新型ステップワゴン ハイブリッドのインパネ【ガソリンには無い魅力が盛り沢山】

今までは、ターボエンジンを搭載したガソリン車のみを用意していた新型ステップワゴン(STEPWGN)ですが、2017年9月、待望のハイブリッド車がデビューをしました。

先日、新たに追加されたハイブリッド車を早速見に行ってきたのですが、外装・エクステリアに関しては、ガソリン車とそれ程大きな違いはありません。

ただ、センターコンソールが装着されるなど、内装・インパネには、大きな違いが…。また、内装を細かく見ていくと、「あれっ!?こんなところも違うんだ。」と、思う事も…。

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型ステップワゴン ハイブリッド(STEPWGN Hybrid)のインパネ・内装は、どのようなデザインになっているのか?
実際に試乗をして、気になった事は無かったのか?

新しく追加された新型ハイブリッド車のインパネを、実車画像を使って、どこよりも詳しく紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ステップワゴン ハイブリッドのインパネ画像レビュー

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型ステップワゴン ハイブリッド(STEPWGN Hybrid)のインパネ・内装は、このようなデザインをしています。

■新型ステップワゴン ハイブリッドのインパネ

今回発売されたハイブリッド車のインパネは、ガソリン車と同様に左右にまっすぐ伸びた水平基調のデザインを採用しています。収納スペースも多く、また、薄型になっているため、前方の視界性に優れているのが、好印象でした。

そんな新型ステップワゴン ハイブリッド(STEPWGN Hybrid)のインパネですが、若干ガソリン車とデザインは、異なります。

ガソリン車・ハイブリッド車ともに、上位モデルでは、スタイリッシュなカーボン調のパネルを採用しているのは、共通しています。ただ、ハイブリッド車では、インパネの縁の部分をシルバーのモールディングで覆うようなデザインに…。

■ハイブリッドのカーボンパネル&シルバーモールディング

このシルバーのモールディングを採用したハイブリッド車のインパネの方が、ガソリン車よりもメリハリがあり、モダンな感じの内装・インテリアになっていました。

そんな新型ステップワゴン ハイブリッド(STEPWGN Hybrid)のインパネ・内装ですが、各装備&機能は、どのようなデザインになっていたのでしょうか?

この新型ハイブリッド車のインパネの各装備を細かく確認していく事にしましょう。

ハンドル・ステアリングホイール

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型ステップワゴン ハイブリッド(STEPWGN Hybrid)では、このようなデザインのハンドル・ステアリングホイールを標準装備しています。

■新型ステップワゴン ハイブリッドのハンドル

今回新発売されたハイブリッド車では、最廉価モデルの”Bグレード”を除いて、すべてのグレードで本革巻きのステアリングホイールを標準装備。

見た目の高級感も良く、また、太さもちょうど良く、握った時にじんわりと手に馴染む感じも好印象でした。

また、この新型ハイブリッド車では、ハンドルを握ったまま操作ができるように、様々なステアリングスイッチが備わっています。

ハンドルの右側に設置されているが、クルーズコントロールと車線維持機能などを操作するスイッチ。

一方、ハンドルの左側には、オーディオのボリューム調整やナビを操作するステアリングスイッチを用意。

どちらのスイッチもボタンが大きく、運転中の操作がしやすいのが好印象でした。

ただ、このハイブリッド車のハンドル・ステアリングホイールで少し残念だったのは、
ガソリン車の上位モデルに設置されていたパドルシフトが用意されていなかった事です。

■ガソリン車のパドルシフト

同じハイブリッドシステムを採用しているオデッセイ ハイブリッドでも、パドルシフトは用意されていないので、システム上難しいのかもしれません。

ただ、個人的には、新型ステップワゴン ハイブリッド(STEPWGN Hybrid)にも、パドルシフトを用意して貰いたかったです。

シフトレバー

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型ステップワゴン ハイブリッド(STEPWGN Hybrid)の注目の装備の一つが、シフトレバーです。

このハイブリッド車では、ホンダの人気コンパクトカーのフィット3 ハイブリッド(FIT3 Hybrid)などに採用されている電子式のシフトレバーを採用。

このシフトレバーの操作性はとても良いのですが、シフトレバーのノブがガソリン車よりも短いため、若干位置が遠く感じます。

この点が少々残念でした。

ハイブリッド車では、電動パーキングブレーキを標準装備

また、今回新発売された新型ステップワゴン ハイブリッド(STEPWGN Hybrid)が、ガソリン車と大きく異なるポイントの一つが、パーキングブレーキです。

ガソリン車では、足踏み式のパーキングブレーキを標準装備していましたが、このハイブリッド車では、電動パーキングブレーキを標準装備。

■ハイブリッド車の電動パーキングブレーキ

また、停車時にブレーキペダルから足を離しても、停車状態を保持してくれるオートブレーキホールドも標準装備されています。

この電動パーキングブレーキやオートブレーキホールドは、センターコンソールに備わっており、少し位置が位置が低いのが気になりましたが、使い勝手はとても良いと思いました。

ちなみに、ハイブリッド車専用の装備となっているセンターコンソールは、こちらの記事で詳しく紹介しておりますので、もしよかったら、確認をしてみてくださいね。

>>> センターコンソールの使い勝手は?新型ステップワゴン ハイブリッドの専用装備

プッシュ式のエンジンスターター

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型ステップワゴン ハイブリッド(STEPWGN Hybrid)では、全グレード共通して、プッシュ式のエンジンスターター(起動スイッチ)が、ハンドルステアリングホイールの左側に設置されています。

■プッシュ式のエンジンスターター

ただ、このクルマに採用されてるエンジンスターターは、エンジンを切る時、長押しをしないといけません。

この使用感が、以前、試乗させてもらったらフィット3やフリードなど、他のホンダ車と異なるので、最初少し戸惑いました。

エアコン&空調パネル

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型ステップワゴン ハイブリッド(STEPWGN Hybrid)のエアコンパネルは、このようなデザインをしています。

■新型ステップワゴンのエアコン&空調パネル

この新型モデルでは、全グレード共通して、運転席と助手席で別に温度を調節する事ができる”前席左右独立温度調整式のエアコン”を標準装備しています。

また、それだけではなく、新型ステップワゴン ハイブリッド(STEPWGN Hybrid)の上位モデルでは、2列目シートの天井にも空調パネルが組み込まれ、エアコンやヒーターの温度や風量の調節ができるようになっています。

車内が広いミニバンの欠点の一つは、室内の温度調節が難しい事です。

エアコンの温度を低く、そして、風量を強くしても、3列目シートは、全然涼しくならないという事は、多々あります。

このように後部座席も独立して温度調節でき、2列目・3列目シートに座る同乗者も快適に過ごせるのは、この新型モデルの魅力&メリットの一つなのかなと、思いました。

カーナビ

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型ステップワゴン ハイブリッド(STEPWGN Hybrid)では、メーカーオプション、ディーラーオプションなど様々なデザインのナビを用意しています。

ちなみに、私が試乗をしたモデルでは、ディーラーオプションの純正ナビ”VMX-185VFNi”が装備されていました。

■新型ステップワゴンのディーラーオプションナビ

画面サイズも9インチと大きいため、視認性は、とても良いです。

個人的には、7インチサイズのメーカーオプションのナビよりも、ディーラーオプションのナビ”VMX-185VFNi”の方が、個人的には、良いと思いました。

ちなみに、新型ステップワゴン ハイブリッド(STEPWGN Hybrid)の純正ナビでは、メーカーオプションで上からの俯瞰した視点でクルマの周りの状況を確認する事ができるマルチビューモニターを装備する事が可能です。

このマルチビューモニターもなかなか使い勝手が、良いように感じました。

スイッチ類

また、新型ステップワゴン ハイブリッド(STEPWGN Hybrid)では、ハンドル・ステアリングホイールの右側に様々なスイッチ類が標準装備されています。

送風口のちょうど下の部分には、スライドドアの開閉スイッチと、低燃費運転をする事ができるECONモードのボタンが…。

■スライドドア開閉スイッチ&ECONボタン

このスライドドアの開閉スイッチとECONボタンは、配置されている位置が高く、操作がしやすいのが、好印象でした。

また、インパネの右側下部には、衝突軽減ブレーキなど安全装備に関するON/OFFスイッチが用意されていました。

このスイッチは、インパネの奥まった位置に配置されているので、操作性はそれ程良くありません。ただ、これらのスイッチを使う機会はそれ程多く無いので、この位置で特に問題は、無いのかなと、思いました。

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型ステップワゴン ハイブリッド(STEPWGN Hybrid)のインパネ・内装は、このようなデザインになっていました。

この新型モデルには、電動式のパーキングブレーキや左右独立して温度の調整ができる空調システムなど、快適に運転できる機能がもりだくさん!機能面や装備面では、物足りなさを感じる事は、無いのかなと思いました。

ちなみに、新型ステップワゴン ハイブリッド(STEPWGN Hybrid)とガソリン車の内装・インテリアは、こちらの記事にまとめているように様々な違いがあります。

>>> 新型ステップワゴンの内装【ハイブリッドvsガソリンの違いを実車画像で比較】

こちらの記事を確認して頂くと分かると思いますが、意外と内装・インテリアの違いは、大きいです。なので、試乗をする際は、しっかりとこのハイブリッド車とガソリン車の内装の違いも確認をしてみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする