新型エクストレイルのルームミラーは要注意【視認性&使い勝手を徹底チェック】

2022年7月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型エクストレイル(X-TRAIL)は、3つのグレードを用意しており、グレードによって備わっている安全装備に違いがあります。

また、今回デビューをはたした新型モデルは、グレードによって備わっているルームミラーも異なります。

そのため、運転のしやすさや後方の視界&視認性に差が…。

今回デビューをはたした新型モデルのルームミラーは、どのようなデザイン&視認性になっているのでしょうか?また、グレードでどのような違いがあるのでしょうか?

フルモデルチェンジをしてデビューをした新型エクストレイル(X-TRAIL)のルームミラーのデザイン&視認性、グレードによる違いを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型エクストレイルのルームミラーは2種類用意【デザイン&機能性をチェック】

2022年7月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型エクストレイル(X-TRAIL)は、2種類のルームミラーを用意しており、グレードによって備わっているルームミラーが異なります。

そんな新型モデルのルームミラーの特徴や魅力をグレード別に確認してみることにしましょう。

インテリジェントルームミラーを標準装備のGグレード

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型エクストレイル(X-TRAIL)のGグレードに用意されているルームミラーは、このようなデザインをしています。

■Gグレードのルームミラー

最上位グレードに位置をするGグレードは、クルマの後方に備わったカメラ映像をルームミラー部分に映しだすことができるインテリジェントルームミラーを標準装備。

詳しい機能&使い勝手は乗りほど紹介しますが、このインテリジェントルームのおかげもあり、最上位モデルのGグレードは、スッキリとしたクリアな後方視界の中で運転をすることができました。

インテリジェントルームミラーを装着できるXグレード

一方、新型エクストレイル(X-TRAIL)の中間モデルに位置ををするXグレードは、このようなデザインのルームミラーを備えています。

■Xグレードに標準装備のルームミラー

※画像はキックスのものです。

最上位モデルに位置をするGグレードとは違いXグレードは、夜間など後続車のヘッドランプがまぶしい時、手動でミラーの鏡面の角度を切り替える防眩ルームミラーを標準装備。

ただ、新型エクストレイル(X-TRAIL)の車格や価格の高さを考えると、ミラーがヘッドライトを検知すると自動的に鏡面の角度を変えて、眩しさを抑えてくれる自動防眩式のルームミラーを備えて欲しかったです。

日産の自動防眩式ルームミラー

ちなみに、この新型モデルのXグレードは、オプションでGグレードに採用されているインテリジェントルームミラーに変更をすることが可能です。

ただ、インテリジェントルームミラーは、純正ナビなどとセットになっているため、オプション価格が若干高めになっているので、ご注意を…。

防眩式のルームミラーを標準装備のSグレード

また、新型エクストレイル(X-TRAIL)の最廉価モデルに位置をするSグレードは、Xグレードと同様、防眩式のルームミラーが標準装備となっています。

■Sグレードに標準装備の防眩式のルームミラー

※画像はキックスのものです。

ただ、中間モデルに位置をするXグレードとは違い、Sグレードは、視認性&使い勝手が良いインテリジェントルームミラーに変更することができないので、ご注意くださいね。

新型エクストレイルのルームミラーは見やすい?【視認性&使い勝手をチェック】

グレードによって異なるデザインのルームミラーを備えている新型エクストレイル(X-TRAIL)ですが、ルームミラーの視認性&使い勝手は、どうだったのでしょうか?

実際にこの新型モデルに備わっているルームミラーを使用した感想を紹介したいと思います。

ルームミラーで確認できる範囲は少ない

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型エクストレイル(X-TRAIL)のルームミラーを使用してまず初めに関したのは、オーソドックスなルームミラーで確認できる範囲の狭さです。

今回デビューをはたした新型モデルのリヤガラスは、競合車・ライバル車よりも狭いため、後方に視界&視認性は、正直に言って、良いとは言えません。

■新型エクストレイルのリヤガラス

しかも、後部座席や3列目シートに乗車している人がいたり、荷室・ラゲッジスペースにたくさんの荷物を積み込んだ状態だと、リヤガラスの大部分が覆い隠されてしまうたため、さらに後方に視界が悪くなってしまうんですよね。

この状態でルームミラーを確認してみると、確認できる範囲が少ないため、運転をしていて少し不安を感じます。

■確認できる範囲が少ない新型エクストレイルのルームミラー

後部座席に誰も乗っていない状態、また、荷室・ラゲッジスペースになにも荷物を載せていない状態だったら、普通のルームミラーでも全然大丈夫です。

ただ、後部座席に乗員がいる状態や大きい荷物を積み混む機会が多いのなら、クルマの後方のカメラ映像をミラー部分に映し出してくれるインテリジェントルームミラーは、欲しいなと思ってしまいました。

安心感が全然違うインテリジェントルームミラー

一方、新型エクストレイルのインテリジェントルームミラーを操作して、クルマの後方に備わったカメラ映像を映し出すとこのような感じになります。

■新型エクストレイルのインテリジェントルームミラーモード

先ほど紹介したオーソドックスなルームミラーの時とは、後方の視界のスッキリさが違いますよね。

インテリジェントルームミラーモードにすると、クルマ後方に備わっているカメラ映像を映しだしてくれるため、後部座席に乗車する人や荷物を気にならないスッキリとした後方視界に…。

また、新型エクストレイル(X-TRAIL)に用意されているインテリジェントルームミラーは、確認できる範囲が普通のルームミラーよりも確認できる両サイドの範囲が広いのも好印象でした。

まとめ:グレードで機能に差がる新型エクストレイルのルームミラー

2022年7月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型エクストレイル(X-TRAIL)のルームミラーは、このようなデザインをしていました。

■新型エクストレイルのルームミラー

・Gグレードはインテリジェントルームミラーを標準装備
・Xグレードはインテリジェントルームミラーをオプションで用意
・Sグレードはオーソドックスな防眩式のルームミラーを採用

今回デビューをはたした新型モデルは、防眩式ルームミラーと後方のカメラ映像を映し出すインテリジェントルームミラーの2つを用意。

オーソドックスなデザインの防眩ルームミラーが悪いわけではないのですが、後部座席に同乗者がいる時や荷室に荷物を積み込んだ時の後方の視界&視認性を考えると、インテリジェントルームミラーの方が良いなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02