして、背もたれを一番後ろまでリクライニングすると、荷室・ラゲッジスペースに荷物をほぼ置けなくなってしまうので、ご注意を…。

2列目シート収納時の荷室の高さは約1195mm

また、今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)は、旧型モデルと同様、3列目シートを床下に収納するタイプになっています。

そのため、3列目シート収納時の荷室・ラゲッジスペースの高さは約1195mmと、3列目シート使用時よりも狭くなります。

ただ、3列目収納時の荷室・ラゲッジスペースの高さは、競合車・ライバル車とほぼ変わらないため、使い勝手の悪さは感じません。

むしろ3列目シートを荷室の両サイドに跳ね上げる競合車よりも荷室の横幅が広い分、3列目シート収納時の荷室の使い勝手は、競合車よりも良いように感じました。

新型ステップワゴンの荷室サイズ【2列目シート中央時の広さは?】

また、新型ステップワゴン(STEP WGN)の2列目シートを中央(=両サイドに広げた状態で最後端)にした時の荷室・ラゲッジスペースは、このような感じになります。

■新型ステップワゴンの荷室:2列目シート中央時

2列目シートを一番後ろにした時と比べて、荷室・ラゲッジスペースの奥行きはかなり広くなりますね。

そんな新型モデルの2列目シートを中央に設置した時の荷室寸法は、次のようになっていました。

■新型ステップワゴンの荷室寸法:2列目シート中央時

2列目シート中央時の荷室の奥行きは約1,200mm

今回デビューを果たした新型モデルの2列目シートを中間位置にした時の荷室・ラゲッジスペースの奥行きは約1,170mmと、十分な広さを確保。

2列目シートの足元空間(ニークリアランス)も十分な広さを確保しており、バランスの取れた荷室アレンジになっているように感じました。

■2列目を中央位置にした時の足元空間の広さ

長尺物を積み込むのにも有利

また、新型ステップワゴン(STEP WGN)の2列目シートを中央に設置した時の魅力の一つは、荷室・ラゲッジスペースの使い勝手の良さです。

2列目を一番後ろまでスライドした時は、シートを中央に寄せないといけないため、シートの間に隙間がありませんでした。

■2列目シートを中央に寄せた時の様子

そのため、シートの間に隙間はなく、長尺物などを積み込みにくいのが欠点&デメリットでした。

一方、2列目シートを中央位置に設置をして両サイドに広げると、2列目シートの間に20cm弱の隙間が生まれます。

■2列目を左右に広げた時の様子

そのため、スキー板やスノーボードの板、釣り竿などの長いアイテムも収納することができちゃいます。

このように長尺物を積み込みやすくなるのも、この荷室アレンジの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

新型ステップワゴンの荷室サイズ【2列目シート最前端時の広さは?】

新型ステップワゴン(STEP WGN)の2列目シートを一番前にスライドした時の荷室・ラゲッジスペースの広さは、どのようになっているのでしょうか?

今回デビューを果たした新型モデルの2列目シートを一番前にスライドした時の荷室・ラゲッジスペースは、このような感じになります。

■2列目シートを最前端時の荷室・ラゲッジスペース

この新型モデルの2列目シートは、小さく折り畳める機能の用意はありませんが、荷室・ラゲッジ・スペースの奥行きは、かなり広くなりますね。

そんな新型モデルの2列目シートを一番前にスライドした時の荷室のサイズを確認してみたところ、次のようになっていました。

■新型ステップワゴンの荷室寸法:2列目シート最前端時

2列目シート最前端時の荷室の奥行きは約1,710mm

今回デビューを果たした新型モデルの2列目シートを一番前にスライドした時の荷室の奥行きは約1,710mmと、ミドルクラスのミニバンでトップクラスの広さとなっております。

そのため、引っ越しやキャンプなどたくさんの荷物を積み込むときに重宝しそうな感じが…。

また、この新型モデルはホイール張り出しが競合車・ライバル車よりも小さく、十分な荷室幅を確保しているのも好印象でした。

車中泊をすることも可能

また、2列目シートを一番前にスライドした時の荷室・ラゲッジスペースの奥行きは1,710mmと十分な広さを確保しているだけではなく、段差のないフラットな荷室フロアになっています。

そのため、マットや布団を敷けば、そのまま車中泊をすることも可能です。

ちなみに、今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)は、2列目シートと3列目シートをつなげてフルフラット化にすることもできます。

ただ、標準仕様のキャプテンシートでは、2列目シートの間に隙間ができちゃうんですよね。

また、シートがデコボコとしているのも欠点&デメリットの一つです。

なので、この新型モデルで車中泊をするのなら、荷室・ラゲッジスペースを活用した方が手軽で良いのかなと思ってしまいました。

まとめ:十分な広さを確保している新型ステップワゴンの荷室

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)の荷室・ラゲッジスペースの広さを確認してみると、このような感じになります。

■新型ステップワゴンの荷室サイズのまとめ

今回デビューを果たした新型モデルの奥行きは最大で約1,710mmは、ミドルクラスのミニバンの中でトップクラスの広さとなっていました。

また、この新型モデルの3列シートは床下収納をするタイプになっているため、3列目シートを収納時に荷室・ラゲッジスペースの横幅は損なわないのも魅力の一つ。

テールゲートの開け閉めなど欠点&デメリットもありますが、荷室の広さ&使い勝手の良さに関しては、新型ステップワゴン(STEP WGN)が一番優れているのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02