新型エクストレイルの外装のパーツ&装備比較【グレードの違いを実写画像で徹底解説】

2022年3月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型エクストレイル(X-TRAIL)は3つのグレードを用意していますが、グレードによって外装のパーツ&装備に違いがあります。

そのため、見た目のデザインや雰囲気に大きな差が…。

また、タイヤ&ホイールも異なるため、乗り心地や走破性もグレードによって違いがあります。

そんな新型モデルの3つのグレードの外装・エクステリアは、それぞれどのようなデザインをしているのでしょうか?また、グレードによって外装・エクステリアのパーツにどのような違いがあるのでしょうか?

実写画像を使って、新しく生まれ変わった新型エクストレイル(X-TRAIL)の外装パーツ&装備の違いを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型エクストレイルの外装【特徴や魅力をグレード別に紹介】

2022年7月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型エクストレイル(X-TRAIL)の外装・エクステリアは、このようなデザインをしています。

■新型エクストレイルの外装:Sグレード

■新型エクストレイルの外装:Xグレード

■新型エクストレイルの外装:Gグレード

今回デビューをはたした新型モデルはSグレードからGグレードまで3つのグレードを用意していますが、違った魅力&特徴を備えていました。

Xグレードと変わらない見た目をしているSグレード

2022年7月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型エクストレイル(X-TRAIL)のSグレードの外装・エクステリアは、このようなデザインをしています。

■新型エクストレイルのSグレードの外装

今回デビューをはたした新型モデルのSグレードは、切削加工&ブラック塗装をほどこした18インチのホイール&タイヤなど中間モデルに位置をするXグレードと変わらない機能&装備を備えています。

■Sグレードのタイヤ&ホイール

そのため、この新型モデルのSグレードを見ても、「えっ!?これのドコが最廉価モデルなの?」と思ってしまうかもしれません。

この最廉価モデルとは感じさせない豪華な見た目と充実した機能&装備は、新型エクストレイル(X-TRAIL)のSグレードの良いところなのかなと思いました。

ただ、この新型モデルのSグレードで選べるボディカラーの種類は、モノトーンのみ。ブラックルーフを採用したツートンカラーを選ぶことができないので、ご注意を…。

カラバリの多さNo.1のXグレード

2022年7月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型エクストレイル(X-TRAIL)のXグレードの外装・エクステリアは、このようなデザインをしています。

■Xグレードの外装・エクステリア

先ほどもお話したとおり、LEDヘッドライトや切削加工&ブラック塗装をほどこしたタイヤ&ホイールなど、Xグレードの外装・エクステリアまわりの装備は、下位モデルに位置をするSグレードと同じです。

ただ、選べるボディカラーは、モノトーン/ツートンあわせて10色となっており、新型エクストレイル(X-TRAIL)に用意されている3つのグレードの中で一番多いです。

また、カーディナルレッドやカスピアンブルーなど他のグレードでは選ぶことができないカラーバリエーションを用意しているのも、Xグレードの特徴&注目ポイントの一つですよ。

■Xグレード専用色のカーディナルレッド

ラグジュアリー感あふれる見た目が魅力のGグレード

2022年7月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型エクストレイル(X-TRAIL)の最上位モデルに位置をするGグレードの外装・エクステリアは、このようなデザインをしています。

■Gグレードの外装・エクステリア

今回デビューをはたした新型モデルのGグレードは、メッキ加飾をほどこしたサイドシルガーニッシュやシーケンシウィンカー付きのLEDヘッドライトを標準装備するなど、都会派SUVらしいスタイリッシュな見た目になっています。

また、この新型モデルのGグレードは、他のグレードよりもひと回り大きい19インチのタイヤ&ホイールを履いていることもあり、乗り心地も他のグレードよりも少し硬めになっていました。

■Gグレードのタイヤ&ホイール

新型エクステリアの外装のパーツ&装備【グレードによる違いをチェック】

2022年7月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型エクストレイル(X-TRAIL)は全グレード、都会派SUVらしくスタイリッシュな見た目をしていますが、備わっているパーツ&装備はグレードによって差があります。

今回デビューをはたした新型モデルの外装のパーツや装備は、グレードでどのような違いがあるのか?実写画像を使って、確認してみたいと思います。

前後のバンパー【外装パーツの違い1】

2022年7月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型エクストレイル(X-TRAIL)の外装・エクステリアでグレードによって異なるのアイテムの一つが、フロント&リヤのバンパーです。

下位モデルに位置をするSグレード/Xグレードはグレーカラーをしたシンプルな見た目のバンパーを採用していました。

■グレーカラーのS/Xグレードのフロントバンパー

■S/Xグレードのリヤバンパー

一方、最上位モデルに位置をするGグレードは、シルバー塗装&メッキ加飾をほどこしたバンパーを採用。

■シルバー塗装をほどこしたGグレードのフロントバンパー

■シルバー塗装をほどこしたGグレードのリヤバンパー

そのおかげもあり、新型エクストレイル(X-TRAIL)のGグレードは、他のグレードにはないラグジュアリー感と洗練さがただよっていました。

ヘッドライト【外装パーツの違い2】

また、ヘッドライトのデザインや機能も、グレードによって異なります。

今回デビューをはたした新型エクストレイル(X-TRAIL)は全グレード、LEDのヘッドライトを標準装備しているのですが、最上位モデルに位置をするGグレードのみシーケンシャルウィンカー(流れるウィンカー)付のLEDヘッドライトを採用しています。

■Gグレードのヘッドライト

一方、新型エクストレイル(X-TRAIL)のSグレード/Xグレードは、シーケンシャルウィンカーではなく、チカチカと点灯をするオーソドックスなタイプのウィンカーを備えたヘッドライトを採用しています。

■Xグレードのヘッドライト

また、今回デビューをはたした新型モデルのGグレードは、デイライトがウィンカー機能を兼ね備えています。

そのため、Gグレードとそれ以外のグレードでは、ウィンカーを点灯した時の様子に違いがありました。

■Gグレードのウィンカー点灯時

■Xグレードのウィンカー点灯時

フォグランプ【外装パーツの違い3】

また、霧などで視界が悪い時に重宝をするフォグランプの扱いも、グレードによって違いがあります。

■新型エクストレイルのフォグランプ

新型エクストレイル(X-TRAIL)の最上位モデルに位置をするGグレードは、白く光るLEDのフロントフォグランプを2WD車/4WD車問わず標準装備しています。

■Gグレードのフォグランプ

一方、SグレードとXグレードは、ディーラーオプションでフロントフォグランプを用意。

そのため、標準仕様のSグレードやXグレードは、フォグランプ部分を黒いパネルでカバーをしています。

ここらへんも、この新型モデルのGグレードとそれ以外のグレードの外装・エクステリアの大きな違いの一つなのかなと思いました。

サイドミラー【外装パーツの違い4】

また、今回デビューをした新型エクストレイル(X-TRAIL)の外装パーツの中でグレードによって機能が異なるのが、サイドミラーです。

今回デビューをはたした新型モデルは全グレード、エンジンのON/OFFに連動して自動的に開閉する電動格納式のサイドミラーを全グレードに標準装備しています。

■新型エクストレイルのサイドミラー

ただ、最上位モデルに位置をするGグレードのみ、シフトレバーのポジションをR(リバース)に入れた時にサイドミラーの鏡面を下向きにしてくれるリバース連動機能を標準装備。

また、新型エクストレイル(X-TRAIL)の最上位モデルに位置をするGグレードのみ、高速道路での車線変更をスムーズ&安全におこなうことができるインテリジェントBSI(後側方衝突防止支援システム)も標準装備されています。

ちなみに、中間モデルに位置をするXグレードは、オプションでインテリジェントBSI(後側方衝突防止支援システム)を搭載することができますが、最廉価モデルのSグレードは装着することができません。

このように今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型エクストレイル(X-TRAIL)は、グレードによって備わっている安全装備にも差があるのでご注意くださいね。

ドアロアモール【外装パーツの違い5】

また、SUVらしいチカラ強さやスタイリッシュなサイドスタイルを演出するドアドアモールも、グレードによってデザインが違いました。

下位モデルに位置をするSグレード&Xグレードは、、無塗装のドアロアモールを採用していました。

■Xグレードのドアロアモール

そのおかげもあり、SグレードやXグレードはSUVらしい無骨感のあるサイドスタイルに…。

一方、新型エクストレイル(X-TRAIL)の最上位モデルのGグレードは、クロームメッキの加飾をほどこしたドアロアモールを標準装備。

■Gグレードのドアロアモール

そのおかげもあり、Gグレードは、ラグジュアリー感あふれるサイドスタイルになっていました。

タイヤ&ホイール【外装パーツの違い6】

また、新型エクストレイル(X-TRAIL)の外装・エクステリアの外装・エクステリアのグレードによる大きな違いの一つが、タイヤ&ホイールです。

下位モデルに位置をするSグレード&中間モデルに位置をするXグレードは、18インチのタイヤを履いているのに対し、最上位モデルのGグレードは、19インチのタイヤ&ホイールを標準装備。

■Xグレードの18インチタイヤ

■Gグレードの19インチタイヤ

そのおかげもあり、最上位モデルのGグレードの方が迫力のあるサイドスタイルに…。

また、今回デビューをはたした新型モデルはすべて切削加工&ブラック塗装をほどこしたアルミホイールを履いています。

ただ、最上位モデルに位置をするGグレードとS/Xグレードでは、アルミホイールのデザインに違いがあるのも注目ポイントの一つですよ。

まとめ:グレードで外装パーツに違いがある新型エクストレイル

2022年7月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型エクストレイル(X-TRAIL)は3つのグレードを用意していますが、外装・エクステリアのパーツを見比べてたところ、このような違いがありました。

■新型エクストレイルの外装パーツの違いのまとめ

・ヘッドライトのデザイン
・バンパーのカラー
・フォグランプの有無
。サイドミラーの機能
・ドアロアモールの加飾
・タイヤサイズ&ホイールのデザイン

今回デビューをはたした新型モデルのSグレードとXグレードの外装は全く同じ見た目をしており、パーツや機能に差はありません。

一方、シルバー塗装をほどこしたバンパーやメッキ加飾をほどこしたドアロアモールなどの外装パーツを標準装備しているGグレードは、他のグレードとはひと味違うラグジュアリー感ある見た目に…

また、高速道路での車線変更を安心&安全に行うことができるインテリジェントBSI(後側方衝突防止支援システム)など快適な運転をサポートする機能が充実しているのも、Gグレードの魅力の一つです。

SグレードやXグレードも様々な魅力がありますが、新しく生まれ変わった新型エクストレイルの良さを存分に味わいたいのなら、最上位モデルのGグレードを選んでおけば間違いはなさそうですね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02