新型フォレスター ハイブリッドの外装【ガソリンには無い3つの魅力とは?】

ガソリン車よりも発売が遅れていた5代目新型フォレスター(Forester)のハイブリッド車が、遂に2018年9月にデビューをしました。

今回新発売された新型ハイブリッド車の外装・エクステリアは、専用デザインのタイヤ&ホイールなど様々な専用装備を用意。そのおかげで、ガソリン車よりもオシャレ&先進的なデザインになっていました。

>>> 新型フォレスターの外装の実車画像レビュー【ガソリン車の魅力&特徴を徹底解剖】

そんな新型フォレスター ハイブリッド(Forester Hybrid)の外装・エクステリアは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、この新型モデルの外装・エクステリアには、どのような特徴&魅力を備えていたのでしょか?

2018年9月に新発売された新型ハイブリッド車の外装・エクステリアの魅力&注目ポイントを実車画像を使って、徹底的にレビューしたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型フォレスター ハイブリッドの外装レビュー

5代目新型フォレスター(Forester)の中で唯一のハイブリッド仕様となっている”アドバンス(Advance)”の外装・エクステリアは、このようなデザインになっています。

■新型フォレスター ハイブリッドの外装・エクステリア

ちなみち、こちらは、ハイブリッド車よりも一足早く発売されたガソリン車の最上位モデル”プレミアム(Premium)”の外装・エクステリアです。

■新型フォレスター ガソリン車の外装・エクステリア

ガソリン車と同様に、このハイブリッド車も最近のスバル車の特徴でもある”コ”の字型のヘッドライトやヘキサゴングリルを標準装備しており、スバル車らしいフロントマスクに…。

■ハイブリッド車のヘッドライト

■ハイブリッド車のヘキサゴングリル

ただ、2台のモデルの外装・エクステリアのデザインは、明らかに異なりますよね。

ガソリン車はオフロードでも走破できる本格派SUVのような無骨さのあるデザインになっていました。一方、シルバーの加飾が施されたハイブリッド車は、無骨さが影を潜め街中の運転にピッタリなスタイリッシュなデザインになっていました。

また、この新型フォレスター(Forester)のハイブリッド車に用意されている専用装備のおかげで、外装・エクステリアの違いは一目瞭然。

クルマによっては、ハイブリッド車かガソリン車かを見分けるのが難しい車種もありますが、この新型モデルは、外装・エクステリアからハイブリッド車・ガソリン車のどちらのモデルか見分けるのは、容易なのかなと思いました。

魅力1:ハイブリッド専用装備を多数用意

2018年9月にデビューをした新型フォレスター ハイブリッド(Forester Hybrid)の大きな魅力の一つは、外装・エクステリアに用意されている様々な専用装備です。

例えば、この新型モデルのボディ下部には、シルバーのフロントバンパーガード、サイドクラッディング、リヤバンパーガードが用意されています。

■新型フォレスター ハイブリッドのフロントバンパーガード

■新型フォレスター ハイブリッドのサイドクラッディング

■新型フォレスター ハイブリッドのリヤバンパーガード

また、ハイブリッド車では、ガソリン車と異なりサイドミラーもシルバー加飾が施されていました。

■新型フォレスター ハイブリッドのサイドミラー

このようにハイブリッド仕様の”アドバンス(Advance)”の外装・エクステリアでは、シルバー加飾が施されたアイテムが多数備わっているため、ガソリン車よりも先進的な雰囲気の外装・エクステリアになっていました。

また、サイドやリヤに用意されていたハイブリッド車を表す”e-BOXER”専用エンブレムも、特別感を演出していて良かったです。

■新型フォレスター ハイブリッド専用エンブレム

魅力2:ルーフレールもハイブリッド専用デザインに…

このように様々な専用装備を備えている新型フォレスター ハイブリッド(Forester Hybrid)ですが、メーカーオプション設定になっているルーフレールも”アドバンス(Advance)”専用装備になっています。

■新型フォレスター ハイブリッドのルーフレール

この新型ハイブリッド車のルーフレールは、ボディのデザインにマッチするようにシルバーの加飾が…。シルバー加飾が施されたハイブリッド車の外装・エクステリアとマッチをしいて、とても良いデザインのルーフレールになっていました。

ただ、この新型フォレスター ハイブリッド(Forester Hybrid)の車体本体価格などを考えると、Xブレイク(X-BREAK)同様にルーフレールを標準装備にして貰いたかったなと言うのが本音です。

>>> 新型フォレスター ハイブリッドの見積もり公開【ガソリン車との価格差はいくら!?】

魅力3:専用デザインのタイヤ&ホイール

また、この新型フォレスター(Forester)の注目ポイントの一つが、タイヤ&ホイールです。

今回新発売された新型ハイブリッド車は、ガソリン車とは異なる専用デザインのタイヤ&ホイールを標準装備。

■新型フォレスター ハイブリッドのタイヤ&ホイール

風車っぽいデザインが、このハイブリッド車のホイールの特徴です。

このハイブリッド車の”アドバンス(Advance)”のホイールは、ガソリン車の最上位モデル”プレミアム(Premium)”と同様にダークメタリック塗装&切削光輝加工が施されています。

■新型フォレスター プレミアムのタイヤ&ホイール

ただ、ホイールのデザインが異なるため、新型フォレスター(Forester)の方が柔らかい印象を持ちました。

また、この新型ハイブリッド車の風車のようなデザインのホイールは、シルバーの加飾を施した外装・エクステリアとの相性もとても良いように感じました。

2018年9月にデビューをしたスバルのミドルクラスSUV新型フォレスター ハイブリッド(Forester Hybrid)の外装・エクステリアは、このようなデザインになっていました。

このハイブリッド車の外装・エクステリアは、様々な専用装備を備えており、ガソリン車とは全く異なる雰囲気に…。ガソリン車よりも垢抜けた(あかぬけた)デザインになっているのが、印象的でした。

今回新発売されたこのハイブリッド車の”アドバンス(Advance)”のみドライバーモニタリングシステムが装着されるなど、機能や装備が注目を集めています。ただ、スタイリッシュさが増したこの外装・エクステリアも注目ポイントの一つなのかなと思いました。

もしこれからこの新型ハイブリッド車の試乗に行かれるのなら、ガソリン車とハイブリッド車の外装・エクステリアの違いをじっくりと見極めてみてくださいね。

>>> 新型フォレスターの最新納期【ガソリンとハイブリッドで納車待ちに違いが!?】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする