乗降性はどう?新型ステップワゴンのスライドドアの開口部の広さを確認

2017年9月、ファミリー層に人気のホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)が、初のビッグマイナーチェンジをして、新発売されました。

今回新発売された新型モデルは、荷室・ラゲッジスペースからでも3列目にアクセスする事ができる”わくわく”ゲートを備え、車内の移動のしやすさが魅力の一つです。

>>> 新型ステップワゴンのウォークスルー性

このようにアクセスの良さを売りにしているホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)ですが、スライドドアの開口部の広さや使い勝手は、どれくらいだったのでしょうか?また、乗り降りは、しやすかったのでしょうか?

2017年9月にビッグマイナーチェンジをして新発売されたこの新型モデルのスライドドアの開口部の広さ、乗り降りのしやすさを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ステップワゴン スライドドアの開口部の広さは?

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売されたホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)の外装・エクステリアは、このようなデザインになっています。

■新型ステップワゴンの外装・エクステリア

今回私が見た”スパーダ ハイブリッドG EX”など、新型ステップワゴン(STEPWGN)の上位モデルでは、両側電動スライドドアが標準装備されています。そして、ドアハンドルやスマートキーについているスイッチを操作すると、スライドドアを自動で開閉する事が可能です。

■スマートキー

この新型ステップワゴン(STEPWGN)のスマートキーを操作して、スライドドアを開けてみると、このような感じ。

■スライドドアを開けた時の様子

背の高いミニバンという事もあり、スライドドアの開口部も、かなり広くなっています。
実際にこの新型ステップワゴン(STEPWGN)のスライドドアの開口部の広さを確認してみると、このようになっています。

■新型ステップワゴンのスライドドアの開口部
スライドドア開口幅:780mm
スライドドア開口高;1260mm
ステップ高:390mm

ちなみに、乗り降りのしやすさに定評のあるホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)の競合車・ライバル車の一つでもあるトヨタのヴォクシー(VOXY)のスライドドアの開口部のサイズは、このようになっています。

■新型ヴォクシーのスライドドアの開口部
スライドドア開口幅:760mm
スライドドア開口高;1280mm
ステップ高:360mm

競合車・ライバル車のトヨタのヴォクシー(VOXY)と比較すると、新型ステップワゴン(STEPWGN)のスライドドアの開口部は、若干狭くなっています。ただ、実際にこの2台のモデルのスライドドアを使用してみても、開口部の広さの違いは、まったく感じませんでした。

なので、この2台のモデルのスライドドアの開口部のサイズの違いは、それ程気にすることは、無いのかなと思いました。

乗り降りのしやすさもそれほど変わらない

また、競合車のトヨタのヴォクシーと比較すると、フロア位置(ステップ高)が若干新型ステップワゴン(STEPWGN)の方が高くなっています。

ただ、大人の方なら、乗り込む際に高く足を上げる事なく、階段を一段上るような感じで、スッとスムーズに乗り込むことができちゃうので、この高さの違いも全くと言って良いほど気になりませんでした。

また、スライドドアの開口部には、乗り降りをサポートするグリップ(取っ手)も用意されております。なので、年配の方でも、足の負担の心配がなく、ラクに乗り降りができように工夫されているのも好印象でした。

ただ、子供の乗り降りのしやすさは、競合車に劣る感じが…

このように大人ならラクに乗り降りができる新型ステップワゴン(STEPWGN)ですが、小さいお子さんの乗り降りのしやすさは、競合車・ライバル車のトヨタのヴォクシー/ノア/エスクァイアに劣る感じが…。

私が気になったのは、スライドドア開口部に用意されているグリップ(取っ手)の高さとデザインです。

新型ステップワゴン(STEPWGN)では、スライドドアの開口部に大人用のグリップ(取っ手)しか用意していません。しかし、競合車・ライバル車のトヨタのヴォクシー(VOXY)などでは、大人用のグリップの下に子供用のアシストグリップを標準装備しています。

なので、小さいお子さんには、新型ステップワゴン(STEPWGN)よりもヴォクシー(VOXY)の方が乗り降りしやすい感じが…。また、ドアまわりの隙間で指を挟むなどのケガの心配も少ない感じもしました。

大人の乗降性はそれ程変わらないこの2台のモデルですが、子供の乗り降りのしやすさ、安全性に関しては、ヴォクシー(VOXY)の方が一枚上手なのかなと、実車を見て感じました。

2017年9月にビッグマイナーチェンジをして新発売されたホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)のスライドドアの広さ&サイズは、このようになっていました。

この新型モデルのスライドドアの開口部の広さは、競合車のヴォクシー(VOXY)よりも若干狭い結果に…。ただ、乗り降りのしやすさに関しては、それ程大きな違いは感じませんでした。

もし、これからこの新型モデルの試乗に行かれる方は、この乗り降りのしやすさにつていも、しっかりと確認をしてみてくださいね。

ちなみに、新型ステップワゴン(STEPWGN)では、スライドドアからだけでなく、荷室・ラゲッジスペースからアクセスする事ができる”わくわくゲート”を用意しています。

この”わくわくゲート”を使えば、直接3列目シートにアクセスできるので、使い方によっては、とても便利です。ただ、ステップ高(地上からフロアまでの高さ)は、スライドドアの方が低くなっています。

>>> わくわくゲートの3つの魅力とは?新型ステップワゴンの荷室を使った感想

なので、乗り降りのしやすさに関しては、”わくわくゲート”よりも、足を高く持ち上げる必要がないスライドドアの方が良いように感じました。

このスライドドアと”わくわくゲート”の乗り降りのしやすさの違いも注目ポイントの一つなので、試乗の際には、しっかりと確認をしてみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする