新型ステップワゴンのエアーとスパーダの外装の9つの違いとは?【実写画像で徹底比較】

2022年6月にフルモデルチェンジをして新発売をしたホンダの新型ステップワゴン(STEP WGN)は、下位モデルに位置をするエアー系のグレードと上位モデルに位置をするスパーダ系のグレードの2種類を用意しています。

まったく異なる雰囲気をただよわせているこの2台のモデルですが、外装・エクステリアまわりの機能&装備にも大きな差が…。

また、この2台のモデルの違いの中には、「えっ…こんなところも違うの?」と言った感じで、よ~く見比べないと差がわからないところもあります。

今回デビューを果たした新型モデルのエアー(AIR)とスパーダ(SPADA)の外装・エクステリアは、どのようなデザインになっているのでしょうか?また、機能や装備にどのような違いがあるのでしょうか?

実写画像を使って、新型ステップワゴン(STEP WGN)のエアーとスパーダの外装・エクステリアの違いを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ステップワゴンの外装【エアーとスパーダのデザインをチェック】

2022年6月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)のエアーとスパーダの外装・エクステリアは、それぞれ次のようになっています。

■新型ステップワゴン エアーの外装

■新型ステップワゴン スパーダの外装

シンプル&クリーンな見た目が特徴のエアー

コンパクトミニバンと言えば、メッキ加飾をエクステリアに多用し、”オラオラ・ギラギラ”したクルマが多いですが、新型ステップワゴンのエアー(STEPWGN AIR)は、他のミニバンと真逆のスッキリとしたシンプル&クリーンな外装・エクステリアを採用。

このエアー(AIR)は、「どこでも馴染む空気のような存在」と言う意味を込めて名付けられたようですが、エアーと言う名前の通り、良い意味で存在を強調しすぎない柔らかい顔つきになっていました。

ただ、L字型にシグネチャーランプが点灯をするLEDヘッドライトやダーククロームっぽいカラーをしたフロントグリルのパネル、切削面が印象的なアルミホイールなど強調すべきところは、しっかりと強調しています。

■エアーのヘッドライト

そのため、安っぽさや商用バンっぽさは一切ありません。

また、この新型モデルのエアー(AIR)は、両側電動スライドドアやメモリー機能付きのパワーテールゲートなどが標準装備されるなど、機能や装備が充実しているのも好印象でした。

2022年6月にホンダの人気ミニバン新型ステップワゴン(STEPWGN)は、フルモデルチェンジをしてデビューを果たました。 今...

ハデすぎない上品な輝きが魅力のスパーダ

一方、新型ステップワゴンの上位モデルに位置をするスパーダ(SPADA)は、フロントグリルやサイドシル、テールゲートにクロームメッキ調のガーニッシュを配しています。

■スパーダのクロームメッキ調のガーニッシュ

ただ、この新型モデルのスパーダでは、クロームメッキ調のガーニッシュのラインが細いだけではなく、ワンポイントで使用しています。

そのため、先代モデルのような”オラオラ・ギラギラ”した感じは一切なく、上品なたたずまいに…。そのため、派手な見た目が苦手な方でも、安心して乗っていただける上品で大人っぽい外装・エクステリアになっていました。

新型ステップワゴンのエアーとスパーダの外装【違いを実写画像で比較】

見た目の雰囲気に大きな違いある新型ステップワゴン(STEP WGN)のエアーとスパーダですが、外装・エクステリアまわりの装備&アイテムも違いがありました。

この新型モデルのエアーとスパーダーの外装・エクステリアには、どのような違いがあるのか?実写画像を使って、主な違いを比較してみたいと思います。

ボディサイズ【エアーとスパーダの違い1】

2022年6月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)のエアーとスパーダの大きな違うの一つが、ボディサイズです。

■エアーとスパーダのボディサイズ比較

車幅&車高に関しては、エアーとスパーダで同じ大きさになっています。

ただ、新型ステップワゴンの上位モデルに位置をするスパーダ(SPADA)は、ルーフスポイラーを備えていることもあり、全長が30mmほど長くなっています。

ただ、フロントグリルなどの違いもあり、実際にこの2台のモデルを見比べてみると、スパーダ(SPADA)の方がひと回り以上大きく感じました。

フロントグリル【エアーとスパーダの違い2】

また、フロントグリルのデザインも、新型ステップワゴンのエアー(AIR)とスパーダ(SPADA)の大きな違いの一つです。

下位モデルに位置をするエアー(AIR)のフロントグリルは、薄型のスッキリとしたデザインになっています。

■エアーのフロントグリル

また、フロントグリルにあしらわれているブラックのパネルも、直線のラインが一本はいったシンプルなデザインになっていました。

一方、新型ステップワゴンの上位モデルに位置をするスパーダ(SPADA)は、エアー(AIR)よりも厚みのあるフロントグリルに…。

■スパーダのフロントグリル

フロントグリルまわりをクロームメッキ調のガーニッシュで囲んでおり、エアー(AIR)よりも迫力のあるフロントマスクに…

また、フロントグリルにあしらわれているブラックのパネルも、小さい長方形の穴が無数に開いており、エアー(AIR)よりもインパクトのある見た目になっているのも注目ポイントの一つですよ。

フロントロアグリル【エアーとスパーダの違い3】

また、フロントロアグリルのデザインも、新型ステップワゴンのエアーとスパーダで異なります。

下位モデルに位置をするエアー(AIR)は、ブラック塗装を施した横バーのフロントロアグリルを採用。

■エアーのフロントロアグリル

一方、上位モデルに位置をするスパーダ(SPADA)は、メッシュ状のフロントロアグリルを採用。

■スパーダーのフロントロアグリル

そのおかげもあり、のスパーダの方が繊細かつ上品なフロントマスクになっていました。

ヘッドライト【エアーとスパーダの違い4】

新型ステップワゴン(STEP WGN)のエアーとスパーダの外装・エクステリアは、様々な違いがありますが、近くでよ~く見比べないと違いがわからないアイテムの一つが、ヘッドライトです。

L字型に点灯する太いシグネチャーランプを備えるなど、エアーとスパーダのLEDヘッドライトの基本的なデザインは同じになっています。

ただ、この2台のモデルは、ヘッドライト内部のデザイン(=ヘッドライトエクステンション)のデザインに若干の違いが…。

どちらのモデルも、中央部から外側にかけて”Uの字状”のメッキ加飾がヘッドライトの内部にほどこされているのですが、上位モデルのスパーダはクロームメッキ調を採用。

■エアーのヘッドライト

■スパーダのヘッドライト

そのため、近くでみるとスパーダのヘッドライトの方がシャープな印象に…。

このように新型ステップワゴン(STEP WGN)のエアーとスパーダのヘッドライトは、デザインに若干の違いがあるので、ご注意くださいね。

サイドシルガーニッシュ【エアーとスパーダの違い5】

また、新型ステップワゴンのエアー(AIR)とスパーダ(SPADA)の外装・エクステリアの大きな違いの一つは、サイドスタイルのデザインです。

上位モデルに位置をするスパーダ(SPADA)はクロームメッキ加飾を施したサイドシルガーニッシュを標準装備しており、高級感&上質感のあるサイドスタイルに…。

■スパーダのサイドシルガーニッシュ

一方、下位モデルに位置をするエアー(AIR)は、サイドシルガーニッシュなどの用意はなく、スッキリとしたサイドスタイルになっていました。

ルーフスポイラー【エアーとスパーダの違い6】

また、ルーフスポイラーも、2022年6月にデビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)のエアーとスパーダの注目のアイテム&装備の一つです。

この新型モデルでは、上位モデルに位置をするスパーダ(SPADA)のみルーフスポイラーを備えています。

■スパーダのルーフスポイラー

そのため、この新型モデルのスパーダ(SPADA)は迫力のあるサイドスタイルに…。

一方、ルーフスポイラーを備えていない新型ステップワゴンのエアー(STEPWGN AIR)は、スッキリとした後ろ姿に後ろ姿になっていました。

リヤバンパー【エアーとスパーダの違い7】

今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)のエアーとスパーダの外装・エクステリアの大きな違いの一つが、リヤバンパーのデザインです。

下位モデルに位置をするエアー(AIR)は、ブラック塗装をほどこしたシンプルなリヤバンパーを標準装備していました。

一方、上位モデル入りをするスパーダは、クロームメッキ加飾をあしらったボディと同系色の専用デザインのバンパーを採用。

そのおかげもあり、スパーダ(SPADA)の方が高級感&上質感ただよう後ろ姿になっていました。

リヤコンビネーションランプ【エアーとスパーダの違い8】

また、ヘッドライトと同様、よ~く見比べないと違いがわからない外装の装備&アイテムの一つが、リヤコンビネーションランプです。

この新型モデルは、エアー/スパーダどちらも縦に長いリヤコンビネーションランプを採用しており、一見すると、同じようなデザインに感じるかもしれません。

■エアーのリヤコンビネーションランプ

■スパーダのリヤコンビネーションランプ

ただ、上位モデルのスパーダのみリヤコンビネーションランプ内にリフレクターを内蔵。

一方、下位モデルに位置をするエアー(AIR)のリフレクターは、ブラック塗装を施したバンパーの両サイドに備わっています。

このように、今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)に用意されているリヤコンビネーションランプは、エアーとスパーダで若干デザインに違いがあるので、要注目ですよ。

ホイール&タイヤ【エアーとスパーダの違い9】

また、新型ステップワゴン(STEP WGN)のエアーとスパーダの外装・エクステリアの違いを語るうえで欠かせないのが、ホイール&タイヤのデザインです。

この新型モデルのエアーとスパーダは、どちらも同じデザインの16インチのアルミホイールを履いています。

■エアーのタイヤ&ホイール

■スパーダのタイヤ&ホイール

ただ、上位モデルに位置をするスパーダ(SPADA)のみ切削面にダーク塗装を施しています。

そのおかげもあり、新型ステップワゴンの上位モデル”スパーダ(SPADA)”の方が引き締まった足回りになっていました。

まとめ:意外な違いもある新型ステップワゴンのエアーとスパーダの外装

2022年6月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴンのエアーとスパーダの外装・エクステリアの違いを比べてみたところ、次のようになっていました。

■エアーとスパーダの外装の違いのまとめ

・クロームメッキをあしらい上品さがただようスパーダ
・スッキリとしたシンプル&クリーンなエアー
・ルーフスポイラーなどスパーダは専用アイテムを装着
・ヘッドライトなど細かい部分も異なる

この新型モデルのエアーとスパーダでは、フロントグリルやアルミホイールなど様々な違いが…。

また、ヘッドライトやリヤコンビネーションランプなど、よ~く見ないと違いがわからない部分までしっかりと差別化がされており、ホンダのデザイナーさんたちの徹底したこだわりが垣間見れたような感じが…。

もしこれからこの新型モデルの試乗に行かれる方は、ヘッドライトやリヤコンビネーションランプなどの細かな違いにも注目をしてみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02