新型セレナe-POWERはフルフラットになる?【シートアレンジを確認してみた】

2018年3月、日産の人気ミニバン新型セレナに待望の新モデルe-POWER(eパワー)がデビューをしました。

今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)は、既存のガソリン車/マイルドハイブリッド車と異なり、2列目に左右が独立したキャプテンシートを採用。ガソリン車/マイルドハイブリッド車よりもフィット感が良く、座り心地の良いシートになっていました。

>>> セレナe-POWERのキャプテンシートの座り心地【ガソリン車には無い魅力とは?】

このように独立キャプテンシートを採用している新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)ですが、フルフラットになるシートアレンジは、用意されていたのでしょうか?また、サイズ&使い勝手、居住性は、どうだったのでしょうか?

2018年3月にデビューをした新型e-POWER(eパワー)のシートはフルフラットになるのか確認をしてきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型セレナe-POWERのシートアレンジ【フルフラットになるか徹底チェック】

結論から申し上げますと、今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)では、ガソリン車/マイルドハイブリッド車と同様にフルフラットにする事が可能です。

また、この新型e-POWER(eパワー)では、競合車・ライバル車と同様に

・1-2列目フルフラットモード
・2-3列目フルフラットモード

を用意していました。

ただ、2列目シートのデザインが、新型e-POWER(eパワー)とガソリン車/マイルドハイブリッド車で異なることから、若干使い勝手が違うように感じました。

そんな新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の2つのフルフラットモードを実際に試してみたので、実車画像を使って、紹介したいと思います。

新型セレナe-POWERの1-2列目フルフラットモード

今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の1列目(フロントシート)のヘッドレストを取り外して、2列目シートの座面にくっつくまでリクライニングをした”1-2列目フルフラットモード”は、このような感じになっています。

■新型セレナe-POWERの1-2列目フルフラットモード

このように”1-2列目フルフラットモード”は座面も十分に長く、私が2列目シートの背もたれに背中をつけて、足を延ばして座っても、足元空間に50cm以上の余裕が…。

また、フロントシートと2列目シートの密着部分で不快な段差や隙間ができないため、座り心地が良いのも好印象でした。

サービスエリアや道の駅で足を延ばしてリラックスしたい時には、この1-2列目フルフラットモードは、ピッタリなシートアレンジなのかなと思いました。

1-2列目フルフラットモードは車中泊には不向き

このようなデザインになっている新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の1-2列目フルフラットモードですが、この状況で2列目シートの背もたれをリクライニングすると、3列目シートの座面と重なってしまいます。

なので、このシートアレンジでは、2列目シートの背もたれをフルフラットにすることはできません。また、2列目シートの背もたれをフルフラットにする事ができないので、横になるには、少々窮屈な感じが…。

1-2列目フルフラットモードは足を伸ばしてリラックスをするにはピッタリなシートアレンジですが、車中泊に使用するのは、ちょっと無理があるのかなと感じました。

新型セレナe-POWERの2-3列目フルフラットモード

また、今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の2列目シートと3列目シートを密着させた”2-3列目フルフラットモード”も用意しています。

実際に2列目シートのヘッドレストを外して、3列目シートに密着させると、このような感じになります。

■新型セレナe-POWERの2-3列目フルフラットモード

この日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の2-3列目フルフラットモードで良いと思ったのが、3列目シートの背もたれのデザインです。

この新型モデルの3列目シートは、ヘッドレストを外さないとテールゲートに途中でぶつかってしまうのですが、ヘッドレストを取り外すと、このようにフルフラットまでリクライニングする事が可能です。

なので、この2-3列目フルフラットモードにした時のシートサイズも十分なので、車中泊にピッタリ。

2列目シートや3列目シートの座面と背もたれの部分で段差ができてしまうので、この段差を埋めるためのマットなどが必要です。ただ、身長175cmある私が横になれるくらいの広さを確保しているのは、とても良いと思いました。

2-3列目フルフラットモードの居心地は、ガソリン車よりも劣る?

このように車中泊ができるくらいのサイズを確保している新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の2-3列目フルフラットモードですが、ちょっと気になった事が…。

それは、今回新発売されたこの新型e-POWER(eパワー)の2列目シートは、独立キャプテンシートを採用してるため、フルフラットにした時にシートの間に隙間ができてしまう事です。

夫婦2人くらいならこの隙間を埋めなくても車中泊をすることができますが、必要は家族みんなで横になりたいのなら、このシートの隙間を埋める必要があります。

ちなみに、新型セレナ(SERENA)のガソリン車/マイルドハイブリッド車では、専用装備のスマートマルチセンターシートを使用すれば、このように難なく2列目シートの間の隙間を埋める事ができます。

■ガソリン車の2-3列目フルフラットモード

2列目シートの座り心地や乗り心地は、フィット感が増した新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の方が良いですが、車中泊のしやすさ&使い勝手の良さは、ガソリン車/マイルドハイブリッド車の方が良いのかなと思いました。

2018年3月にデビューをした日産の人気ミニバン新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)は、このように2種類のフルフラットモードを用意していました。

この新型モデルは、ミドルクラスのミニバンの中でも特にシートサイズが大きいので、フルフラットモードにした時の広さ&快適性が競合車・ライバル車よりも段違いに良い感じが…。

成人男性の私が寝転んでも窮屈さ・狭さを感じない広さを確保しているのは、好印象でした。

また、段差や隙間など若干気にしないといけない部分はありますが、車中泊をするのに十分なスペース&シートアレンジを確保しているのは、この新型e-POWER(eパワー)の魅力の一つなのかなと思いました。

>>> 車中泊も余裕?新型セレナe-POWERのフルフラットの寸法を確認してきた

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする